JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Till We Have Faces / Gary Thomas

邦題「ゲイリー・トーマス・プレイズ・スタンダーズ」
実家の押入れを整理してたら古いjazzLife(1992年10月号)が出て来ました。表紙がゲイリー・トーマスとパット・メセニー。
巻頭の特集記事で本作のレコーディング時の模様が紹介されていました。懐かしさも手伝って今回はこのCDを紹介します。

ゲイリー・トーマスは1961年6月10日メリーランド州ボルティモア生まれ。86年末からマイルス・デイビスのグループに87年3月まで在籍。その後ジャック・デジョネットの「スペシャル・エディション」に参加。M-BASE派とかブルックリン派とかいう括りで論じられることもあります。ジャズライフ誌上では、ラズウェル細木のマンガで肉体派サックス奏者として有名でした(笑)

本作は彼が取り組んだスタンダード集の2枚目。
個人的趣味としてですが、ジャズ史に残る名盤だと思います。


パット・メセニーの参加(全8曲中、7曲)がやはり大きいんですが、女性ドラマーTerri Lyne Carringtonのタイコが驚異的。1曲目「Angel Eyes」でのイントロから約2分間、ゲイリー・トーマスとテリ・リンのDuo部分で仰天ドラムをカマされます。Weather Reportのライヴ盤「8:30」での ウェイン・ショーターとピーター・アースキンのDuoを彷彿とさせるほどです。

実のところ、裏で弾いてるメセニーのフレーズが気になって、ゲイリー・トーマスがあまり目立ってない印象があります。彼の吹くテーマは妙に機械的で、余計にメセニーやテリ・リンが目立ってます。
本作ではほぼ主役のメセニー、「angel eyes」「lament」のソロが良くて、特に「you don't know what love is」のギターシンセのソロは超強力です。しかし、patweekでの採点は「★★★☆」

文句無しの「★★★★★」だと思ってました(汗)
メセニーについて自分はまだまだ不勉強ということで反省・・・。


Gary Thomas(ts,ss,fl), Pat Metheny(G), Tim Murphy(P), Anthony Cox(B), Ed Howard(B), Terri Lyne Carrington(Ds), Steve Moss(Per)
1992年5月8日~14日録音


余談になりますが、本作は80年代~90年代録音の名盤にスポットを当てたシリーズ“JAZZ THE BEST NEW STANDARD 50”に選ばれています。ここで紹介されてる作品、かなりいい線いってると思いますがどうでしょう?
著名な評論家の先生方が選んだ盤をつかまえて「いい線いってる」ってのも失礼な話ですが(笑)
ただ、スリー・カルテッツ +4 [チック・コリア]のレヴューはいただけません。明らかに違う盤の紹介が載ってます。(2005年6月以降、約1年以上放置されてるー)
ある意味現在のジャズ界を象徴しているような気がします。
頼むから気付いてくれ > ユニバーサル&スイングジャーナル


-------------------------------------

1. Angel Eyes
2. The Best Thing For You
3. Lush Life
4. Bye Bye Baby
5. Lament
6. Peace
7. It's You Or No One
8. You Don't Know What Love Is


「お気に入り度」 文句無しの★★★★★


○ラズウェル細木のジャズマンガ「ときめきJAZZタイム」必見です!
○唯一のジャズマンガです。2002年にコンプリート版が再発されました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。