JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスを聴け!version7/ 中山康樹

カテゴリに書籍を追加。音楽系の読み物等を少しずつ紹介していきたいと思います。
今回紹介するのは、元スイングジャーナル編集長で音楽評論家の中山康樹氏の「マイルスを聴け!version.7」(2006.9.28発売/双葉社)です。

帝王マイルスが他界したのが1991年。その翌年1992年に本作の初版が発売されました。直球勝負の題名に惹かれ即購入。「ROUND ABOUT MIDNIGHT」のキメのフレーズ”アノ部分”の解釈で某有名評論家を批判?したり、「SORCERER」に入ってるボブ・ドローの曲についてコキ落とす等、独特の語り口がとてもおもしろかったです。

その後2年に1回ほどのペースで追加改訂版が発売され、今回がversion7。収録枚数はなんと全473枚!ジャケ写&曲名、参加ミュージシャン、録音年月日のクレジット。1枚につき2ページ~4ページの解説付きで怒涛の975ページ。でも文庫本サイズだから持ち運びに便利。

これがたったの1,600円(税別)
安すぎる♪


初版を持っているので改訂盤はスルーしてました。今日たまたま書店で目に留まり、文庫本になっていた事と表紙のギラギラしたマイルスを見て思わず買ってしまいましたが、初版とのボリュームの違いに圧倒されてます。すごい増殖ぶり。

マイルスの正規盤は100枚前後と言われているので、残りの370枚はブートです(笑)。ブートにスゴイ力入ってます。究極のマイルス本として人気のシリーズですが、amazonのレヴューによると、リスニングルームに1冊、トイレに1冊、車の中に1冊、計3冊持ってる猛者もいるとか。。。

初レコーディングから録音年月日順に掲載。これ一冊あればデータ不明のブートを買っても困ることも無い。(しかしマイルスって473枚も出てるんすか。。。驚きです)
解説部分の好き嫌いはあるにせよ、これだけのデータを集めるのは一般人には不可能に近い。この本をここまで作り込むまでに膨大な手間隙と時間、そしてお金もかかってるでしょう。それがたったの1,600円(しつこいか?)
マイルスファンならこれは普通に買いでしょう。読み物としても十分おもしろいと思います。マイルスへの愛を感じます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。