JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Positivity / incognito

incognitoを語る上で絶対に外せない一枚であり、90年代のアシッド・ジャズ・ムーヴメントの金字塔的作品だと個人的に思ってるのがコレ。インストゥルメンタルの多かった前作の「Tribes,Vibes and Scribes」に比してメイザ・リークのヴォーカルを前面に。
とにかくリズムが気持ちよくて、体が自然に動いてくるし、聴いてて頭がすっきりする。車の中で聴いたりすると最高。中でもミディアムテンポのグルーヴナンバー「Still A Friend of Mine」「Smilling Faces」「Inversions」は激オススメ!
自分がincognitoが好きなのはやはりシンプルな音作り&どことなく懐かしい響きの曲。見た目は?のブルーイですが、文句無しのファンです。
この「Positivity」は日本盤とUS盤では収録曲・曲順が違うようです。自分が持ってるのは日本盤ですが、収録曲の多いUS盤を購入されたほうが良さげですね。

incognito
Maysa Leak(Lead and Supporting Vocals)
Mark Anthoni(Lead and Supporting Vocals)
Sarah Brown(Supporting Vocals)
Richard Bailey(Drums)
Thomas Dyani(Percussion)
Randy Hope Taylor(Bass)
Patrick Clahar(Tenor,Soprano Saxophones)
Fayyaz Virji(Trombone)
Kevin Robinson(Trumpet/Fligerhorn)
Graham Harvey(Keyboads/Vocorder Keys/Bass Synth)
Peter Hinds(Keyboads)
J.P."Bluey"Maunick(Guitar/Vocals/Keyboads/Bass/Drums and Percussion Proguramming/Vocorder Voice)

こちらはウエスト・コースト・ジャズの雄、チコ・ハミルトン・クインテット/チコ・ハミルトン(「邦題 ブルー・サンズ」Pacific Jazz、1955年録音)というアルバムですが、「Positivity」のジャケットとそっくりです。楽器の配列、色、立ち振る舞いと明らかに意識的に似せている。このチコ・ハミルトン・クインテットはジャズ評論家である寺島靖国著「辛口!JAZZノート」で紹介されてたので持ってます。リーダーのドラマーであるチコ・ハミルトンのブラシを聴くアルバムなんですが、ブルーイがウエスト・コースト・ジャズからも影響を受けていることがうかがい知れて興味深い。


01. Still A Friend Of Mine
02. Smiling Faces
03. Where Do We Go From Here
04. Positivity
05. Deep Waters
06. Pieces Of A Dream
07. Talkin' Loud
08. Thinking 'Bout Tomorrow
09. Do Right
10. Inversions
11. Better Days
12. Keep The Fires Burning
13. Givin' It Up
14. Still A Friend Of Mine (Acapella)


「お気に入り度」 ★★★★★


# こんなカッコイイのは滅多にお目にかかれない。
# ドラムとベースだけで踊れます。


スポンサーサイト
94:またまた
懐かしいアルバムを紹介してくれましたね~。
私もアシッド・ジャズ・ムーヴメントの時から大好きで、このアルバムは本当に良く聴きました。
これ系のアルバムを必死で探して集めていたな~。
彼らの凄い所は、過去のアーティストをリスペクトしつつ、新しいことを表現してくれる所。
サウンドだけでなくジャケットさえもサンプリングですよね!
最近の彼らのサウンドはこじんまりとまとまりすぎる傾向もありますが、
新婦が出るたびについつい手が出てしまいます。
95:
Tribes,Vibes and Scribesは持ってて
よく聴きました。
私も一時アシッド・ジャズにはまりました。
FMで特集やってて好きになりました。
レコード屋に行って「『アシッド・ジャズ』でおすすめ
ありませんか?」とか言って店員困らせてました(笑)
Positivityを聴いてみます。
96:コメントありがとうございます。
>Musicmanさん
incognitoはインストゥルメンタルの曲がやたらカッコイイので好きですね。
colibliとかSmiling Faces 等...スキャットの入る曲が特に。
Musicmanさんの言われるように “過去のアーティストをリスペクトしつつ、新しいことを表現してくれる所” は素晴らしいと思います。

>さりちゃん
>レコード屋に行って「『アシッド・ジャズ』でおすすめありませんか?」とか言って店員困らせてました。

困ったお客さんですね(笑)
店員もJ-POPの新譜情報はある程度頭に入ってても、「アシッド・ジャズ」のおすすめ盤は知らないかも。
私が店員なら、インコグニートとかブラン・ニュー・ヘヴィーズを売りつけますが(笑)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。