JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE ALIVE (absolutely) / PRISM

どうしても聴きたかったプリズムのワーナー時代のライヴ盤「ライヴ・アライヴ(アブソリュートリー)」をようやく入手!
このライヴ盤の直前(同年)に発売されたスタジオ盤「COMMUNITY ILLUSION」を入手したのがちょうど1年前で、うれしくてブログにも書いていた。

ワーナー、アルファムーン時代のプリズムの5枚(下記)だけはどうしても入手しておきたいアルバムで、今回LIVE ALIVE(absolutely)をゲットし、残るは「VISIONS」と「∞(永久機関)」となったが、この2枚も相当に入手困難。
「永久機関」はごく稀にヤフオクに出品されるも高嶺の花で手が出ず。「VISIONS」に到っては最近見かけたことも無い。1年に1枚のペースで入手出来ているので、来年の今頃までに何とかどちらかでも手にしたいところだが。。。

SURPRISE(1980)
COMMUNITY ILLUSION(1981)
LIVE ALIVE(absolutely)(1981)
VISIONS(1982)
∞(永久機関)(1983)

そして、この「ライヴ・アライヴ(アブソリュートリー)」。聴く前からいろいろ想像していたが、実際聴いてみて想像以上の素晴らしさに感動!
「COMMUNITY ILLUSION」の世界感が好きな自分には、今のところこれが“プリズムの最高傑作”ではないかと思えるほどだ。とても当時20代の若者達が出してる音とは思えない。

和田アキラ(Guitar)
渡辺建(Bass)
青山純(Drums)
中村哲(Keyboads)


01. From The Beginnings (Satoshi Nakamura)
「COMMUNITY ILLUSION」のラストに入っていたバラードで静かに幕が上がる。
建さんのフレットレス・ベースによるテーマが泣ける。
ギター・ソロの導入部でオーディエンスの歓声が。(ここでステージに照明が入ったのかも)
「アキラ~!」の声。

02. Memories Of You (Ken Watanabe)
そしてそのまま「メモリーズ・オブ・ユー」へ。
中村哲さんのシンセが荘厳かつきらびやかに。
ギターが入ってくる泣きの部分は鳥肌モノ。まぎれもないレスポールの音が最高!
このライヴではアキラさんが全てギブソンのレスポールを使用しているところがミソ。

03. Memory Of The Moment (Akira Wada)
プリズムの中でベスト3に入るであろう名曲。(と思っている)
特にギター・ソロでリズムアレンジが変化する部分のカッコ良さは尋常ではない。
そしてこのライヴ、スタジオ盤をはるかに凌ぐ盛り上がり。ギター・ソロかっけー!
オーディエンスも大歓声。

04. Community Illusion (Satoshi Nakamura)
イントロがライヴならではのアレンジ。宇宙的なシンセにギターのヴァイオリン奏法?が絡む。
中村哲さんならでは世界感による「Community Illusion」のタイトルナンバー。
この曲もアキラさんのギター・ソロが超カッコイイ!やばすぎ。
ベース・ソロ、キーボード・ソロをはさんでテーマへ戻る。そして荘厳なリフレインへ。
ここでの主役は青純さんのドラム。スタジオ盤も凄かったが、このライヴも超強力。
重くどっしりとした音色の正確なフィルは必聴!

05. Upside Down (Ken Watanabe)
この曲がこのライヴで1番聴きたかった曲。
ライヴでの青純さんの「Upside Down」がどうしても聴きたかった。
そして実際に聴いてみて、「どうしたらこんなドラムが叩けるんだろう?」という驚異のプレイ。
スタジオ盤「Surprise」のヴァージョンをはるかに凌駕しています。
こんなドラマーは今後も絶対に現れないと思う。

06. Space Shuffle (Akira Wada)
そして、「Upside Down」の興奮も冷めやらぬうちに高速の「スペース・シャッフル」へ雪崩れ込む。
この曲もアキラさんのレスポールがキレまくり。


「お気に入り度」 ★★★★★

# いやー、もの凄いライヴ盤ですこれは。
# インナーにある渡辺建さん直筆の絵(メンバー4人の詳細な機材リスト&セッティング図)が超秀逸です!
スポンサーサイト
405:やはり素晴らしいライヴ盤です
お邪魔します。
やっと私がコメントできそう記事が・・・(笑)
ついに入手されたのですネ。おめでとう御座います。本当に素晴らしいアルバムですね。今聴きながらコメント書いていますが、テンションの高い熱く演奏はやはり何時聴いても秀逸だと思います。因みに、このアルバムについて和田さん本人が「PRISM-BBS」で解説されています。下記のアドレスから「ALIVE」のキーワードで検索してみて下さい。
http://www.prismjapan.com/bbs.html
因みに、そこには載っていませんが・・・このアルバム、演奏は松本で、観客の声援は芝郵便貯金会館・・・だそうです(笑)
永久機関・・・私も実はCD持っていません(汗)。LPなら直ぐ手に入るのですが・・・聴きたいですネ。
長文にて失礼しました。
406:
FUSION様、コメントありがとうございます。
「PRISM-BBS」にはいろいろな詳しい情報が載っていますね。アキラさん他メンバーの方も書き込まれているアットホームなBBSですね。

これを読むと、このライヴは前半6曲部分の音源という説もあるようですね。
「From The Beginnings」は最初の部分がSEなんですか。観客も合成とは。。。

いずれにしても私にとっては素晴らしいライヴ盤であることには違いないです。
貴重な情報ありがとうございました。
407:謎・・・
お邪魔致します。
実はこの松本でのライブを友人が観に行ってます。私は何と!残念なことに当日行けなかったのです・・・。でも友人たちも若かったのと、松本ではそれほどの人気でもなかったこともあって楽屋に強引に押しかけ、私の分も含めてサインを貰ってきてくれました。今手元にそれがあるのですが、『Pearl Drs.萬作』とありますので、木村萬作さんがドラムだった?と言うことはこの時のライヴとCDのライブは違うと言うことになるのでしょうか・・・。はっきりとした年月を覚えていないので何ともなんですが・・・。松本で何年か連続でライヴをしたと言う記憶もあまりないですし・・・。ちょっと謎です。
408:
ayuki様、コメントありがとうございます。
このCDのドラムは間違いなく青山純さんの音ですが、万作さんも同時期に参加してた可能性もあるんでしょうね。たまたまこのライヴ盤は青純さんだったと。。。
なかなか興味深いお話ですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。