JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michel Camilo / Michel Camilo

先週1週間、NHK-BShiで「東京JAZZ2008」の模様を放送していた。月曜から5日間連続で放送されていたけれども、開始時刻が何れも午後11時40分~翌午前1時09分ということで睡魔との闘いだった。録画して後で見れば良いのだろうが、我が家にはHDDレコーダーが無い。よって起きて見るしかない(泣)
結局、日野皓正とサンボーンの出演した1日目と上原ひろみ、ミシェル・カミロの3日目しか見れなかった。最終日のFOURPLAY and David Sanbornは絶対見たかったけど、オヤジですから睡魔には勝てなかったです。
総集編が放送される土曜日の夜も寝てしまった。次の日休みなのに、いつの間にか寝てるからなー。
10月の頭に再放送があるのでそれに賭けます。(再放送はさらに放送開始時刻が遅いので多分寝るだろうけど。。。)

そんな感じで、今回の「東京JAZZ2008」に出演していたミシェル・カミロ・トリオの1988年のアルバム「ミシェル・カミロ」について今日は書きたいと思います。
ミシェル・カミロは84年にフレンチ・トーストに参加、85年に日本のキングレコードからリーダー・アルバム「Why Not?」デビュー。88年にCBSソニーに移籍した第1弾がこの作品。ジャズチャートで何週間も1位を独占したベストセラー・アルバム。
フレンチ・トースト時代からカミロのアルバムに参加していたデイヴ・ウエックルの影響でカミロの作品はずっと聴いていた。ミシェル・カミロ・トリオは年月を経るごとにいろいろメンバーが替わっているけれども、やはり最強トリオはカミロ、アンソニー・ジャクソン、デイヴ・ウエックルの時代。この3人による93年の「ランデブー」か今回の「ミシェル・カミロ」か迷いつつ名曲が数多く収録されているコッチを選んだ。

メンバーは、リズムセクションが2組。(01.~04.)
Dave Weckl(Ds)
Marc Johnson(B)
マーク・ジョンソンとウエックルの組合せも珍しい。

もう1つが、(06.07.09.)
Lincoln Goines(B)
Joel Rosenblatt(Ds)

そして、本作の目玉がモンゴ・サンタマリア(コンガ)とカミロのデュオによる「ブルー・ボッサ」(08.)
これは必聴!

疾走感、きらびやかな美しさ、静寂、哀愁。全てが詰まっている名盤です。
カミロの超絶技巧は当然として、ウエックルがスゴイ。

---------------------------------------

01. Suite Sandrine Part 1
実にカミロらしい疾走感あふれるナンバー。冒頭の“ダッ”という全員のキメが肝。
恐ろしいほど高速なフレーズのピアノ・ソロに続き、超長いキメのブリッジからドラム・ソロ→ピアノとドラムの4バースのソロ交換へと。恐るべしカッコよさ。
このドラム・ソロを完コピした譜面が載っているドラム教則本が91年頃発売されていた。(龍吟社/リズム・エコーズのコンテンポラリー・ドラム・テクニック《グレード別パターン&ソロ・フレーズ》 編著者:立岩潤三)
↓↓コレ↓↓
クリックで拡大
この教則本、載ってる曲が、
○チック・コリア・エレクトリック・バンドの「City Gate ~Rumble」
○ビル・コナーズ「Step It」
○ビル・ブラッフォード、アースワークスから「My Heart Declares Holiday」
○ザッパ・イン・ニューヨークから「Black Page#2」等
のドラムソロ譜(しかも完コピ)。
フュージョン系が好きなドラマーの方はわかるだろうけど、選曲からしてとてつもなくマニアックな一冊(笑)。恐らく絶版でしょうけど見つけたら即買い!
クリックで拡大!

02. Nostalgia
激しいインタープレイの後に美しいバラード。
きらびやかにフレーズを散りばめるバラードもカミロの真骨頂。タイトルどおりノスタルジックな演奏。

03. Dreamlight
マーク・ジョンソンの弾くベースフレーズが印象的なスローファンク系。
カミロのフレーズに触発されるように自由に繰り出されるウエックルの手数が華やか。清涼感と激しさが共存している美しい曲。

04. Crossroads
切れ味鋭いキメから高速4ビートへ。
どれだけ速いフレーズでもよどみなく弾ききるカミロ。一点の曇りも無いとはこういう事か。

05. Sunset (Interlude/ Suite Sandrine)
ピアノソロ。
たたみかける様なラテンナンバーでの超絶技巧もカミロの魅力だが、こういうクラシカルなバラードをとてつもなく美しく弾くからカミロは人気があるのだろう。
心が洗われるようなピアノだ。

06. Yarey
ここからリズム・セクションがチェンジ。
若いリズム・セクションだが枯れてるところがおもしろい。

07. Pra Voce(For Tania Maria)
“タニア・マリアに捧ぐ”と題された軽快なラテン・ナンバー。
84年、カーネギーホールでのタニア・マリアとの競演からカミロの新しい歴史が始まった。

08. Blue Bossa
モンゴ・サンタマリア(コンガ)とのデュオ。この8曲目から次の9曲目への流れが超カッコイイ。
この2曲はクセになります。
この曲でのカミロのドライブ感は必聴。

09. Caribe
カミロの代表作にして壮大なラテン叙事詩と言える名曲。
リズムセクションも一体になって昇りつめて行く様は圧巻。


「お気に入り度」 ★★★★★

# 肌寒いこれからの季節に聴くとアツくなれるのは確実。
# ブルーレイレコーダーが欲しい。。。

スポンサーサイト
437:
カミロがフレンチトーストにいたというのは、実は知りませんでした。ウェックルは、この頃から注目されだしたんでしたっけ?

ドラムソロは、演奏するのもすごいけれど、完コピする人もエラいですね。と、馬鹿丸だしのコメントですみませんです。
440:フレンチトースト
猫ケーキ様、コメントありがとうございます。
ウエックルがまだ学生の頃の作品ですね。ゲストにスティーヴ・ガッドが呼ばれているあたり、ウエックルの扱いが小さいように感じます。
日本製作のアルバムですが、ガッドがいないと売れないと判断したんでしょうか。とりあえずガッドは超カッコイイソロを叩いてます。

マニアックな教則本が最近は少ないですね・・・

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。