JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Secrets / Andy Narell

最近、日増しに蒸し暑くなってきた。涼しくなりたい時によく聴くのがこのアルバム。かれこれ20年近くのお付き合い。
スティール・パン(スティール・ドラム)奏者、アンディ・ナレルがウィンダム・ヒルから発売した「Little Secrets」(89年)。

ジョージ・ウィンストンで有名なウィンダム・ヒル・レコード内には、その昔ジャズ部門(ウィンダム・ヒル・ジャズ)があり、その中にまた“HIP POCKET”というシリーズがありました。
HIP POCKETからはアンディ・ナレルの諸作のほか、元PMGのマーク・イーガンの「モザイク」や、ドン・グロルニック&マイケル・ブレッカーの「ハーツ&ナンバーズ」などの名盤がリリースされており、かなり注目していましたが、いつの間にかウィンダム・ヒル・ジャズ自体が消えたのかな?

そんな感じでレーベル買いしたこのアルバム。梅雨時期のこの季節にピッタリ。
スティール・パンの音色が醸し出す清涼感はなんとなく想像出来そうですが、曲づくりやアレンジ面に当時流行していたクワイエット・ストーム系の香りが感じられ、それがまた気持ち良い。ミディアム・テンポの曲が中心で、ソフト&メロウな時間が流れていきます。就寝前に聴くと寝苦しい夜でもすぐにzzz。。。

スティール・パン以外の楽器が派手にソロをとることもなく、ひたすらアンディ・ナレルがメロディを紡いでいきます。歌モノの曲で、歌入れをする前のベーシック・トラックを聴いているような感覚。嫌味の無いとてもシンプルな音づくり。
ブラス・セクションの入ったラテン系の曲もありますが、温度は低め、クワイエット・ストーミーなティンバレス・ソロとなっております。暑苦しくて眠れぬ夜にオススメしたい一枚。


Andy Narell (Steel Pans,Acoustic Piano,Keyboads)
Steve Erquiga (Electric and Acoustic Guitars)
Keith Jones (Bass)
Paul van Wageningen (Drums)

Luis Conte (Percussion)
Karl Perazzo (Congas,Percussion)
Jeff Narell (Congas)
Bill Ortiz (Trumpet,Flugelhorn)
Marc Baum (Alto sax,Tenor sax)
Dan Reagan (Tromborn)
Kit Walker (Synthesizer Programming)


01. Heads or Tails
02. Llittle Secrets
03. We Kinda Music
04. Chamcha's Cha Cha
05. Armchair Psychology
06. Don't Look Back
07. The Songlines


アンディ・ナレルの最近の作品はコチラで試聴できます。
マイク・スターン参加の「TATOOM」が良さそう。
スポンサーサイト
528:アンディ・ナレル
アンディ・ナレルのパンの演奏、いいですね。

80年代後半に、貞夫さんのブラバスクラブでの来日が
きっかけで、彼の名前を知りました。

スティール・パンといえば、
ルーツは、トリニダードあたりだと思うんですが、
彼のプレイは、良い意味でのネイティヴさはあるんですが、
それ以上に、都会的でクールな響きもあって、
カッコイイと思います。

確か、ナレルの出身は、NYなんですよね。
てっきり、活動の拠点であるサンフランシスコとかの西海岸とか
マイアミとかの南部とか、その辺かと思ってました。

都会的な雰囲気を感じるのは、
NY出身ということも関係してるのかもしれません。

ここでご紹介されてる作品は未聴ですが、
「ヒップポケット」時代では、
85年の「スロー・モーション」という作品が好きでした。

こちらの記事をきっかけに、
久々にアンディの作品を聴いてみることにしますね。
529:NEWYORKER
T様、コメントありがとうございます。
アンディ・ナレルはNY生まれなんですね。
なるほど、都会的な雰囲気がサウンドに現れています。
ヒップポケット時代のナレル作品を自分はコレしか持っていないので、「スロー・モーション」など他のアルバムも集めていきたいです。
530:スティール・パン
スティール・パンの音色は良いですねぇ。

ジャズやフュージョンにおけるプレイヤーは、アンディ・ナレルをはじめ、スパイロ・ジャイラの「モーニング・ダンス」でおなじみのデイヴ・サミュエルズや、名盤「ワインライト」に入っているロバート・グリニッジなど、数えるほどしかいませんよね。

それぞれに個性があって、私は全部好きです。
なかでも、ロバート・グリニッジはラルフ・マクドナルドのバンドのライヴを生で観た時に、ソロで「スターダスト」を演奏してくれたのが強烈に印象に残っています。

スティール・パンというと「カリブ海の燦々と降り注ぐ太陽」というイメージでしたが、「カリブ海の星空」にもぴったりだということがわかって、感動してしまいました。

再び、生でスティール・パンの演奏を聴きたいと、チャンスを狙っているところです。
531:「モーニング・ダンス」
Apollo様、コメントありがとうございます。
スティール・パンといえばやはり「モーニング・ダンス」が頭に浮かびます。
あのアルバムの冒頭のパンによるメロディですよね。
「ワインライト」にも入っていましたっけ。今から聴いてみます。
これからは暑い日が多くなるので、スティール・パンのサウンドでクール・ダウンしようと思います。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。