JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Avalon / Roxy Music

梅雨のじめじめした日が続いているが、そんな時期によく聴くアルバムがこれ。
Roxy Music最後のスタジオ録音にして、ロック史に残る不滅の名盤(1982年リリース)
繊細で滑らかなサウンド、ジャケットから何から全てが“美”

このアルバムを聴いていると、自分の体の中の汚いモノが根こそぎ洗い流されていくような気がする。
森林浴効果、滝の近くのレナード効果、「1/fゆらぎ」みたいなのがまとめて詰まってる感じで、
精神的にすこぶる良い状況を手に入れることが出来る。梅雨の鬱陶しさはこの1枚で充分乗り切れます。

Roxy MusicはYMO繋がりで聴きはじめた。他にJAPANの「錻力の太鼓」(1981年)とかいわゆるヨーロピアン・モダーン・ミュージックに嵌っていた時期で、ミュージック・ライフ(雑誌)をよく読んでいたかな。
ブライアン・フェリーとJAPANのミック・カーンは特にカッコよかった。今でも強烈な印象が残ってる。
フェリーがこの時期発売したジョン・レノンのカヴァー「ジェラス・ガイ」もよく聴いたものです。
最初に聴いたロキシーがこの「Avalon」、初期のロキシー作品も徐々に遡って聴いていったけれどもあまり好きになれず。やっぱりこれが1番。


01. More Than This
車のCMにもなったロキシーの代表曲。
イントロのギターのフレーズからすでにマイナスイオンが発生してます。
フェリーの柔らかい声がタマラナイ。

02. Space Between
オリエンタルでおしゃれなファンク。
SADEに似た曲があるが、多分この曲にリスペクトしていると思う。

03. Avalon
脳みそトロトロのアルバムタイトルチューン。
ジャケット写真そのままの雄大なナンバー。

04. India
静かな波に漂うようなインストゥルメンタル

05. While My Heart Is Still Beating
本作で1番のお気に入り。
強い精神性を感じさせるバラード。

06. Main Thing
やっぱりこれが1番のお気に入り。
テクノポップ?ニュー・ウェイヴ?

07. Take a Chance with Me
前半の不思議系からポップな展開。
この曲もいいなー、1番候補が続いてるのが本作を名盤にしてる所以。

08. To Turn You On
この打ち込みのサウンドが80年代テイスト。
ほっとする1曲です。

09. True to Life
少し狙いすぎの点が気になるクール系。
今聴くとクサイ面はあるかな。

10. Tara
フェリーのキーボード、サックス、ベースのトリオによる短いインスト。
「アヴァロン=楽園伝説」の締めくくり。


「お気に入り度」 ★★★★★


# 80年代を代表する決定的名盤につき聴かないと損!
# ほとんど意識したことが無かったが、アンディー・ニューマークのドラムが心地よさの源かも。

スポンサーサイト
121:ロキシーの桃源郷
>このアルバムを聴いていると、自分の体の中の汚い
>モノが根こそぎ洗い流されていくような気がする。

ほんとにそうですね。確かにイオン効果ありそう。
ブライアンフェリー作品は、その後の「Don't Stop The Dance」
や「 Kiss and Tell」 も好んで聴いていました。
かっこよかったです。
122:コメントありがとうございます。
このアルバム、タカさんも以前レヴューされてましたよね。ほんとに心地良い作品だと思います。
フェリーのソロも聴いてみたいです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。