JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

My Shining Hour / Chuck Loeb

ギタリストの増尾好秋氏がプロデュースした「Jazz City」レーベルからリリースされたチャック・ローブの初リーダーアルバム。
チャック・ローブはSTEPS AHEADや、ミッチェル・フォアマンと共に結成したフュージョンバンド「METRO」のギタリストで、一般的にはスムース・ジャズ系のギタリストと言われているようだ。
“言われている”というぐらいで、自分はチャック・ローブの参加作品について、「MAGNETIC /STEPS AHEAD」と今回紹介する「MY SHINING HOUR」の他1枚しか持ってない。このリーダー盤が発売された1989年当時も「STEPS AHEADのギタリストかー」ぐらいで、あまり強烈な印象は持ってなかった。
メンバーは、

Chuck Loeb(Guitar)
Makoto Ozone(Piano, Synthesizer)
John Patitucci(Bass)
Dave Weckl(Drums)
Pat Rebillot(Piano)
Carmen Cuesta(Vocal)

パティトゥッチとウエックルが参加。小曽根真の参加も目を引く。
完全なサイドメン買い(笑)

「Jazz City」レーベルは名前のごとく都会派ジャズといった趣の音作りで、とにかく音が軽くてスペイシーな雰囲気。Light & Mellowです。
ガツーン!とくる感じは無いが、とても聴いてて清涼感があり、BGMとして聴くのも良し。
このレーベルの作品で、サックスのビル・エヴァンスがブルーノート東京で行ったライヴ盤「Let The Juice Loose」がある。ブルーノート東京がOPENして初めて発売されたライヴアルバムだった。
これがチャック・ローブも参加してて、ドラムがあのデニス・チェンバースなんだけど、「Jazz City」だからなぜかメロウ。サックスもバリバリにブロウしているのに、なぜかLIGHT。こちらもオススメです。

本作のポイントがウエックルのドラム。
1曲目「The Chant」のドラムソロはウエックルのソロの中でも特にお気に入り。この頃(80年代後半から90年代初頭)のウエックルのプレイは大好きです。

その他、ジャズのスタンダードありブラジルあり、ドナルド・フェイゲンの「Maxine」、マイケル・ジャクソンの「I Just Can't Stop Loving You」のカヴァーまで入っている。
2002年に再発されたがジャケットが変わってた。今回は愛着のあるオリジナルジャケットのほうで紹介しました。

----------------------------------------

01. The Chant
ミディアム・ファーストのラテンナンバー。
ここで聴かれるウエックルのドラミングは屈指の名演(だと思う)

02. Asi Sera
チャック・ローブの奥方でもあるCarmen Cuestaのヴォーカル。
スペイン語によるスペイシーなボサノヴァナンバー。ただ、歌が下手すぎる?

03. My Shining Hour
小曽根真の火の出る様なピアノプレイが聴けるファーストテンポのスタンダード。激しいんだがやはり聴きやすい。

04. If I Were A Bell
マイルスのマラソンセッションで有名な曲。
リラックスと緊張感が共存した演奏。チャック・ローブはジャズギタリストだ。

05. Maxine
ご存知ドナルド・フェイゲンの「ナイトフライ」収録の名曲。
ジャズバラードにアレンジされている。
小曽根のピアノとウエックルのブラシが泣ける。

06. Let All Notes Ring
アラン・ホールズワースをポップにしたようなクラシカルな曲。
チャック・ローブの幅広い音楽性が感じられる。

07. Tarde
ミルトン・ナシメントの作品で、Carmen Cuestaがポルトガル語で歌う。
幻想的なサウンドが素晴らしい。ただ、歌が素人っぽいなー

08. I Just Can't Stop Loving You
なんとマイケル・ジャクソン。メロウ-ファンクな仕上がり。
ギター・ソロでいきなりディストーションを踏んでいる。ライトハンド奏法も登場。
チャック・ローブはなんでもありのフュージョンギタリストだ。

09. Brunet
涼しげな高原が広がっているようなイメージの牧歌的な曲。
気持ちよくなれる。

10. My Funny Valentine
最後はしっとりとアコースティックギターで締めくくり。


「お気に入り度」 ★★★★★


# 大音量で聴いても不思議にソフト。まだまだ暑いこの時期にはぴったりのアルバム。
# 参加メンバーのPat Rebillot(Piano)はどの曲で弾いてるのか不明(汗)


(試聴ページへ)
スポンサーサイト
136:
試聴してみました。いいですねー!

1曲目The Chant数秒聴いてガツンときました。
全体の仕上がりは確かにソフトです。気持ちいい。
137:
タカさん、コメントありがとうございます。
ソフトでぬるーい感じがこのレーベルの特徴なんです。そこがいいんですよねー。9月に入り幾分涼しくなってきましたが、まだ暑苦しいのでこういうソフト系をつい聴いてしまいます。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター