milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

By Any Means Necessary / Gary Thomas

2013.11.19 (Tue)
byanymeans.jpg

マルコムXの動画「By Any Means Necessary(いかなる手段を取ろうとも)」を見ました。
それでこのアルバムを思い出し、3ヶ月ぶりの更新。

80年代後半、スティーヴ・コールマンやグレッグ・オズビーらが標榜していたジャズ理論が「M-BASE」。今もって意味はさっぱりわかりませんが、ブルックリン派とも呼ばれていた彼らの一連の作品、結構気に入って聴いていました。ゲイリー・トーマスもその一派だった。

四半世紀経った今、すっかり忘れられた存在となっている彼らですが、
久しぶりに聴いてみると、なんかカッコいいぞ。
1曲目から野太くてダークな感じでゾクゾク。多分、マルコムXの有名な演説からこのタイトル曲を作ったと思われる。

このアルバム、ジョンスコがゲストで3曲参加していますが、これがまたいい。「ユア・アンダー・アレスト」など大物ゲストに敬意を表した選曲。M-BASE一派の曲は、小難しくて理屈っぽいのが多いが、ジョンスコのギター・ソロが始まると雰囲気が一変し、ジョンスコの世界へ引っ張りこまれる。

さすがのM-BASE一派も、ジョンスコの前では、いかなる手段を取ろうとも・・・ということになってるわ。
amazonで1円で売られてます。この一派好きなんですけどね・・・残念だ。


Gary Thomas(Ts, Fl, Synth)
Tim Murphy(P, Synth)
Anthony Cox(B)
Dennis Chambers(Ds)

Greg Osby(As, Synth)
John Scofield(G)
Mick Goodrick(G)
Geri Allen(P, Synth)
Nana Vasconcelos(Per)

01. By Any Means Necessary
02. Continuum
03. You're Under Arrest
04. Potential Hazard
05. To The Vanishing Point
06. Screen Gem
07. Janala
08. At Risk
09. Out Of Harm's Way

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。