milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Nightfly / Donald Fagen

2007.01.17 (Wed)
巨星落つ...

テナーサックス奏者のマイケル・ブレッカー氏が13日、白血病のためニューヨークで死去、57歳。
1949年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。トランペット奏者の兄ランディとバンド「ブレッカー・ブラザーズ」を、ベース奏者エディ・ゴメスらと「ステップス・アヘッド」を結成。ピアノ奏者ハービー・ハンコックやギター奏者パット・メセニーら著名ミュージシャンと数多くのレコードを制作し、グラミー賞を11回受賞した。
同氏が所属するユニバーサルミュージックによると、70年代に初来日して以来、40回以上の来日公演を行い、多くの日本人アーティストとも競演した。
(NIKKEI NET : おくやみニュース)


また一つの時代が終わってしまった。
マイケル・ブレッカーの参加作品が次々と思い起こされる。ブレッカー・ブラザーズやステップスの諸作、メセニーとの「80/81」、チックの「スリー・カルテッツ」等々...

マイケルの参加作品で一番多く聴いたのはどれだろう?と思いCD棚からコレを取り出しました。世紀の名盤「The Nightfly/ Donald Fagen」です。
ワンホーンでブリブリにハードブローするマイケルでは無く、サイドメンとしての彼が光り輝いている作品。あまりにも有名な作品すぎて、マイケルが参加してること自体あまり知られていないかも。3曲にクレジットされています。


「Maxine」のソロを改めて聴いてみてほしい。
マイケルの全てがここにあるような気がします。


素晴らしい音楽と感動をありがとう。
ただただ、ご冥福をお祈りします。


1. I.G.Y.
2. Green Flower Street
3. Ruby Baby
4. Maxine
5. New Frontier
6. Nightfly
7. Goodbye Look
8. Walk Between Raindrops



# ドナルド・フェイゲンが亡くなったかのような記事になってしまった。
スポンサーサイト

コメント

残念です・・・
お邪魔します。

残念でなりません。また一人、偉大なミュージシャンが旅立たれました。悲しいことですね。
57歳・・・早すぎます!!!

御冥福を御祈り申し上げます。

悲しい
順調に快方に向かってると思っていたんですが...
しばらくマイケル・ブレッカーの日々になりそうです。
「Maxine」
こんばんは。
私も快方に向かっていると思ってました。残念ですね。
偶然にも私もマイケルのテナーで真っ先に思い浮かべたのが
「Maxine」でした。色んなアルバムでマイケルが参加して
いるにも関わらず、何故か「Maxine」でした。
私もあれこれ聴いてみようと思っています。
改めて感動してます。
「Maxine」はほんとに素晴らしい曲だと改めて思いました。この曲があったから、このアルバムはあそこまでヒットしたのではと。。。
こんにちは、はじめまして
マイケル・ブレッカーの話しかけるようなサックスよかったですよね。
また。遊びに来ますね。
はじめまして
mit-s様、コメントありがとうございました。
先ほどmit-s様のブログにお邪魔しました。
今後ともよろしくお願いします。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。