JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coda / Led Zeppelin

レッド・ツェッペリンが1回限りの「再結成」=11月にコンサート - gooニュース

レッド・ツェッペリンが「再結成」され、ロンドンで11月26日に1回限りのコンサートを行うことが明らかになった。
彼らが契約していた「アトランティック・レコーズ」の創設者で、昨年死去したアーメット・アーティガン会長を追悼して行われる。125ポンド(約3万円)のチケットは争奪戦が予想され、抽選で販売される。

この記事を見て、今週はずっとツェッペリンを聴いている。
ロバート・プラント、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズの3人がそろってコンサートを行うのは19年ぶりということで、インターネットでのチケット申し込みが殺到、注文を受けるサイトがダウンしているとか。
ドラムはジョン・ボーナムの息子のジェイソンが参加。ツェッペリンの代表曲「天国への階段」は3人が揃わないと演奏されない曲とされており、今回のコンサートでは「天国への階段」が聴けるかもしれない。3万円は安い。

今日紹介するのは、自分が初めて聴いたツェッペリンのアルバム「CODA~最終楽章」
ジョン・ボーナムの急逝により1980年12月4日に解散したレッド・ツェッペリンが、解散から2年後の1982年に未発表曲などを集めて発表したジョン・ボーナム追悼盤。
発売当時、自分は高校1年生。この強力なボンゾのタイコに圧倒され、YMO少年からロック少年に移行するキッカケになった自分の中での超重要盤。
アルバムの1曲目「We're Gonna Groove」のドラム譜がドラム・マガジン第2号に載っており、レコードを聴きながら必死で譜面を追っていた。とにかく感動した。

本作は編集段階では「Early Days and Later Days」と仮タイトルが付けられていたぐらいで、A面が初期のツェッペリン、B面が後期のツェッペリンの曲配列。
録音時期がバラバラなのにも拘らず、アルバム全体を通して統一感がある。アウトテイクの寄せ集めとは到底思えないクオリティーの高さ。
この「CODA(最終楽章)」の凄さ、今改めて聴いてみて、高1の時にリアルタイムで聴いていた頃と全く変わらない。ボンゾの死によってツェッペリンは解散という道を選んだわけだけど、誰もボンゾの代わりは出来なかったのは当然のことだろう。コレを聴けばわかる。

Jimmy Page : guitar
Robert Plant : vocals
John Paul Jones : bass
John Bonham : drums

-------------------------------

01. We're Gonna Groove
(1969/06/25 - ロンドン録音)

70年初期のツアーでオープニングを飾っていた曲。ベン・E・キングのオリジナル。
ジミー・ペイジがギターをオーバーダブしている。ロバート・プラントのハイトーンヴォーカル、特徴的な16音符のキメ。
恐ろしくカッコイイ。

02. Poor Tom
(1970/06/05 - ロンドン録音)

「Led Zeppelin III」のアウトテイク。
イントロのドラムパターンですでにボンゾの世界。すごい音圧で、ヘッドフォンで聴くとその凄さを体感出来ます。
悲しい詞の内容と激しいドラムサウンドのギャップが。。。

03. I Can't Quit You Baby
(1970/01/09 - ロンドン、アルバートホールでのライヴ録音)

この曲もボンゾが凄い。このハイハットのズリズリ感。
リマスターされたCDを大音量で聴いたときチビリそうになりました。
エンディングのドラムソロも大迫力。

04. Walter's Walk
(1972/05/15 - イングランド、バークシャー録音)

「聖なる館」のアウトテイク。当時ヴォーカルパートが未完成だったため収録をはずれたとのこと。
ストレートなロックナンバーで、これまたボンゾとジョン・ポール・ジョーンズのリズム隊が気持ちよい。
ジミー・ペイジのリフとボンゾのバスドラで強力なノリを作り出している。

05. Ozone Baby
(1978/11/14 - ストックホルム録音)

ここからB面。後期ツェッペリンの録音が並ぶ。
実質的なツェッペリンのラストアルバム「In Through the Out Door」のアウトテイク。
リアルタイムで聴いていた高校時代はこれが人気№1だった。
やはり時代の流れか曲調がポップになっている。

06. Darlene
(1978/11/16 - ストックホルム録音)

これも「In Through the Out Door」の未収録曲。
ジョン・ポール・ジョーンズのピアノが入っている。
ギターのリフと絡むボンゾのドラム。ハイハットの使い方がカッコイイ!

07. Bonzo's Montreaux
(1976/09/12 - モントゥルー録音)
ジミー・ペイジがボンゾのタイコをベースに様々なエフェクトを施し編集しているドラムソロ曲。
このCODAはボンゾの追悼盤と言われているが、その象徴的な曲であり、ジミー・ペイジのボンゾへの思いが伝わる。

08. Wearing And Tearing
(1978/11/21 - ストックホルム録音)

これも「In Through the Out Door」の未収録曲。
この曲はとんでもなく好き。1曲目の「We're Gonna Groove」と並んで、本作の重要曲と位置付けてます。
突然走りまくるテーマの部分。ロバート・プラントのヴォーカルのみ残る部分。バンドがブレイクしてのギターソロ。全てがしびれまくり。
ツェッペリンの中で1番好きな曲かもしれない。


「お気に入り度」★★★★★



生意気な顔をした奴が、ある日俺のところへやってきて「お前には俺が必要だ」といった。(ロバート・プラント)

ジョンのドラムは特別なものじゃない。誰でも買える市販品であの音を出してたんだ。(ボンゾ使用のドラムメーカー、ウイリアム・ラディック氏)

(ドラムマガジン№28より)



スポンサーサイト
144:タイコ叩く人
>ドラムはジョン・ボーナムの息子のジェイソンが参加。

そうだったんですね!
コンサートのことは知ってましたが、ドラム
どうするんだろうって気になってました。

ボンゾのタイコはmilkybarさんの重要な
ターニングポイントだったんですね。
自分も学生時代、部屋に4人のポスター
貼ってました。モノクロの渋いやつ(笑)

PS そう言えばスティーリー・ダンも
日本回ってたりして、最近いろいろありますね
145:
タカさん、コメントありがとうございます。
昔はレコード買うとタダで好きなポスターが貰えてましたよね。ポスター欲しさにレコードを買ってました。今はポスターすら店に置いてない時代ですが。。。
自分もジミーペイジのポスターを持ってました。

スティーリー・ダンが来日してたんですね。知りませんでした(汗)
146:遺伝子に期待!
お邪魔致します。
レッド・ツェッペリンの再結成の話題、興味深いです。何と言ってもツェッペリンの魅力はジョン・ボーナムさんドラミングとジョン・ポール・ジョーンズさんの淡々としたベースにあると想っています。
ジョン・ボーナムさんが亡くなった段階で誰が変わりに叩いてもあのサウンドは無理だ!と想っていましたが、息子さんなら少しは期待できます。その遺伝子に期待ですね。
ロックン・ロールのイントロのドラムリフは今でも聴くと興奮します。ちなみにどちらかと言うと私はディープ・パープル派なんですが、それでも3万円は安いと思います。
147:
ayukiさん、コメントありがとうございます。
実は私、ジェイソン・ボーナムのプレイを聴いたことがありません(汗)
どんなドラムを叩くんでしょうか。

ayukiさんはギタリストの方なので、リッチー派なんですね。私もどちらかといえばパープル派です。様式美を重んじるタイプなもので(笑)

リンクもさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。