JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGAIN AND AGAIN / CHICK COREA

しばらく入手困難となっていたチック・コリアの1982年の作品が、「ワーナー・ジャズ紙ジャケットSHM-CDコレクション」として国内初CD化された。

チック・コリア(key)
スティーヴ・クジャラ(fl,ss,ts)
カルロス・ベナヴェンテ(b)
ドン・アライアス(perc)
トム・ブレックライン(ds)

南アフリカでのツアー中、ヨハネスブルグの放送局スタジオでのセッションをレコーディングしたもの。この隠れ名盤、カセットテープで所有していたがいつの間にか行方不明になり、今回の再発を心待ちにしていた。
この時期のチックは多様な試みを行っていた頃で、前年にはブレッカーとの「スリー・カルテッツ」、ピアノ・トリオによるフリー&モンク集の「トリオ・ミュージック」、この「アゲイン・アンド・アゲイン」のツアー後には、クラシック界の巨匠フリードリッヒ・グルダとの共演盤「ザ・ミーティング」を残している。

Three Quartets (1981年1月)
Trio Music (1981年11月)
Again & Again (1982年3月)
The Meeting(with Frederich Gulda) (1982年6月)

そんな何でもアリのこの時期の本作、実に良い。
春の南アフリカツアー中の録音ということもあってか、とてもリラックスした雰囲気で心地よい春の風を感じさせてくれる。やはりスティーヴ・クジャラのフルートの存在が大きい。
今回の再発にあたり、このアルバムの紹介記事で、“第1期リターン・トゥ・フォーエヴァーを彷彿とさせるサウンド”というのがある。チックのエレピ、フルート、パーカッション。確かにこのグループのフォーマットは“カモメ”と共通している。そういう視点でこのアルバムを聴いたことは無かったが、言われてみればそうかも。改めてカモメと聴き比べてみるのもいいかもしれないですね。
(やはりカモメとは違う気がする。。。温度が2~3度はこちらが高い。春だからコッチは。)

個人的な思い入れとしては、Tap Step (1980年) にも参加していたトム・ブレックラインのドラム。
軽いタッチでセンスの固まりの様なプレイ、特に1曲目「クインテット#3」は必聴。これが今回のCD化で1番聴きたかった曲。改めて聴いてカッコ良さにしびれます。
チックのエレピ、クジャラのフルート&サックスが堪能できる。肌寒い年の瀬、かなり暖かい気持ちになれそうなアルバムです。

----------------------------------

01. Quintet, No. 3
実にチックらしいラテン・ナンバー。
ドン・アライアス&トム・ブレックラインが超カッコイイ!ボトムを支える カルロス・ベナヴェンテのベースもノリノリ。スティーヴ・クジャラの激しいフルート・ソロの後に続くチックのエレピ・ソロがこれまた絶品。
そして、トム・ブレックラインの優雅なドラム・ソロ→ドン・アライアスのコンガ・ソロへ。メンバー5人が一体となった大名演。

02. Waltze
フルートがテーマをとる軽やかで優雅な雰囲気のワルツ。
エレクトリック・バンドの「シルバー・テンプル」で同じようなチックのエレピ・ソロが聴けます。
クジャラのフルートソロが素晴らしいです!

03. Again and Again
爽やかな春の陽気を思わせるボサノヴァ。
チックのエレピソロが最高!クジャラのフルートは楽園の鳥のさえずりの様です。
マニアックなネタとして、デイヴ・ウエックルの教則本(コンテンポラリードラマー+ワン)でこの曲が4ビートにアレンジされたものが収録されておりました。

04. 1-2-1234
一転してモーダルな4ビート。このバンドの実力がうかがい知れるスリリングなナンバー。
ドン・アライアスのコンガをベースにクジャラのサックス。ウェザー・リポートを彷彿とさせる。

05. Diddle Diddle
マイルス風のファンク(笑)
ドラム・パターン、所々に顔を出すキメがマイルスしております。
後半チックとクジャラのソロの掛け合い以降、バンド全員がスパークします。

06. Twang
当時のチックの冒険的な何でもアリ状態を現していると言えそうな実験的なナンバー。
ライナーによるとチックは、“この曲は、あまり録音したくなかった”ようだが、バンドの一体感はすさまじい。


「お気に入り度」 ★★★★★


# スティーヴ・クジャラの名演が光るアルバム。
# SHM-CDはもう少し安くなれば購買意欲もわくのだが。。。

スポンサーサイト
474:
milkybarさんの以前の記事で本作のCD化を知って、
ついにこの日が来たかー、と思っていました。

やはりクジャラの演奏がポイント高いですよね。
あとブレックラインのドラムも、チックの音楽と
すごく相性良い様な気がします。

それにしてもこの時期のチックは、名盤を沢山
残して実にクリエイティブでしたね!
475:コメント&TBありがとうございます。
今回の再発は実に良かったです。この冬1番のヒット!でした。
クジャラのサックスも久しぶりに聴けたし、ブレックラインのドラムも改めて感動しました。
476:こんばんは!
なかなか良さそうなアルバムですね。
実は「チック・コリア」は殆ど聴いていませんが、
このアルバムはチェックしようと思いました。
でも財布の中身が・・・。
今年も本当にお世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
良いお歳をお迎え下さい。
477:コメントありがとうございます!
Musicman様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
このアルバムぜひ聴いてみてください!

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

チック・コリア/アゲイン・アンド・アゲイン

大分前にmilkybar音盤絵巻さんのブログを読んでいたら、チック・コリアの80年代名盤、「アゲイン・アンド・アゲイン」が国内CD化されるとの情報...
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。