JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYLYN / 渡辺香津美

高校時代、悪魔に魂を売り渡しヘビーメタルの権化と化していた俺様は、大学進学と同時に軽音楽部に入部。大学でも重金属音楽をやるつもりだったが、そこで先輩に聴かされたのがコレだった。多分最初に聴いたFUSION MUSIC。

1曲目の「199X」を聴いたときに心に決めた。悪魔の申し子バンドはもうやめようと(笑)

以来、20年以上経った今でもFUSIONを聴き続けている。
とにかく「199X」と次の「Sonic Boom」のポンタさんのドラムが強烈に印象に残ってる。こんなドラムはそれまで聴いたことがなかったから。この盤をキッカケにテクニカルなドラムに惹かれるようになっていった。

大学1回生の頃(1985年)、当時の上級生の先輩たちは皆KYLYNバンドの洗礼を受けていた。“KYLYN LIVE”に収録の「Inner Wind」とか本作にも収録の「I`ll Be There」とかが大人気で、“Tochika”も含めて香津美ブームだったように思う。自分たち後輩も当然その影響を受けるわけで...

プロデュースは坂本龍一、A面(01.~04.)は香津美色が強く、B面(05.~09.)は教授色が強い。A面はフュージョン、B面はテクノポップと言えるかも。CD化されてからは通しで聴いてしまうが、A面だけ聴いていた時期、B面ばかり聴く時期と、それぞれ偏って聴いていた。

40代になった今、改めて思うに、国内フュージョンの中から好きなアルバムを1枚だけ挙げろと言われればコレを選びます。それだけ思い入れのある作品。

渡辺 香津美 : guitar
坂本 龍一 : keyboards
益田 幹夫 : keyboards
小原 礼 : bass
村上“ポンタ”秀一 : drums
ペッカー : percussion
向井 滋春 : trombone
本多 俊之 : alto/soprano saxophone
清水 靖晃 : tenor saxophone
矢野 顕子 : keyboards, vocal
高橋 ユキヒロ : drums

---------------------------------

01. 199X (Kazumi Watanabe)
FUSION MUSICへの入り口。重金属音楽から軽音楽へ。
このイントロのカッコ良さは尋常では無い。
小原礼さんの4ビートプレイが聴けるのはこの盤だけでは?

02. Sonic Boom (Kazumi Watanabe)
ポンタさんのパリパリしたイントロのドラムソロ。
FUSION MUSICの洗礼です。
益田幹夫さんのローズソロが必聴の名演。

03. Water Ways Flow Backward Again (Akiko Yano)
アッコちゃん(el-p)と教授(ac-p)のデュオ+香津美のアコースティックギター。
このアルバムが名盤たる所以がこの曲の存在。美しすぎる。

04. Milestones (Miles Davis)
KYLYNといえばこの曲。“KYLYN LIVE”でも迫力の演奏が聴ける。
マイルスのオリジナルは当然聴いたことなかったので、これが自分の中での標準。(後でマイルスを聴いたとき、オリジナルの方は何か間の抜けた感じがした。)
向井滋春さんのトロンボーンソロの後、シャリシャリした音の香津美のギターソロが強烈。何百万もすると言われるアレンビックというギターか?
教授のソロ「千のナイフ」のタイトルチューンでの香津美のギターソロがアレンビックを使用。あまり自信はないが、多分このMilestonesのギターソロもアレンビックだと思う。
そして複雑なブリッジの後でテーマに戻る部分で聴ける教授のシンセ。
ビヨビヨビヨビヨ~~
今では絶対に聴くことの出来ないものです。必聴!

05. E-Day Project (Ryuichi Sakamoto)
ここからB面。
視界がぱーっと開けるような、朝日が昇っていくようなイメージの曲。
B面はドラムがユキヒロ氏にチェンジ。A面のテクニカルなフュージョンからポップなB面に変わる。

06. Akasaka Moon (Kazumi Watanabe)
香津美と教授のデュオ。
ここで聴かれる教授のac-pが素晴らしい。香津美のフレットレスベースプレイもあり。

07. Kylyn (Ryuichi Sakamoto)
イントロのギターソロ。伝説の鳥獣、麒麟をイメージしているのか。
これはストラトっぽい音色。
レゲエビート風の曲で、曲中のギターソロもクール系でカッコイイですねー。

08. I'll Be There (Akiko Yano, Ryuichi Sakamoto)
アッコちゃんのヴォーカルあり。KYLYNの大人気ナンバー。
やはりこの曲も香津美のギターソロの素晴らしさが際立っている。
中盤と後半に2回ソロがあるが、後半のソロの最初が特に気に入っている。終盤の男たちによるコーラスはちょっといただけないかな。

09. Mother Terra (Ryuichi Sakamoto)
これはYMOです。ビョーキサウンドでもろ教授の世界。


「お気に入り度」 ★★★★★


# KYLYN LIVEとセットで聴くべしです。
# KYLYNバンドの映像とかあったら盛り上がるだろうなー

紙ジャケリマスター盤が2005年に1000枚限定で発売されたんだけど、まだ入手出来るということは、あまり売れてないのかな。。。

スポンサーサイト
154:
お邪魔します。
超名盤ですネ。ジャパニーズ・フュージョン史的に見ても絶対に外せない一枚ですね。何度聴いた事か・・・。
>KYLYN LIVEとセットで聴くべしです。
そうですね!絶対条件かもしれませんネ(笑)
是のアルバムを機会に私の音楽的な視野を広げてくれた、そんな想いで深いアルバムです。
155:
FUSIONさん、コメントありがとうございます。
「KYLYNは日本音楽シーンに残る“事件”だった。」と熊さんもディスクガイドシリーズに執筆しておられますよね。とにかくスゴイバンドでした。
156:
お邪魔いたします。
名盤です。このメンバーが集まったと言うことが奇跡的なことですね。CDは売れているかどうか解りませんが、コロンビアレコードの”永遠の名盤LPレコード復活シリーズ”に先に発売されている美空ひばりさんらとともにこの作品とトチカがラインナップされるようです。知っている人は知っている・・・やはり国宝的名盤!?
157:
ayukiさん、コメントありがとうございます。
コロンビアレコードも泣かせる企画をやってくれますね。「トチカ」や「千のナイフ」と一緒にラインナップされているようですね。(ちあきなおみも一緒に(笑)

いずれにしても国宝的名盤で間違いなしですね。
158:こんにちは
私も「199X」と「Sonic Boom」が特に好きでした。あのローズソロのジャズっぽい雰囲気に憧れたものです。日本フュージョンの金字塔ですね。
159:
猫ケーキさん、コメントありがとうございます。
やはりあの冒頭の2曲は最高です。完璧に連れて行かれましたから(笑)
自分の中で「フュージョンとは?」の答えがこのアルバムになってます。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。