milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mind Transplant / Alphonse Mouzon

2009.05.23 (Sat)
ウェザー・リポートの初代ドラマー、アルフォンス・ムザーンがブルーノートから発売したバリバリのジャズ・ロックアルバム(1974年)。

Alphonse Mouzon (Drums,ARP2600 Synthesizer,Fender Rhodes)
Tommy Bolin (Guitar)
Jay Graydon (Guitar,ARP2600 Synthesizer Programming)
Lee Ritenour (Guitar)
Jerry Peters (Fender Rhodes,Hammond B-3 Organ)
Henry Davis (Bass)


トミー・ボーリン、ジェイ・グレイドン、リー・リトナーが参加という超豪華盤。
ブルーノートなのに1曲目からツーバスがドコドコのハード・ロック。
ドラマーのリーダー作であるが、ギタリスト達があまりにスゴイためギター・アルバム的な色彩が強い。

中でも注目は、後にリッチーの後任としてDEEP PURPLEに加入することになるトミー・ボーリンのプレイ。
トミー・ボーリンといえば、ジェフ・ポーカロやデイヴィッド・フォスターが参加している「TEASER」やビリー・コブハムの「SPECTRUM」での強力なギターが印象深い。

Bolin.jpg

そして、このアルバム。
「03. Carbon Dioxide」のトミー・ボーリン。痺れる~
後半の2曲でもボーリンのソロが聴けるが、やはりこの3曲目が強烈。
変拍子(9拍子?)にチェンジしてからのギター・ソロが素晴らしい。曲・アレンジも超クールです。

4曲目「Ascorbic Acid」でのジェイ・グレイドンとリー・リトナーのソロの掛け合い、ツインリードのハモリもアルバムのハイライト。 5曲目以降はファンキーでメロウ系の曲が続く。
とにかく文句無しでカッコいいアルバム。前半は特に必聴!
トミー・ボーリン最高!!

----------------------------------------


01. Mind Transplant
Soloist: Alphonse Mouzon

02. Snow Bound

03. Carbon Dioxide
Soloist: Tommy Bollin,Jerry Peters

04. Ascorbic Acid
Soloist: Jay Graydon & Lee Ritenour

05. Happiness Is Loving You
Soloist: Lee Ritenour

06. Some Of The Things People Do
Soloist: Lee Ritenour

07. Golden Rainbows
Soloist: Tommy Bolin

08. Nitroglycerin
Soloist:Tommy Bolin

...
スポンサーサイト

コメント

名盤!
お邪魔します。

ご無沙汰しております。
私的には「超」が付く愛聴盤です(笑)。今、このアルバム聴いていますが、やはり素直に「かっこいい!」ですネ。素晴らしいミュージシャンの若かりし頃の溌剌としたプレイがたまらなく刺激的です。発表が1974年・・・その当時これだけのサウンドを・・・いやはや凄いの一言!
コメントありがとうございます。
FUSION様、素晴らしいアルバムを教えていただき、ありがとうございます。
以前いただいたコメントの中でこの盤の事を言っておられて、気になっておりました。
発売から35年、いいものはいつまでも残るんですね。
ご無沙汰してました
お久しぶりです(笑)
>後にリッチーの後任としてDEEP PURPLEに加入することになる
>トミー・ボーリン
それは知りませんでした。ご紹介のアルバム全部欲しいです。
まじで買おうかな

ところで、唐突ですが先月結婚しました。
BARさんにはお知らせしとこうと思いまして
ご結婚おめでとうございます!
タカ様、電撃すぎておどろきます。
先月ということは、ようやく新生活にも落ち着かれた頃ですね。
何はともあれ、おめでとうございます。末永くお幸せに!
あちらのブログでの電撃発表は無しですか(笑)

トミーボーリンの2枚「Mind Transplant」と「Teaser」 、まじでオススメですよ。
大好きです!
タイトルは、milkybarさんに対して告白してるワケじゃありません。

私も、トミー・ボーリン大好きです。
「Teaser」のCDが発売された時に、初めて彼のことを知ったんですが、買ってみて正解でした。今では、お気に入りの一枚です。

アルフォンス・ムーザンとビリー・コブハムのアルバムは、存在は知ってたんですが、まだ聴いていません。彼らの他のアルバムは持ってるんですけどね。
是非、近いうちに「トミー・ボーリン入り」の作品を聴いてみようと思ってます。

ところで、訪問してくれる人のレスポンスが分かりやすいのと、簡単な日記のように書ける理由で、ブログを立ち上げました。
まだまだこれからですが、milkybarさんも、是非お立ち寄りください。よろしくです。
http://ameblo.jp/rocknluck/
コメントありがとうございます。
Apollo様、ブログを立ち上げられましたか。
早速お邪魔に伺いますので、よろしくお願いします。
「Teaser」をお持ちなんですね。私も大のお気に入りです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。