JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Other Roads / Boz Scaggs

OtherRoads.jpg

連日の地震報道を見るたびに気分が滅入ってくるので、最近はTVを見ないようにしています。
(ACのCMもう見たくない・・・)
気分を盛り上げるためには、GOOD MUSICが不可欠ですから、元気の出そうなアルバムを努めてチョイスするようにしてます。

Boz Scaggs「Other Roads(1988年)」
かなりハードな内容というイメージがあったので、久しぶりに聴いてみた。

「ちと、うるさい・・・。」
今の精神状態には少し激しすぎた。


アドリブ1991年5月号別冊付録「AOR HANDBOOK」によると、“祝!88年再ブーム”ということで、この作品が世に出たことで、この年、AORが再び盛り上がったようです。
(自分のAORに関する知識は、この小冊子のみデス;)

AOR-HANDBOOK.jpg


クルセイダーズのプロデューサー、スチュワート・レヴィンがプロデュースした2曲「02. Claudia」「03. Heart Of Mine」が良い。
特に「Claudia」のバジー・フェイトンの奥ゆかしいギター・ソロは最高です。
4曲目からいきなり、ドラムがパッツンパッツンのハードな音づくり。ルカサー、ポーカロが参加しており、良くも悪くも当時のバブリーなサウンド。完成度は高いんだろうけど、今はあまり聴きたくない。

通常モードに戻るまで、もう少し時間がかかりそうだ。


01. What's Number One?
02. Claudia
03. Heart Of Mine
04. Right Out Of My Head
05. I Don't Hear You
06. Mental Shakedown
07. Soul To Soul
08. Crimes Of Passion
09. Funny
10. Cool Running
11. The Night Of Van Gogh


参加ミュージシャンは豪華かつ多数ですが、「Claudia」のみ記載します。
Boz Scaggs :Vocal
Larry Williams :Rhythm Arrangements, Keyboards
John "J.R." Robinson :Drums
Freddie Washington :Bass
Howard "Buzz" Feiten :Guitar and Guitar solo
David Williams :Guitar 

スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。