JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

Claus Ogerman Featuring Michael Brecker

claus_brecker.jpg

「Claus Ogerman Featuring Michael Brecker」
邦題が「ブルヴァール・トリステス/クラウス・オガーマン・フィーチャリング・マイケル・ブレッカー」

プロデュース: トミー・リピューマ
オーケストラ・アレンジ: クラウス・オガーマン

今年も暑くなってきました。夏場をしのぐためには、この方々が必要不可欠。
ジョージ・ベンソン「ブリージン」
マイケル・フランクス「スリーピング・ジプシー」等々を世に送り出した黄金コンビ。
(この2人にエンジニアのアル・シュミットを加えると最強となります・・・)


エアコンの効いた部屋で、うたた寝しながら聴くと最高。
薄い感じで流れるオーケストラをバックに、ブレッカー兄弟やマーカス・ミラー他の素晴らしいプレイが楽しめます。マイケル・ブレッカー目当てで買ったアルバムでしたが、邦題タイトル曲「ブルヴァール・トリステス」でのロベン・フォードのギターがすごく良くて、夏になると聴きたくなるアルバムです。
ブルージーなイメージの強いロベン・フォードですが、この曲でのクラシカルなソロを聴いたとき、彼に対するイメージが変わりました。カッコいいっ!
「リリコスモス」のマーカスもいいです。

------------------------------

01.Corfu
02.Lyricosmos
03.After The Fight
04.Adonia
05.Boulevard Tristesse


Orchestra Arranged And Conducted by Claus Ogerman
Produced by Tommy LiPuma

Featuring
Michael Brecker (ts)
Randy Brecker (tp)
Robben Ford (g)
Alan Pasqua(key)
Marcus Miller(b)
Abraham Laboriel(b)
Eddie Gomez(b)
Paulinho DaCosta(per)
Vinny Colaiuta(ds)
Steve Gadd(ds)

スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター