milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NARKISSOS / Sadistic Mikaela Band

2007.01.09 (Tue)
サディスティックミカバンド“2回目”の再結成アルバム。2006年10月25日発売。3代目のヴォーカリストに木村カエラを迎えて再結成、キリンラガーのCMも大好評でした。
公式サイトでは記者会見の模様やPVを見ることが出来ます。今春にはミカバンドを題材にした映画も公開されるとか。
ミカバンドについては、これだけのすごいメンバーが同時期に同じバンドで活動してたってことが奇跡だと思います。


木村 カエラ(Vocals)
加藤 和彦(Guitars, Mandolin & Vocals)
高中 正義(Guitars)
小原 礼(Bass, Guitars & Vocals)
高橋 幸宏(Drums & Vocals)

今回発売された「NARKISSOS」これがまたいい。メンバーそれぞれが曲を持ち寄って作られていますが、不思議とミカバンドとしての統一感があります。木村カエラは歌がうまい!爽やかで、いやらしい感じが無く、とてもミカバンドにあっていると思います。(かれんは少しいやらしかった(笑)
特に最初の2曲(01.Big-Bang, Bang!、02. Sadistic Twist)のカエラは素晴らしいと思います。

加藤和彦の甘いヴォーカル&楽曲、小原 礼のブンブンうねるベースも健在ですし、高橋 幸宏の“ニウロマンティック”な世界も堪能出来ます。注目の高中のギターですが、今回は少し抑え気味? ギンギンに弾きまくるというわけではありませんがしっかり高中ワールドしています。
本作で高中が提供したインストナンバー2曲、これが出色の出来。タイトル曲にもなった「Narkissos」はとても懐かしい響きで「黒船」を彷彿とさせますし、「Sockernos」はなんとChris Mosdell作詞で後半YMOになります。カエラも良かったですが今回は高中がMVPか。


01. Big-Bang, Bang!(愛的相対性理論)
02. Sadistic Twist
03. in deep hurt
04. The Last Season
05. King fall
06. Sockernos
07. Tumbleweed
08. Jekyll
09. Low Life and High Heels
10. NARKISSOS
11. タイムマシンにおねがい 2006 Version (Bonus track)


「お気に入り度」 ★★★★★


# センスの固まりとはこのことか
# 「黒船」のジャケットのメンバーの写真と比べると時間の流れを感じます。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。