JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warren Bernhardt Trio / Warren Bernhardt

ステップス・アヘッドのCo-Leaderやスティーリー・ダンのミュージカル・ディレクターも務めたピアニスト、ウォーレン・バーンハート。
彼がDMPレーベルに残した8枚のアルバムの1枚目。邦題は「トリオ '83」。メンバーは、

Warren Bernhardt ( Piano )
Eddie Gomez ( Bass )
Peter Erskine ( Drums )

録音エンジニアのトム・ヤング氏によって1983年に設立されたDMPレーベル。「MITSUBISHI X-80 DIGITAL RECORDER」によるダイレクト・2トラック・デジタル録音を売りにしていた。要するに、マルチトラック録音を行わないスタジオライヴ形式の一発録り。
専門的な事はよくわからないが、ひたすら透きとおった音作りで、限りなく透明に近い白というイメージ。この作品がDMPレーベルの記念すべき第1作目。このトリオと次回作の「HANDS ON」をよく聴いていた。
最初と最後にビル・エヴァンスの曲を配し、ライナーにも“This Recording Is Respectfully Dedicated To The Late Bill Evans”との文字が。
このアルバムでのウォーレン・バーンハートは実にエヴァンスっぽいタッチ。1980年に亡くなったビル・エヴァンスの追悼盤と言える。

ベースはエヴァンストリオに在籍していたエディ・ゴメス、ドラムがステップス・アヘッドでもバーンハートと共演しているピーター・アースキン。申し分無し。
自分の持っているピアノ・トリオのアルバムの中で1番多く聴いてるのがコレ。透明感のある研ぎ澄まされた音を聴いていると頭がすっきりしてきます。

収録曲では、ウエザー・リポートの「A Remark You Made」が目を引く。ジャコのイメージが強いあのテーマ部分をエディ・ゴメスが弾く。この情感あふれるエディ・ゴメスのプレイは必聴モノかと。
DMPレーベルは現在も存在しているのかは不明、この盤も若干入手困難か?

本アルバムに採用されたエヴァンスの2曲が「Fun Ride」と「My Bells」で、何れも『Loose Blues』というアルバムに収録されている曲。
この『Loose Blues』はズート・シムズのテナー、ジム・ホールのギター、ロン・カーターのベースにフィリー・ジョーのドラムという一風変わった?ホーンセクション入りのアルバム。ウォーレン・バーンハートがピアノ・トリオでこの曲を取り上げ、エヴァンスにトリビュートしているのが興味深い。
エヴァンス人気の基本、ピアノ・トリオ形式のいわゆるリバーサイド四部作(「ポートレイト・イン・ジャズ」・「エクスプロレイションズ」・「ワルツ・フォー・デビイ」・「サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード」」からの曲が1曲も無いところがバーンハートのこだわりかも。

秋冬にしっとりと聴く大人のアルバムです。

----------------------------------

01. Fun Ride (Bill Evans)
とにかくピアノの音がキレイ。美しすぎるエヴァンストリビュート。
素晴らしいの一言!

02. Rainbows (Warren Bernhardt)
バーンハートのオリジナルで、これまた美しいバラード。
日本人好みのメロディラインが泣かせます。

03. Anton And George (W.Bernhardt, E.Gomez, P.Erskine)
エディ・ゴメスの弓弾きが特徴的な幻想的なナンバー。トリオ3人による共作。
エヴァンスの深い精神性へのリスペクトを感じさせます。

04. B-Loose Blues (Warren Bernhardt)
スゥインギーなブルース。
このアルバムは最初音が小さいと感じて音量を上げて聴いていると、突然大きくなって驚く。
ダイナミクスレンジが広いということか?
アースキンのソロが小気味良い。

05. A Remark You Made (Joe Zawinul)
ウエザー・リポートの「お前のしるし」
まずエディ・ゴメスの弾くテーマを聴くべし!
バーンハートのピアノも無類の美しさ。この名曲を聴くと、改めてザビヌルの偉大さを感じさせます。

06. Wm. John (Warren Bernhardt)
どこまでも透きとおるようなバラード。
後半リリカルな表情を見せる。

07. New Samba (Warren Bernhardt)
ピーター・アースキンのブラシが心地よいミディアムテンポのサンバ。
この曲のドラムソロをコピーした大学生の頃の譜面が出て来た。(それにしても汚い字)

newsamba.jpg


08. Four Part Improvisation (W.Bernhardt, E.Gomez, P.Erskine)
フリーインプロビゼーション。
前半は浮遊感、中盤は激情、後半はキースジャレットっぽいゴスペル調へ。
気持ちよく寝ていると叩き起こされます。

09. My Bells (Bill Evans)
エヴァンスが晩年も好んでプレイしていたという「My Bells」
ウォーレン・バーンハートのソロで。
このアルバムを気持ちよく聴き終えることが出来ます。


「お気に入り度」 ★★★★★


# エヴァンスへの愛を感じさせる上品なアルバム。
# もう1度このトリオで何か作ってほしい。

スポンサーサイト
188:聴きたいです。
お邪魔します。
そそられるコメントですね。
是非聴きたいです。
トリオの面子も最高ですし。
どこかにないかな~。
189:
bonejiveさん、コメントありがとうございます。
最高の面子ですので是非聴いてみてください!
勝手ながらリンクをさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
190:
>このアルバムでのウォーレン・バーンハート
>は実にエヴァンスっぽいタッチ

このアルバム聴いたことないのですが、
エヴァンスの雰囲気で聴けそうです。
ピアノ・トリオものっていうのは、これから
たくさん聴いていきたいカテゴリーです。
これからシーズンって感じ。
191:
タカさん、コメントありがとうございます。
秋冬はピアノ・トリオを温かい飲み物と一緒に聴くのがいいですよ。
ビル・エヴァンスはこの時期にぴったりですね。
192:
リンクありがとうございます。
私の方でもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
193:
うわー、これ聴いてみたいです。ウエザー・リポートの「A Remark You Made」大好きな曲なんですよ!Bill Evansも最近よく聴いております。
194:
risaさん、コメントありがとうございます。
もしどこかでこのCDを見かけたら聴いてみてください。ビル・エヴァンスの好きな方は気に入っていただけると思います。
「A Remark You Made」がとても美しいです。
返信
195:
これ、無茶苦茶イイですよねぇ~。

マイク・マイニエリ関連の、
「黒子」的存在のイメージが強い
バーンハートですが、
ピアニストとして素晴らしい才能の持ち主で
はっきり言って「過小評価」されてますよね。
もっと、「ジャズピアニスト」として
評価されて然るべきですね。

その中でも、この作品は、
個人的にもベストだと思います。
「お前のしるし」のカバーも
最高です。
ザヴィヌルの書いたメロディーを
ピアノトリオというシンプルな編成
でありながら、創造的に拡張させたような
素晴らしい演奏です。
7曲目の「小粋」なジャズサンバも
楽しいですね。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。
返信
196:
Tさん、コメントありがとうございます。
地味な扱いのピアニストのマイナーなリーダー作品ですが、間違いなく“名盤”ですよね。知る人ぞ知るこのアルバムをご存知ということで、なんだか嬉しいです(笑)

勝手ながらリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
返信
197:
リンクの件、ありがとうございました。

こちらこそ、宜しくお願い致します。

ちなみに当方は1968年の申年です。。。
返信
198:
Tさん、コメントありがとうございます。
私は1967年の未です。
1968年の申年生まれの方ということは、学年でいうと2つ下になりますでしょうか。
何れにしても同世代ということで、よろしくお願いします(笑)
返信

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。