JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

first / 夜総会BAND

yasoukai.jpg


爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉さんプロデュース「夜総会BAND」のファーストアルバム(98年発売)。中国人Vocalist a-minさんをメインに、ホーンセクションを中心としたバンド。以前、SAX & BRASS magazine(2011秋、20号)のTOWER OF POWER特集で“T.O.P度の高いアルバム”として取り上げられていた。

ファンキー末吉/Produce,Drums
a-mim(アミン)/Vocal
バーベQ和佐田/Bass
岡崎 猛/Guitar
進藤陽悟/Keyboads
伊達 弦/Latin Percussion
寺内 茂/Trumpet
川嵜淳一/Trumpet
小坂武巳/Trombone
竹野昌邦/Saxphone


ファンキー末吉さんは、北朝鮮へ再々訪問したり、JASRAQとの訴訟など、ある意味文化人的な側面が注目されている。爆風スランプのドラマー(「Runner」の作曲者)として有名だが、一時期、「クリスタルキング」のドラマーであったことはあまり知られていない。
アニメ北斗の拳のOP「愛をとりもどせ」(You a Shock~っていうあの曲)を叩いているのがファンキーさんなのだ。同時カップリングの「ユリア・・・永遠に」も氏と言われている。
パチスロ北斗の拳シリーズで重要な契機で発動するこれらの曲、パチスロ好きのドラマーからはファンキー末吉さんは拳王と呼ばれている(未確認w)。そういえば風貌もどことなくラオウ入っているかも・・・


この夜総会BANDのファースト、
日本人の彼と付き合っている中国人女性の曲が多くて、切ない。
自由に日本に留学することが出来ない辛さを歌った曲、単身来日した女性の視点から見た日本について等・・・

聴きどころは、
TOWER OF POWER特集で取り上げられていた「07.日本人は変でんなー」
もろEW&Fの「Africano~Power(ライヴ盤「Gratitude(灼熱の狂宴)」の冒頭に収録)」を意識した、「12.Asiano~夜総会BANDのテーマ」など

98年発売ですから、昨今の日中関係のゴタゴタが表面化する前のアルバムですが、
いろいろ考えさせられる内容となっています。


01.東京チャイナGirl
02.私の青い鳥
03.北京の恋
04.Tokyo Heaven's Bar
05.Let Me Be Free
06.Happy Birthday
07.日本人は変でんなー
08.上海Bayブルース
09.人魚の靴
10.どんな夢?
11.AMANI
12.(おまけ).Asiano~夜総会BANDのテーマ



スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター