JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狂熱のライヴ」Special Edition / LED ZEPPELIN (DVD)

レッド・ツェッペリンのライヴ盤「永遠の詩」が未発表だった6曲を追加・リマスタリングされ「永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤」として発売された。同じく映画「狂熱のライヴ」も未発表映像を追加して再発。このDVDはその映画版の方。
店頭で見かけて思わず買ってしまった。税込み3,980円也。
うほっ。安い!と思っていたが、家に帰って調べてみるとamazonで2,945円で売られてた。(いきなり1,000円超の値引きかよ!)

もう何回もビデオで見てる映像だが、最強盤との同時発売なので多分最後だと思って買った。
最初に見たのは大学生の頃、友人宅で見せて貰った。当時このビデオは17,000円近くしてたはず。ビデオデッキも10万円してた時代。高嶺の花もいいとこ。
それが今では“にーきゅっぱ”ですからね。有り難味が違う。

「永遠の詩」は長らくレッド・ツェッペリン唯一のライヴ盤とされていたし、ライヴ映像もこれしか知らなかった。いろいろ編集されているなんてことを知ったのも随分後の事で、これが全てでした。ライヴ映像の間に挿入されている評判の悪い“ファンタジー映像”もむしろカッコイイと思っていた(笑)

改めてこのスペシャル・エディションを見る。ドラムの音がいい。ボンゾの叩くパイステのシンバルの音がクリアに聴こえる。ギターも前に出ている感じ。
注目は特典映像をまとめた [DISC-2]ということになるだろうが、高嶺の花のビデオ世代とすればやはり本編が重要。

[DISC-2]の最後、キャメロン・クロウのラジオ・ショーで語られているように、当時のツェッペリンはライヴの開催が発表される何ヶ月も前からチケットが売切れてしまっていたという。
「プラチナ・チケットを入手するために極端な努力が必要とされるという事実は、大半のファンだけでなく、バンドにとってももどかしかった。」とある。

これは“史上最高のバンドの最も有名なドキュメンタリーロック映画”にして、ツェッペリンから世界中のロック少年少女達に贈られた最高のクリスマス・プレゼントだったのだ。
そういった意味をかみ締めつつ2,945円で買って見て欲しいライヴ。

監督:ピーター・クリフトン/ジョー・マソット
出演:ジョン・ボーナム/ジョン・ポール・ジョーンズ/ロバート・プラント/ジミー・ペイジ/ピーター・グラント
-----------------------------------

[DISC-1]
01. ROCK AND ROLL
大歓声の中、曲が始まる前にジョン・ボーナムの「OK!Let's Go!」の掛け声からあの黄金のドラム・パターンへ。全ドラマー必聴。
ブレイク部分でバスドラ16分裏打ち技あり。
音が良くなってるから強烈にカッコイイ!痺れる~!!

02. BLACK DOG
この黄金のギターリフ。
聴衆とロバート・プラントの掛け合いも素晴らしい!

03. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
今から思えば、かなり編集されている映像だが、この曲がこのライヴの個人的ベスト。1番繰り返して見た。
とにかくギターとドラム。このテンポで普通ここまで叩けない。アマチュアバンドが適当にコピーしてもこの雰囲気は絶対出せないのだ。
この神がかり的演奏にオーディエンスが陶酔しきってる。

04. NO QUARTER
この曲はジョン・ポール・ジョーンズの幻想シーンを見る曲。
ゆったりとした雰囲気はとても好きだが、ヴォーカルのエフェクト等が気になる。

05. THE SONG REMAIN THE SAME
このイントロ、このドラムパターン、カッコ良すぎる。
次のレインソングが控えているだけによけいに際立つ。

06. THE RAIN SONG
このギターのアルペジオ。。。素晴らしすぎて。。。言葉になりません。
古城でのロバート・プラントの映像も完璧。王子です。
(お姫様が今ひとつだが。。。)
この曲で聴かれるボンゾのクラシカルなプレイも心に染みます。必聴の名演!

