JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

YAMA / ART FARMER

CTIを代表するトランペッター、ART FARMERの1979年の作品。

CTIレーベルは1967年、プロデューサーのクリード・テイラーによって創設されたジャズレコードレーベル。
テイラーがジャズの大衆化を図るために設立し、クロスオーバー(フュージョンの前身)のブームを作った。A&Mレコード内に創設された時の正式名称はCreed Taylor Issueで、独立後はCreed Taylor IncorporatedまたはCreed Taylor Internationalの名をとる。
「CTIレコード - Wikipediaより」

CTIと言えば、イメージ的に“イージー・リスニング・ジャズ”じゃないの?ってことで食わず嫌いの人もいるんじゃないでしょうか。
確かにそういうのもありますが、そうでないのもいっぱいあります。実際聴いてみると「食わず嫌いはもったいない」ということがわかるはずです。
今日はCTIレーベルお気に入りの1枚、ART FARMERの「YAMA」を紹介します。

○PERSONEL
Art Farmer(flugelhorn)
Joe Henderson(tenor sax)
Don Grollnick(key)
Warren Bernhardt(key)
Fred Hersch(key)
Mike Mainieri(vibes and synthesizer)
Will Lee(bass)
Eddie Gomes(acoustic bass)
Steve Gadd(drums)
Sammy Figueroa(percussion)
David Spinozza(guiter)
John Tropea(guiter)
Suzanne Ciani(synthesizer programming)


まず本作のポイントは、アレンジャーにマイク・マイニエリを起用している点。録音が1979年4月、そして収録曲が、

1. DULZURA
2. STOP(THINK AGAIN)
3. YOUNG AND FINE
4. LOTUS BLOSSOM
5. BLUE MONTREUX


収録曲&参加Musician、本作吹込み後同年にSTEPSが結成されてることもあり、"STEPS誕生前夜盤"と言われています。もうこれだけで買い(笑)

マイニエリを軸に考えると77年の「ラブ・プレイ」→アリスタ・オールスターズ78年7月の「ブルー・モントルー」→本作79年4月「YAMA」→80年12月ステップスの「スモーキン・イン・ザ・ピット」という流れが見えてきます。

CTIレーベルですから、ブリブリ吹いたりするのは無し。カッチリとしたアレンジで、ブレッカーのいないSTEPSという感じです。アート・ファーマーとジョーヘンが全体の雰囲気をソフト&マイルドにしています。ガッドもシンプルですが随所にいいプレイを聴かせてくれます。

--------------------------------------

1. DULZURA (4:10)
ガッドのプレイが光る軽快なラテンナンバー。アート・ファーマーもキラキラ光るプレイ。
スティールドラム風な音色のキーボードのテーマが心地よいです。

2. STOP(THINK AGAIN) (6:47)
「小さな恋のメロディー」「サタディ・ナイト・フィーバー」で有名なビージーズの曲。バラードです。
アート・ファーマーのミュートプレイ、マイニエリのビブラフォンソロが聴きどころ。

3. YOUNG AND FINE (6:44)
ジョー・ザビヌルの曲で、ウエザーリポートの「ミスター・ゴーン」に収録。ステップスの「スモーキン・イン・ザ・ピット」にも入ってます。本作のメイン。
CTIですからハードブローとかは無しですよ(笑)
ファーマー→マイニエリ→ジョーヘンとソロ回し。それぞれアレンジが変わるところがポイント。

4. LOTUS BLOSSOM (8:23)
ドン・グロルニックのバラード。
ジョーヘンのソフトで暖かいソロが聴けます。アート・ファーマーもいい。
すごくCTIを感じさせてくれる。

5. BLUE MONTREUX (6:58)
アリスタ・オールスターズの「ブルーモントルーⅠ」に収録。
アリスタレーベルと違って、とてもマイルドなブルーモントルー。ベースのウィル・リーが暴れそうになってますが、クリード・テイラーに押さえ込まれてる感じあります(笑)


「お気に入り度」 ★★★★★


○CDショップのJAZZコーナーではBLUENOTEが大きく場所取ってるけど、CTIにもスペースを。。。(お願い)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター