JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live!Return Of The Brecker Brothers (LD)


さよならLDプレーヤー パイオニア、生産・販売終了 - asahi.com

先週、パイオニアがレーザーディスクプレーヤーの生産・販売終了を発表した。(2回目)
前回はユーザーの存続要望の声に答え継続となったが、おそらく今回発表の撤回は無い模様で、いよいよ手持ちのLDを再生する装置が近い将来無くなりそうである。
80年代中頃から90年代初頭まで、どれだけのLDが流通したのか想像出来ないが、今も莫大な量の"絵の出るレコード”が各家庭に眠っているハズ。
我が家のリビングでは依然としてパイオニアのコンパチブルプレーヤー「DVL-919」がメイン機種として稼働中。DVDもこのLDプレーヤーで見ている。今はほとんど使われていないであろう「S映像ケーブル」を46型BRAVIAに接続しております。
未DVD化のレーザーディスクを早急にDVDに焼いておかないと、後で後悔することになりそうだが、面倒くさいなあ。。。

当ブログでもレーザーディスクのカテゴリを設けて未DVD化のジャズ・フュージョン作品をいくつか紹介してきたけれども、来るべきXデーに向けてラストスパートをしなければならなくなってきた。名作の数々をこのまま永遠に埋もれさせないためにも、ひっそりと更新を続けていきます。

そんなワケで、今回はブレッカー・ブラザーズの再結成ライヴLD。1992年10月、バルセロナでのコンサートを収録した「ライヴ!リターン・オブ・ザ・ブレッカー・ブラザーズ」。

ザ・ブレッカー・ブラザーズ・バンド:
マイケル・ブレッカー(ts,EWI)
ランディ・ブレッカー(tp)
マイク・スターン(g)
デニス・チェンバース(ds)
ジェームス・ジーナス(b)
ジョージ・ウィッティ(kbd)

収録○1992年10月 パラウ・デ・ラ・ムジカ(バルセロナ)
GRPとパイオニアLDCの共同制作盤。
超豪華メンバーによる伝説のライヴ。マイケル・ブレッカーの雄姿は必見!

ブレッカーBROSの再結成は当時話題を呼び、来日コンサートもあったりしてかなり盛り上がりました。
復活アルバム「Return Of The Brecker Brothers」のジャケットにはGRPレーベルの10thANNIVERSARYのロゴがある。GRPが最も元気があった頃の作品といえる。同様にレーザー・ディスク市場も活況を呈しており、パイオニアをはじめ、ビデオアーツやVAPからいろいろな作品がリリースされていた。マイルスやビル・エヴァンスの過去の映像が次々レーザーで復刻されていた時期だったかな。

2年後の94年、グルーシンもローゼンもブレッカーBROSもGRPを去った。
そして時は流れ。。。
諸般の状況を考えるとDVD化の可能性は限りなくゼロだろう。
このライヴ映像、You-Tubeにも数曲上がっているが、サム・スカンク~やアバヴ&ビロウなど派手な曲ばかりではなく、マイク・スターンの「コモン・グラウンド」が名演。
1月13日はマイケル・ブレッカーの命日。もう2年経つんだなーと思いながら感慨深く見れる素晴らしい映像作品です。

Chapter/Track

01. OPENING
02. ABOVE & BELOW
03. SPHERICAL
04. SOME SKUNK FUNK
05. COMMON GROUND
06. SONG FOR BARRY
07. INSIDE OUT(ENDING)

ブレッカーとパイオニアDVL-919

GRP ALL STAR BIG BAND (LD)

今回もGRP系のLaserDisc。
GRPが純然たる独立レーベルとして稼動を開始した1982年から数えて10周年、92年に発売された“10thアニバーサリー記念企画作品”の一つ。総勢20名からなるオールスタービッグバンドの映像作品。本作は9曲、同名のCD作品(12曲収録、別テイク)もある。

まさに奇跡的なビッグバンドの映像作品だが、残念ながら未DVD化。本企画の中心人物であり、GRPレーベルの創設者であるデイヴ・グルーシンも既にGRPを離れていることもあり、DVD再発はほぼ望み薄。したがってLaserDiscを買うしかない。
このバンドでの来日公演はCSでも放送されYoutubeでも数曲が見れるが、このスタジオ収録の緊張感あふれる演奏は見逃せない。

