JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレSelection CD Book / 二ノ宮知子

今回はクラシック盤。
フジテレビの月9でドラマ化され、今何かと話題の「のだめカンタービレ」のCD-BOOKです。

音楽大学を舞台に、ピアノ科の学生「のだめ(野田恵)」を中心に繰り広げられる涙と笑いのキャンパスライフを描いた”少女マンガ”です(多分)
ドラマ化後、妻が買ってきた原作のコミック1、2巻を読んだけど結構おもしろい。少しハマリ気味で現在第5巻まで読み進めてます。
音大を舞台にしたマンガなので当然クラシックの名曲が作中に出てくる。高校時代ブラバンに3年間所属してたぐらいで、自分はクラシックに疎いため、マンガを読んでる最中その曲が頭で鳴ってないから何か物足りない感じ。どんな曲なのか知りたくなりCD-SHOPへ。

CD-BOOKというのは書籍扱いなんですね。
本屋に”のだめ”の特設コーナーがあってこのCD-BOOKもコミックスと一緒に山積みされてました。月9ドラマ化ということで、かなり大がかり&ファンシーな売り場となっており、買うのに勇気が必要でした。
少女マンガ独特のピンク色の空間に40前のオヤジが。。。

作中で使用されてる曲が9曲、オリジナル書き下ろしのピアノ曲が1曲の計10曲が収録。途中フェイドアウトしてる曲もあり、あくまで曲紹介というレベルだと思いますが、このCD-BOOKを取っ掛かりにクラシックを聴きはじめるのもアリかと。

各収録曲の解説が本格的かつ専門的で少々驚きました。ファンシーな内容を想像してたんですが、解説のピアノ譜まで載ってる本格的なモノです。(イラスト集などの少女マンガチックな部分もありますが。。。)

”のだめ”に登場するオーケストラの音楽CDもCD-SHOPのほうで売ってました。こっちはブラームスの曲集で。
月9で取り上げられるぐらいなので、ちょっとしたクラシックブームが来てるんでしょうか?


のだめカンタービレからのクラシック入門


---------------------------------------


1. ベートーヴェン   ピアノ・ソナタ第8番《悲壮》より第2楽章
2. ラフマニノフ    ピアノ協奏曲 第2番より第1楽章
3. ガーシュウィン   《ラプソディ・イン・ブルー》より
4. リスト       メフィスト・ワルツ第1番《村の居酒屋での踊り》
5. モーツァルト    オーボエ協奏曲より第1楽章
6. ドビュッシー    喜びの島
7. ラヴェル      亡き王女のためのパヴァーヌ
8. R.シュトラウス  交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》
9. ベートーヴェン   交響曲 第7番より第1楽章
10. 海老原大作  《ロンド・トッカータ》


「お気に入り度」 ★★★★☆


○「のだめオーケストラ」の2枚組ライヴ盤が出てる模様でこちらも買いそうな予感。
○ドラマのキャスティングは「?」でしたが。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。