milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michel Colombier / Michel Colombier

2011.07.17 (Sun)
michel_colombier.jpeg

ミシェル・コロンビエの1979年のアルバム「ミシェル・コロンビエ」がデジタル・リマスターで再発されたのでHMVで購入。
自分の持っているカセットテープでは、タイトルが「スーパー・フュージョン」となっているので、当時邦題がそうなっていたのではないかと。スーパー・フュージョン・・・カッコいいです!

ライナーを見ると、フランス盤でした。ミシェル・コロンビエがフランス生まれなので納得です。
ちょっと意外だったのが、リマスターを葛巻善郎さんという日本人がされていること。タワレコの企画でフュージョン系のコンピ盤などをリマスターされている方のようです。このアルバムも入手困難だったので、今後もこういう企画が増えていくことを願っています。

改めて聴いてみて、ジャコパスの存在感の大きさを感じさせる作品です。
ジャコがソロをとっている「Dreamland」「Spring」などがいいですねー
ハービー・ハンコック、ラリー・カールトン、リー・リトナー、マイケル・ブレッカーなどオールスター・キャストが参加しており、まさに“スーパー・フュージョン”と言える作品です。ドラマーもピーター・アースキン、スティーヴ・ガッドと文句なしです。

ミシェル・コロンビエが多くの曲を提供しているフローラ・プリムの名盤「エヴリディ・エヴリナイト」も久しぶりに聴いてみました。これもまた夏に聴くと最高なアルバムですが、「OVERTURE」というミシェル・コロンビエの曲が両方のアルバムに入っています。ミシェル・コロンビエの方はラリー・カールトンのソロをフィーチャーしつつ、ロック風で壮大な感じの仕上がり。フローラの方はライト・テイストのブラジリアン・ポップです。
この曲、どこか他でも聴いたことあるけどなぁ・・・と思っていろいろ探してみたら、PRISMの「COMMYUNITY ILLUSION」でした。印象的なテーマがほぼ同じです。偶然の産物かもしれませんが、チトまずい様な気がしてしまうほど極似してます(笑)


01.SUNDAY
Mini Moog Solo: Herbie Hancock
Acoustic Piano, Fender Rhodes: Michel Colombier
Guitar: Lee Ritenour
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Peter Erskine
Synthesizer Programmed by Michael Boddicker, Played by Michel Colombier

02.TAKE ME DOWN
Guitar Solo: Lee Ritenour
Mini Moog Solo: Herbie Hancock
Sax Solo: Michael Brecker
Acoustic Piano, Fender Rhodes: Michel Colombier
Bass: Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

03.DREAMLAND
Bass Solo: Jaco Pastorius
Guitar Solo: Larry Carlton
Synthesizer Solo: Michael Boddicker
Fender Rhodes, Acoustic Piano: Michel Colombier
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

04.QUEENS ROAD

Acoustic Piano, Clavinet, Fender Rhodes: Michel Colombier
Synthesizer Programmed by Michael Boddicker, Played by Michel Colombier
Guitar: Lee Ritenour
Bass: Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

05.OVERTURE
Guitar Solo: Larry Carlton
Acoustic Piano, Synthesizer, Fender Rhodes: Michel Colombier
Bass: Jaco Pastorius
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

06.BIRD SONG
Tenor Sax Solo: Michael Brecker
Fender Rhodes: Michel Colombier
Spanish Guitar: Larry Carlton
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Steve Gadd

07.LAYAS
Guitar Solo: Larry Carlton
Sax Solo: Michael Brecker
Fender Rhodes: Herbie Hancock & Michel Colombier
Bass: Jaco Pastorius
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

08.DO IT
Clavinets: Michel Colombier & Herbie Hancock
Synthesizer: Michel Colombier
Guitars: Larry Carlton & Ray Parker, Jr
Bass: Jaco Pastorius & Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

09.SPRING
Guitar Solo: Larry Carlton
Bass Solo: Jaco Pastorius
Fender Rhodes, Acoustic Piano, Clavinet, ARP Odyssey: Michel Colombier

10.THE DANCING BULL
Lyricon Solo: Tom Scott
Fender Rhodes, ARP Odyssey: Michel Colombier
Clavinet: Herbie Hancock
Guitars: Larry Carlton & Ray Parker, Jr
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Steve Gadd

11.AUTUMN LAND
Acoustic Piano Solo: Michel Colombier

.
スポンサーサイト

コメント

興味津々
お邪魔します。
ご無沙汰しております。
今回のアルバム、私もずっと探しておりました。今回の再発はチョッとビックリでしたネ。私の所には明日届く予定です。今回のmilkybarさんのレヴューを参考に拝聴させて頂きます。
COMMYUNITY ILLUSIONの件・・・中村哲さんにしてやられた!といったところでしょうか(笑)プリズムファンとしては興味津々・・・この点も楽しみなところです。早く聴きたい!!!!
祝!再発
milkybarさん、こんにちは。

おや、再発ですか?!嬉しいですねー。
私も大好きで、最近記事にしたばかりでした。

たぶんフランス盤だと価格高めだと思うので、きちんと日本で再発してもらいたいものですね。
コメントありがとうございます!
>FUSION様
お久しぶりです。ブログ更新の方も期待して待ってます。
COMMYUNITY ILLUSIONの件ですが、多分笑ってしまうほどの出来となってます。これはオマージュなのかシャレなのかよくわかりません(笑)明日届くとのことで、お楽しみです。

>Apollo様
仏盤は高いんですね。知りませんでした。リマスターということで飛びついてしまいました。
Apolloさんの記事、チェックさせていただきます。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。