JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Burning For Buddy ~A Tribute To The Music Of Buddy Rich / The Buddy Rich Big Band featuring Steve Marcus

ドラマーのニール・パートがプロデュースしたバディ・リッチへのトリビュート盤。ジャズ・フュージョン系のドラマーのみならず、ロック系ドラマーも多数参加。1994年発売の本作は通称“赤バディ”と呼ばれています。1997年に発売された青いジャケットの続編“青バディ”(vol.2)もあり。
ニール・パートの呼びかけに集まった一流ドラマー達が、多大なる影響を受けたバディ・リッチに敬意を表し、素晴らしいプレイを聴かせてくれます。

ドラマーの聴き比べに耳が行きそうですが、まずスティーヴ・マーカスを中心としたバディ・リッチ・ビッグ・バンドの音が強力。これが本作の最重要ポイントで、tpを中心に管が鳴りまくってる。これは中途半端なトリビュート盤ではない。激オススメ!

また、バディ・リッチの代表曲だけでなく、参加したドラマー達が自分のオリジナル曲を持ち寄ってるところがミソ。特に注目はビル・ブラッフォードの「Lingo」。ブラッフォードがバディ・リッチ?少々意外な感じがしますが、変拍子バリバリのバディ・リッチ・ビッグ・バンドが聴けます。(本作のメインとも言える)
ブラッフォードの他でオススメ曲はスティーヴ・スミスの「Nutville」、スティーヴ・フェローンの「Pick Up the Pieces」等々

これを聴くと多分続編の“青バディ”も買ってしまうはずです(笑)

そこでご提案。結局2枚買ってしまうのならば、赤&青のほとんどの曲が収録されてるメイキングDVD「THE MAKING OF BURNING FOR BUDDY」(DVD2枚組、収録時間約5時間)を最初から購入するのもアリ。(5時間という長さにビビッて私はまだ持っていませんが。。。)

-------------------------------------

1. Dancing Men
Drums: Simon Phillips
Solos: Steve Marcus,John Mosca

2. Mercy, Mercy, Mercy
Drums: Dave Weckl
Solo: Steve Marcus

3. Love for Sale
Drums: Steve Gadd
Solos: Andy Fusco,Scott Wendholt,Steve Marcus

4. Beulah Witch
Drums: Matt Sorum
Solo: Steve Marcus

5. Nutville
Drums: Steve Smith
Solos: Steve Marcus

6. Cotton Tail
Drums: Neil Peart
Solos: Steve Marcus,Scott Wendholt,Jon Werking

7. No Jive
Drums: Manu Katche
Percussion: Mino Cinelu
Solo: Steve Marcus

8. Milestones
Drums: Bill Cobham
Solos: Jon Werking,Andy Fusco,John Mosca,Walt Weiskopf,Scott Wendholt

9. Drum Alson Waltzes, Pt. 1
Drums: Max Roach

10. Machine
Drums: Rod Morgenstein
Solo: Walt Weiskopf

11. Straight, No Chaser
Drums: Kenny Aronoff
Solos: Steve Marcus,Chuck Bergeron,Greg Gisbert

12. Slow Funk
Drums: Omar Hakim
Solo: Steve Marcus

13. Shawnee
Drums: Ed Shaughnessy
Solo: Andy Fusco

14. Drumorello
Drums: Joe Morello

15. Drum Alson Waltzes, Pt. 2
Drums: Max Roach

16. Lingo
Drums: Bill Bruford
Keyboards: Jon Werking
Solos: Andy Fusco,Rick Trager,Steve Marcus

17. Ya Gotta Try
Drums: Marvin“Smitty”Smith
Solos: Steve Marcus,Walt Weiskopf

18. Pick Up the Pieces
Drums: Steve Ferrone
Percussion: Kenny Aronoff & Neil Peart

---------------------------------

○The Buddy Rich Big Band
Saxophones: Andy Fusco, Dave D'Angelo, Steve Marcus, Walt Weiskopf, Jack Stuckey
Tronbones: John Mosca, Rick Trager, George Gesslein
Trumpets: Dave Stahl, Ross Konikoff, Greg Gisbert, Scott Wendholt
Bass: Chuck Bergeron
Piano: Jon Werking

○Additional Musicians
Trumpets: Bob Millikan, Craig Johnson, Dan Collette, Mike Ponella, Joe Magnarelli, Tony Kadleck
Tenor Sax & Flute: Gary Keller
Guitar: John Hart, Chuck Loeb, Bill Beaudoin

○Arranged
John Labarbera (1,6,11)
Phil Wilson (2)
Pete Myers (3)
Harold Wheeler (4)
Greg Hopkins (5)
Bob Mintzer (7,12)
C. Barchelor (16)
Sammy Nestico (17)
Arif Mardin (18)

------------------------------------

「お気に入り度」 ★★★★★


# 全国の高校生ブラスバンド部必聴アイテムと考えます。
# 欲を言えば「Ya Gotta Try」はビニー・カリウタに叩いてほしかった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

アビス

 全体的に中々力の入ったサウンドが続きます。 オーディオの好きな方、特にスピードの速いスピーカー及びアンプで鳴らして頂きたいと思います。 ベースの音がシッカリ収録されていて次から次と音が出てきますから!低音から高音までしっかりスピード良く鳴らし切れるオー
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。