milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉 / WHITESNAKE

2009.10.26 (Mon)
Whitesnake.jpg

80年代を代表する1枚で、全世界で800万枚を売り上げたといわれるホワイトスネイクのモンスターアルバム「サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉(1987年)」。

デヴィッド・カヴァデール (Vocals)
ジョン・サイクス (Guitar,Vocals)
ニール・マーレイ (Bass)
エインズリー・ダンバー (Drums)


ここのところ秋の夜長に80’sを聞いて感傷に浸っております。
当時は「MTV」とか「ベストヒットUSA」の全盛時代で、シングル・カットとビデオ・クリップの公開がセットという流れが定着した頃。そしてこのアルバムも売れに売れているわけだから、このアルバム中の曲のビデオ・クリップも毎週のように放送され、とても印象に残っている。当時大学生だった自分も友人と一緒に「かっちょえー!!」を連発しながら見てました。

どういう訳か、アルバムのレコーディング・メンバーとビデオ・クリップのメンバーが全く違う。
このての大物バンドにはつきものの脱退・加入劇があったようですが、思い入れのあるのは、やはりビデオ・クリップの方のメンバー。

デヴィッド・カヴァデール (Vocals)
エイドリアン・ヴァンデンバーグ(g)
ヴィヴィアン・キャンベル(g)
ルディ・サーゾ(b)
トミー・アルドリッチ(ds)


今考えともスゴいメンバーでした。
(ただし、正式加入とはならず、ビデオだけの出演の方もおられますが。)
どっちかというと自分はこの頃より少し前のホワイトスネイクを聴いて育ったクチで、「Love Hunter」世代。ギタリストもバーニー・マースデン&ミッキー・ムーディ派。
それでもMTVの勢いには勝てず、この時期のアメリカナイズされたホワイトスネイクに魂を奪われていました。

そんな感じでおススメのクリップは、「Still Of The Night」「Is This Love」

「Still Of The Night」のデビカバのカッコイイこと。モデルの女性も最高!
ツェッペリンの“Black Dog”風のこの曲。中間部ギターソロの前に出てくる“お祭りマンボ”のようなギターのリフが渋い味。

そして、80’sを代表する珠玉のバラード「Is This Love」
ジョン・サイクスのギターは鳥肌モノ。レスポールの音でしょうか。クリア&マイルドなトーンは心に染みわたります。22年経っても感動は変わらない。
ビデオの内容は、ケンカして出て行った女を待ち伏せ、車の上に押し倒してXXX・・・という今なら立派な犯罪行為を推奨。(デビ様だから許せる)

ロックの王道&様式美を追求した素晴らしいビデオ・クリップ2本です。
やっぱ80’sいいわ。

Whitesnake - Still Of The Night
Whitesnake - Is This Love

スポンサーサイト

コメント

デビカバ
こんばんは。
当時高校生だった私は完全に「このアルバムからファンになりました」世代です。

>そんな感じでおススメのクリップは、「Still Of The Night」と「Is This Love」

はい、全く異論はありません。
ヴィヴィアン・キャンベルは振りだけなのに、なんか妙に映像にはまっているんですよね。
しかし、実際にあの音を出しているジョン・サイクスは本当に素晴らしい。

デビカバはPVに出ていたトウニー嬢と後に結婚、そして離婚しますが、
「Is This Love」のはなんかそういう意味でもいろいろ感慨深い映像です。
Re: デビカバ
もくまおう様、コメントありがとうございます。
このアルバムやはり聴いておられましたか。80’sの金字塔ですね。
ジョン・サイクスのギターは美しいですねー、最高です♪
そしてトウニー嬢も美しいです!髪型が時代を物語ってますよね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。