milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Manhattan Express / Mike Mainieri (LD)

2009.02.07 (Sat)
前回に引き続き、“さよならレーザー・ディスク特集”の第2弾。
Mike Mainieri Quintetが1981年12月にSeventh Avenue Southで行ったライヴ映像作品「Manhattan Express」。
1982年発売のレーザー・ディスクで、A面2曲、B面2曲の計4曲収録。イメージ・ビデオのようなジャケットだが、中身はバリバリのライヴ映像。

メンバーは、
Mike Mainieri (Vibraphone)
Warren Bernhardt (Piano,Synthesizer)
Bob Mintzer (Tenor Saxophone,Bass Clarinet)
Eddie Gomez (Bass)
Omar Hakim (Drums)

以前紹介した96年発売のCD、 「Live at Seventh Avenue South / Mike Mainieri Quintet」の映像版。CDとは各曲の長さが違うので別の日の収録か。
初期のレーザー・ディスクということで画面のノイズはあるものの、演奏の方は圧倒的。特に注目はウェザー・リポート加入前のオマー・ハキム(当時22歳)。若さがほとばしっている。

この時期のマイニエリはセヴンス・アヴェニュー・サウスを拠点にアコースティックなものと、エレクトリック・サウンドのバンドを平行して行っていた。

・81年2月 エレクトリックな指向のソロ・アルバム「Wanderlust」録音
・81年9月 ステップス名義のアコースティックなライヴ盤「Paradox」収録
・81年12月 本作品

特にマーカス・ミラーを擁したエレクトリックなグループは大注目。「Wanderlust」のカッコよさは一連のマイニエリ作品の中では群を抜いているし、マイケル・ブレッカーとマーカス・ミラーが参加しているモントルーのライヴがYouTubeでも見れる。ドラムがリッキー・ロウソン(涙モノ)

YouTube - Mike Mainieri Band Flying Colours


で、このManhattan Express(Mike Mainieri Quintet)は、サウンド的に「Wanderlust」と六本木ピット・インでの伝説のライヴ「Smokin' in The Pit」との中間どころと言えるだろう。ベースがエディ・ゴメスということもあり、「Wanderlust」の曲をアコースティック風に演奏した感じか。

Smokin'~収録の“Tee Bag”でのガッドとオマーの聴き比べやウォーレン・バーンハートの激しいピアノプレイなど見どころが多い。“Flying Colours”のオマーとバーンハートはとにかくスゴイ。必見!
もちろん未DVD化、この映像はYouTubeとかには上がっていないようなのでLDを買うしかなさそうです(笑)

-----------------------------

Side1.
chapter1. Tee Bag
chapter2. Flying Colours

Side2.
chapter3. Crossed Wires
chapter4. Bamboo

収録:1981年12月21日、ニューヨーク“セヴンス・アヴェニュー・サウス”

ManhattanExpress.jpg

スポンサーサイト

コメント

CDと映像でバージョンが違うとは知りませんでした。てっきり同じモノかと。これもDVDで出して欲しいですねえ。昔見た時に相当の衝撃だったので、また見てみたいもんです。
私も猫ケーキさん同様、
マイニエリのプライベートレーベル「NYC」から
出てるCDと同じ演奏かと思ってました。

この映像ですが、
無名のブートまがいのレーベルから
他の本作とは無関係の作品と抱き合わせた形で
一応、DVDにはなっています。
HMVなんかでも売られてたものなんで、
完全なブートではないんでしょうが、
権利関係的には極めてグレーなものだと思います。

アルバム「ワンダーラスト」で、
マーカスがスラップで演ってた楽曲を
ゴメスがコントラバスで、グルーヴさせてたのには
驚きました。
コメントありがとうございます!
>猫ケーキ様、T様
コメント&情報ありがとうございます。

改めてCDとLDを聴いてみた結果、同じ日の演奏ということがわかりました。ただ、CDのほうは各人のソロが大幅にカット編集されており収録時間が短くなっていますね。
“Flying Colours”ではBob Mintzerのバスクラソロが全カットされてました。

激レアだと思っていたんですがDVDが出ていたんですね。チェック漏れでした(笑)
LDとCDのコンテンツの比較の件の情報、
ありがとうございました。
なるほど、CDは編集されてたんですか。
LPの時代じゃないんだから、
収録時間の問題でもなさそうですし、
何でこんなことわざわざやったんでしょう?
演奏者が出来を気にして、
編集するように頼みこんだんでしょうか?

DVD化の件ですが、
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1948848
これかと思っていましたが、
ロケーションが「ヴィレッジ・ヴァンガード」に
なってましたんで、別ソースということでしょうか。

ちらっと見た時には、
ご紹介されてるLDと同じように見えたんですが。。。

何はともあれ、紛らわしい情報を書き込んでしまいまして、申し訳ありませんでした。

このDVDの件ですが
>T様
ちょっと調べてみたところ、このDVDのマイニエリのライヴはどうやら“ヴィレッジ・ヴァンガード”ではなくて“セヴンス・アヴェニュー・サウス”のものらしいです。
Tさんの仰るとおりLDと同じソースのようですね。リッチー・コールはヴァンガードなんでしょうか。
実際に見てみないと何とも言えないですが、紛らわしい話です。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。