JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Distortional Theory / FAZJAZ.jp

バンド名のとおり、自由な解釈でスタンダードなJazzをハードにしかも強烈に歪ませるFAZJAZ.jpの1stアルバム。

~FAZJAZ.jp~
矢堀 孝一(Guitar)
松本 圭司(Piano,Keyboad)
水野 正敏(Electric Bass)
村石 雅行(Drums,V-Drums)

FAZJAZを聴くようになったキッカケは、DRUMMER JAPANさんで村石氏の動画を見てから。
村石氏が開発段階から携わっているRolandのエレドラ「V-Drums」を使用し、本作にも収録の「A NIGHT IN TUNISIA」のデモ演奏が見れます。サイト内のMovie Magazineでは村石氏のインタヴューもあり、ドラム観の一端を垣間見ることが出来るし、デモ演奏も半端なくカッコイイです。

本作は、無敵の闘魂ドラム+「V-Drums」がキーワード。
強烈な生ドラムと現時点でエレドラの頂点に君臨する「V-Drums」とのハイブリッドな組み合わせ。チョイスされたスタンダードナンバーもそそられるものばかり。
アレンジは01.を除き矢堀 孝一氏。(01.は水野さん)
村石氏の凄さはある程度想像していたが、驚いたのが松本 圭司氏のプレイ。SQUAREとか本田雅人バンドでのそれとは全く違った。強烈です。

各曲の解説は水野さんのサイトで紹介されているのでそちらへ。
(黒背景でフォントを弄る典型的なスタイルはホンマにおもしろい。FAZJAZ脱退済みですが...)

とにかくかなりアツクなれるアルバム。特にジャコのビッグバンドでお馴染みの「05.Invitation」は最強。暴走モードに突入している。
自分の中で思い入れのある馴染みの曲が激しく生まれ変わるFAZJAZ.jp。ライヴが見たい。


01. A NIGHT IN TUNISIA / D.Gillespie/ F.Papareli
02. Elegant People / W.Shorter
03. The eye of Hurricane / H.Hancock
04. Palladium / W.Shorter
05. Invitation / Kaper/Washington
06. Maiden Voyage / H.Hancock
07. Naima / J.Coltrane
08. In a sentimental mood / D.Ellington


「お気に入り度」 ★★★★★


# 2ndのSEASONⅡも強力!
# 我が家のエレドラはRolandのTD-5(打面がカタカタうるさい前世紀の遺物(涙)


スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。