07. DAZED AND CONFUSED
まずこのベースラインで幻惑されてください。
長い曲でペイジのギターソロ等 見所はたくさんあるが、やはりエンディングのドラムソロ。
コレ見たらぶっ飛びます。テープの速回し疑惑が浮上したほど。恐るべきプレイです。
(よく見たら速回しに見えなくもないが。。。)

08. STAIRWAY TO HEAVEN
レッド・ツェッペリンの代表曲にしてロック史に燦然と輝く金字塔。これが無いと始まらない。
前半部分、ドラムが入るまでのプラントが素晴らしすぎる。
今回のリマスターでボンゾのハイハットがよりシャープになった。
そしてギターソロへ。。。
大熱狂のオーディエンス。

09. MOBY DICK
まずイントロのドラムパターン。
タカタカ スタッタ ッタッタ タカタ♪ これが強力に渋い。

あとはもう見て貰うしかない。伝説のドラムソロを。
「栄光の130ポンド、ジョン・ボーナム!」

10. HEARTBREAKER
短いけれどもこのリフはカッチョいいです。
ホテルでの18万ドル盗難のシーンが挿入されている。

11. WHOLE LOTTA LOVE
めまぐるしく展開していくこの曲。
やはり一番の肝はスネアの タカタカタカタカッタンタン デデ(ブレイク) チャララ チャラララ ラリラ~(ギター) ですね。


[DISC-2]
01. タンパ・ニュース・レポート
02. Over The Hills and Far Away
03. インタビュー
04. Celebration Day(ラフカット)
05. ホテルでの盗難事件
06. Misty Mountain Hop
07. オリジナル予告編
08. The Ocean
09. キャメロン・クロウのラジオ・ショー(音声のみ)



「お気に入り度」 ★★★★★


# DISC-2の解説は省略させていただきます。
# サントラの「最強盤」も同時購入が基本でしょう。


スポンサーサイト
206:
ヤフー動画でツェッペリンのライブを初めて見て、そのかっこよさに感動してDVDを買おうと思っています。このDVDと「LED ZEPPELIN DVD」のどちらがおすすめですかね?
初めてのコメントでいきなり質問して失礼だとは思いますが、21才のまだまだ未熟な僕のために回答してくれるとうれしいですm(_)m
207:
お邪魔致します。
永遠の詩(狂熱のライヴ)は映画館へ観に行って以来、どうしてもあのROCK AND ROLLのドラムのイントロから全員が入った瞬間に照明がパッと点いた時の感動が忘れられません!無条件にカッコ良いですね。以前この作品が安く販売されていた時に(確か1,000円弱?)買おうかどうしようか悩んで・・・でも買わなくて正解でした。最強盤は是非観て見たいです。
208:
>メガネさん
コメントありがとうございます。
お尋ねの件ですが、最初に購入されるのであれば迷わず「LED ZEPPELIN DVD」でよろしいかと思います。(私は持っていませんが。。。)
「狂熱のライヴ」は“映画”ですので演奏中にイメージ映像が挿入されており、評価の分かれている作品です。昔からのファンには特別な思いがある映像なんですけどね。
一方、「LED ZEPPELIN DVD」はあまり悪い評判は聞きません。「狂熱のライヴ」も含み全時代が満遍なく押さえられている作品です。
参考になりましたでしょうか?

>ayukiさん
コメントありがとうございます。
仰るとおり「ROCK AND ROLL」は曲が始まる前の会場のざわめきや、曲が始まってからの雰囲気が最高ですね。
映像に時代を感じさせる部分はありますが、まぎれもなく青春の1ページです。
209:
ありがとうございます!LED ZEPPELIN DVDを買うことにしました。
昔はビデオって高かったんですね(++;

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ

 再結成で話題の伝説のロックバンド、レッド・ツェッペリン全盛期のライブ模様を収めた映画が再び登場。1973年7月のニューヨーク公演を見れば、このバンドを超えるバンドがいまだいないことを再認識! 本編2時間17分+映像特典50分。発売元ワーナーホームビデ
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。