JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラム部屋

V-Drums

我が家のピアノ室兼ドラム部屋。
RolandのV-Drums「TD-20」と「Miles Davis And The Modern Jazz Giants」。
1954年のクリスマス・イブの出来事、マイルスとモンクのいわゆる“伝説のケンカセッション”に思いをはせながら夜毎ドカスカやっております。(このセッションの謎については12月号のスイング・ジャーナルで詳しく解説されておりますのでご一読ください。)

そして、ここのところ練習しているのが“ルパン三世のテーマ’78”。大野雄二さん作曲のカッコイイキメが随所に出てくるあの名曲。
リットー・ミュージックの教則本「はじめてのビック・バンド[ドラム編]」のマイナスワンCDを教材に。CDプレーヤーからTD-20にMIX-IN、ヘッドホンからはCDの音と自分の叩くドラムの音が混ざってモニター出来るので、気持ち良くプレイ出来ます。

プロのミュージシャンとセッションしている気分が味わえる全13曲入り。ドラムレスのCDと、この教則本の著者である坂田稔先生の模範演奏入りCDも付属。模範演奏のCDを聴くとかなり凹みますが、そんな事は深く考えず自分のやりたいようにドカスカ叩くのが良いかと(笑)。酒を飲んだ後に叩くのが最高です。

ルパン三世のテーマ’78


スポンサーサイト
470:ふーじこちゃぁん
ルパンいいですね。レンタルでCD借りてきて
歴代のOP、エンディング曲を編集してテープで
聴いてました。キメがいかしてます。
タイトルのパチパチ(タイプ音)を耳にすると
4号機の想い出が…(笑)
471:俺の名はルパン三世
さり様、コメントありがとうございます。
やはり、タイプライター予告は体が覚えているんですね(笑)
ルパン三世のテーマ’78と言えば銭形のBIG中ですからね。そしてタイプ予告が出た日にゃあ・・・
栄光の4号機時代がよみがえりますね。
472:
V-DRUM、壮観ですね!
音楽部屋うらやましいです(涎)
473:音楽部屋
猫ケーキ様、コメントありがとうございます。
中途半端な防音仕様の部屋ですが、地代も安い田舎なので出来たようなものです。
眠れない夜に家族に気兼ねなくチョコっと叩けたりするのはとても良いですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。