milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Direct From L.A. / The Great Jazz Trio

2010.05.22 (Sat)
gjtdirectfromla.jpg

今週は音楽界でいろいろな衝撃的ニュースがありました。

・伝説的ジャズ・ピアニスト ハンク・ジョーンズ死去(5/16)
・ロニー・ジェームズ・ディオが死去(5/16)
・ジャズ専門誌「スイングジャーナル」休刊へ(5/17)
・小室復帰作を「エイベックスがCD買い占め?」(5/17)


上2つは当然悲しかったけれども、下2つも現在の音楽業界を反映している出来事として悲しかったです。
ロニー・ジェームズ・ディオの訃報を受けて、追悼ミサ(要はレインボーのビデオを見ながらお茶する会)を近々友人と開くことに決定しました。

そして、今週はハンク・ジョーンズのGJTの諸作品(ロン・カーター、トニー・ウィリアムス時代のモノ)を聴いています。
その中で1番気に入っているのが「Direct From L.A.(1977年10月6日、ロサンジェルスで録音」
とりわけ好きなのが1曲目の「チュニジアの夜」。ここでのトニー・ウィリアムスのドラム・ソロがくそカッコいいんです。何と言ってよいのか、“ドライブをしながら鼻歌を歌っているようなソロ”でして。
当時流行していた一発勝負の“ダイレクトカッティング方式”で録音された本作。修正のきかない緊張感の中で紡ぎ出されたとは思えないような“歌いまくり”のソロ。
ダイレクトカッティングの制約で4曲30分の短いアルバムですが、「チュニジアの夜」だけでも聴く価値アリ!と思います。ハンク・ジョーンズの優しいタッチ、懐の深さがこのトニーの名演を生んだのでは?と想像しています。
Jazzの歴史のほとんどを生きた伝説の人。心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。