milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイト島のマイルス 1970 [DVD]

2012.01.08 (Sun)
WIGHT_MILES.jpg

今年に入って初めての音盤系お買い物。
「ワイト島のマイルス1970」

1970年8月29日、イングランドの南岸「ワイト島」で観客60万人を集めたミュージック・フェスティヴァルにマイルスが参加した時の映像作品。ライヴ本編は38分しかないが、当時の参加ミュージシャンのインタビュー等を含めて120分のDVD。マイルスがエレクトリック時代へ移行していく過渡期の状況が垣間見える。

ライヴ本編よりも、各ミュージシャンへのインタビューの内容が濃くてとても楽しめた。
カルロス・サンタナがストーリー・テラーとして冒頭から登場。何でサンタナ?と思いながら見ていると、途中で「IN A SILENT WAY」をサンタナがギターで弾く場面はちょっと感動!
その他、マーカス・ミラーが「My Man's Gone Now」のベース・パターンをスタジオで弾いてくれている等、見どころが多数。
インタヴューに答えるキース・ジャレットがくそカッコいいし、ピート・コージーまで登場。

エレクトリック・マイルスが嫌いな人は是非見てほしい作品。少しは好きになるかと思います。


マイルス・デイヴィス(tp)
キース・ジャレット(el org)
チック・コリア(ep)
ジャック・ディジョネット(ds)
ゲイリー・バーツ(ss)
デイヴ・ホランド(eb)
アイアート・モレイラ(perc)


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。