いくら百戦錬磨のスゴ腕ミュージシャン達とは言え、即席のビッグバンドはブレスのタイミングの違いなどから、あまりいいものは出来上がらないとの定説があるが、発売当時かなりの高評価だったと記憶している。
ハードバップ時代の名曲を現代風にアレンジ、メンバー全員が黒の衣装で統一しクールな演奏を繰りひろげている。特に、ウエックル、パティトゥッチのリズム陣、今は亡きケニー・カークランドのピアノに注目。その他、ランディ・ブレッカーとアルトゥーロ・サンドヴァールのトランペットバトルも見どころの一つ。
ビッグバンドの肝であるアレンジも聴きどころで、個人的にはトム・スコットがアレンジした「05. Donna Lee」や「07. Blue Train」がお気に入り。
今後絶対に見れないであろうスーパー企画物につき、まずはLDプレイヤーを買うべしですね(笑)

GRP ALL STAR BIG BAND
Trumpets: Randy Brecker,Sal Marquez,Arturo Sandoval
Trombone: George Bohanon
Saxes: Eric Marienthal,Bob Mintzer,Nelson Rabgel,Ernie Watts,Tom Scott
Piano: Dave Grusin,David Benoit,Russell Ferrante,Kenny Kirkland
Flute: Dave Valentin
Clarinet: Eddie Daniels
Vibes: Gary Burton
Guitar: Lee Retenour
Percussion: Alex Acuna
Bass: John Patitucci
Drums: Dave Weckl

--------------------------------

01. Opening
02. Sister Sadie(Horace Silver)
Arrenged by Michael Abene

03. Aregin(Sonny Rollins)
Arrenged by Michael Abene

04. Maiden Voyage(Herbie Hancock)
Arrenged by Dave Grusin

05. Donna Lee(Charlie Parker)
Arrenged by Tom Scott

06. I Remember Clifford(Benny Golson)
Arrenged by David Benoit

07. Blue Train(John Coltrane)
Arrenged by Tom Scott

08. Spain(Chick Corea)
Arrenged by Chick Corea
Orchestrated by Peter Sprague

09. Seven Steps to Heaven(Victor Feldman & Miles Davis)
Arrenged by Russell Ferrante

10. Manteca(Dizzy Gillespie)
Arrenged by Bob Mintzer

「お気に入り度」 ★★★★★

# ウエックルの緊張感がビシビシ伝わってくる。
# 次回は本作の裏版とも言える「The Gershwin Connection/ Dave Grusin」を紹介予定。

GRP SUPER LIVE IN CONCERT (LD)

1987年10月8日、昭和女子大人見記念講堂でのライヴ収録映像。
Larry Rosenと共にGRPレーベルを創設したDave Grusinを中心に、Lee Ritenour、Tom Scott、Dianne Schuurに加え、この時期新たにGRPと契約したChick CoreaがElektric Bandを率いて参加。
このライヴは1987年の年末にTV放映され大反響を呼び、翌年2枚組のCDが発売、LDは1990年に発売されている(ハズ)

とにかく最初TVで見たときは痺れまくりました。ビデオに録画して、アンコール曲でのウエックルとカリウタのソロ回しの所は何度見たことか。。。
翌年発売された2枚組CDは、ほぼツアー曲をコンプリートしているが何故かアンコール曲が未収録。(コレが一番スゴイのに。)
TV放送分と今回紹介するLDとは収録曲が異なり編集の違いもあったりするが、何と言っても「08. Encore」が見れるのがこのLDの肝。

後半のドラムソロの掛け合い部分が好対照で、複雑なキメの合間に緻密に音を埋めていくウエックルと、逆に空間を作り出していくようなカリウタ。
特にカリウタの16分音符の5つ割り、3連譜の4つ割りで構成されたソロはインパクトが強烈。すごい迫力で、その凄さは見て貰うしかない。
この伝説のソロプレイ、CDには未収録、DVDは未発売ですから、LDを買うしかない(笑)

drumaga_34.jpg
ドラマガ№34(1990年12月号)にカリウタの特集記事があり、このソロの譜面が載っている。
この号には他にもヴィニーの最高のプレイと言われている「Secrets /Allan Holdsworth」から「City Nights」のイントロでのドラムプレイ譜も掲載。カリウタファン必読の書です。

(GRP SUPER LIVE カリウタのソロ)
colaiuta_solo.jpg
(譜面だけでは全く凄さが伝わらない...LDを買うべし)

その他見所はやはりElektric Bandのアンサンブル。TV放送では一部カットされていたOvertureがフルで見れるし、Patitucciのコントラバスの弓弾き、ウエックルのハイパーソンゴプレイが見れる「No Zone」等
GRPレーベルが最も勢いのあった時代の貴重な映像だと思います。

Musicians :
Dave Grusin (Keyboards)
Lee Ritenour (Guitars)
Tom Scott (Saxophones)
Diane Schuur (Vocals)
Barnaby Finch (Synthesizers)
Tim Landers (Bass)
Vinnie Colaiuta (Drums)

