milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺貞夫 CLUB JAM '92

2012.02.25 (Sat)
earth_step.jpeg

先週に引き続き、ビデオ→DVDへのダビング作業。週末に単身赴任先から帰ってくる楽しみが増えた。今日は、渡辺貞夫さん関連のビデオ(20年以上前、TVで放送されていたライヴ)をDVD化。「SADAO WATANABE CLUB JAM 91,92」や「EARTH STEP」等

改めて見ても、超強力なのが「SADAO WATANABE CLUB JAM 92」
メンバーが、

SADAO WATANABE(As,Ss)
CARLOS RIOS(Gt)
WILL LEE(Bs)
RICKY PETERSON(Key)
VINNY COLAIUTA(Ds)
LENNY CASTRO(Per)

冒頭で貞夫さんが、“ポテンシャリーにスーパーバンド”と紹介しています。
1曲目からカルロス・リオスとカリウタの応酬が・・・手数がスゴイです・・・
貞夫さんが吹きづらそうな場面もあったりして。

それにしても、カルロス・リオスは文句無しにカッコええわー
バンドが引き締まる感じがします。編集でカットされている曲もあるかもしれませんが、1時間半ほぼイキっぱなしのライヴ。
選曲も最高でした。カリウタの叩く「WHAT'S NOW」とか、途中で『FREEWAY JAM』みたいになってしまっているメロウなバラード「ONE MORE TIME(FRONT SEAT収録)」など、らしくない演奏が随所に。これもCLUB JAMの面白さ。

01.ROUND TRIP
02.PASTORAL
03.PASSO DE DORIA
04.GOOD BYE
05.WHAT'S NOW
06.SEVENTH HIGH
07.ONE NEVER KNOWS
08.ELIS
09.ONE MORE TIME
10.HOME MEETING
11.DOWN EAST

NHKには相当数のお宝映像が眠っているハズなので、いつかきっちりとした形で“無料で”公表してほしいです。
(去年、マイルスの日本公演を小出しにしてましたけど・・・)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。