Chick Corea Elektric Band
Chick Corea (Keyboads)
John Patitucci (Bass)
Eric Marienthal (Saxophone)
Dave weckl (Drums)
Frank Gambale (Guitar)

-----------------------------
Lee Ritenour
01. The Sauce

Tom Scott
02. Target

Diane Schuur
03. Deedles' Blues

Dave Grusin
04. An Actor's Life

Chick Corea Elektric Band
05. Overture
06. No Zone
07. Light Years
08. Encore


「お気に入り度」 ★★★★★


# コンプリートでのDVD化を望む。
# Tom ScottのTargetも名演!

“NIGHT LINE”ON STAGE / 阿川泰子(LD)

阿川泰子のライヴ“レーザーディスク”。
収録時期のクレジットがライナーに未記載だが、題名からおそらく「Night Line(1983)」発売後のものと思われる。1988年に㈱創美映像から発売されたLDで大きいホールでのコンサートだが、いつどこで収録されたものなのかわからない。
出演:阿川泰子、演奏:松木恒秀バンドとしか書いてない(笑)


阿川泰子(vo)

<松木恒秀バンド>
松木恒秀(g)
村上ポンタ秀一(ds)
高水健司(b)
富樫春生(Key)
数原 晋(tp)
中村誠一(sax)

ビデオとかLDなどの映像作品でDVD化されていない名作はまだまだたくさんある。以前ひとり言のコーナーで書いたように、Jazz-Fusion系でも埋もれてるお宝映像がゴロゴロある。DVD化がほぼ期待薄のお気に入り作品を地味に紹介すべくLDのカテゴリーを追加した。
DVDの登場により市場から消えて久しいLDだが、まだまだLDの灯りは消してはいけない。パイオニアさんがLDプレイヤーを作り続けている限り。。。

阿川泰子については松岡直也&WESINGがサポートしてる「SUNGLOW」と、2枚組ベスト盤「VELAS」しか持ってないので多くは語れないですが、本作の目玉は何といっても「演奏:松木恒秀バンド」。このクレジットを見て購入しました。
これだけのメンバーなので普通の歌伴では無いだろうと見る前からある程度想像していたものの、実際の映像を見て驚きます。

○ポンタ叩きまくり
○数原晋さん、ヴォーカルのバックで激しいソロ
○リーダーのギターとりあえず大音量

映像はほとんど阿川泰子のアップですが、後ろの方々が普通でない。
この時期、同じメンバーでどこかのジャズフェスに出演してた映像があり、その時もポンタが叩きまくりでしたけど、このコンサートも手数が多い。32歳、MOBOに参加する少し前の時期。
主役の阿川泰子は3曲に1回衣装替え。バックの方々は白いタキシードに白のシルクハット。「SUNGLOW」収録のヒット曲「01. Skindo-Le-Le」や「09. Meu Amor」でのブラスセクションとドラムの絡みもまた見モノ。
プレイヤーズが全面参加したコルゲンさんプロデュースのNHKホールでのライヴ盤「SOFT WINGS」も聴きたくなってきた。

01. Skindo-Le-Le
02. Take The "A" Train
03. Sentimental Journey
04. Night Line
05. Never Wanna Say Good Night
06. Inside Out
07. Tokyo
08. Pardon My English
09. Meu Amor
10. Cross To Bear
11. The Risk


「お気に入り度」 ★★★★★

# 32歳のポンタのハツラツとしたプレイが見れます。
# 阿川泰子といえば“コピーは三田”のCM、空から車が降ってきたりする世紀末風の映像が印象的でした。YouTube - 三田工業CM

LDプレーヤー購入!

dvl-919.jpg

昔のLDが出てきた為、どうしても欲しくなり買ってしまった。
パイオニアのDVD/LDプレーヤー「DVL-919」
定価120,750円ですが勿論中古で16,500円、リモコン無し(笑)
中古品ですが、表裏連続再生もスムーズに稼働してます。

パイオニアのサイトを見ると、今でもLDプレーヤーを製造販売している。市場ではLDソフトが売られていないのにもかかわらず。。。
このユーザー思いの企業姿勢は賞賛に値すると思うのですが。

で、毎日LDの日々。
ウエザー・リポートやマイク・マイニエリのライヴをよく見てます。
DVDと比べると改めてそのデカさに驚きます。10倍くらいありそう。
ディスクに高級感があるから慎重に取り扱ってます。
DVDでの再発が望めない名盤はまだたくさん存在してるので、パイオニアさんがLDプレーヤーを作り続けている限り、レーザーディスクの灯は消えないハズ。
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。