JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30th [2CD+DVD]<初回生産限定盤> / NANIWA EXP

先週に引き続きNANIWA EXP。
結成30周年記念アルバム「30th(初回限定盤)(DVD付)」です。

内容は、
○結成30周年記念ニューアルバム(新曲12曲入り)
○結成当時、デヴュー前の貴重なデモ音源を含む未発表ライヴ音源“Beginnings”
○1993年大阪城野外音楽堂で行われた「東原力哉ドラマー生活20周年記念イベント」のライヴ映像“Reunion 1993”

(Disc-1)
結成30周年記念ニューアルバム「30th」

発売前から「80年代のナニワサウンドに近いものになってる」との噂だったのでとても期待していた。青柳誠の名前が無いのは非常に残念ではあるけれども。
聴いた感じ、かなり気に入ってます。80年代のフュージョン色は確かに薄れ、ブルース、ファンク色が強まっているものの、ナニワの持つ泥臭い感じは健在。

01. El Drado
懐かしい感じのナニワサウンドが帰ってきた。文句なし!

02. Free People Stroke
タワー・オブ・パワー風のファンクナンバー。
昔のナニワサウンドとは明らかに違う。以外な感じだったがとてもカッコイイ曲。

03. U.H.Funk
コテコテにヘヴィーなファンク。メンバー4人の共作となっている。
途中のローズソロの部分でジャズっぽくなってる部分がナニワらしいと言えるかも。

04. Wild Card
ツェッペリン風のヘヴィロック。
カズボンのギター、力哉のドラムが聴き所。

05. Sons Of Sun
懐かしい感じのフュージョン。サビのドラムパターンも黄金の「うっキンタッキン、うっキンタッキン~」で80年代の香りがしますが、なんかスクエアみたいな曲だなー

06. Walkin' Thru The River
ウネウネベースのこれまたグルーヴィなファンク。
サビをローズでとってる典型的なソウルナンバー。クールかつカッコイイ!

07. B.P.J.P.
ヘヴィーなブルース。ツェッペリンに聞こえる。
この曲名、どういう意味なんでしょうか?

08. Vacuum Vox
オークランドファンク+アジアンテイスト
無国籍なナニワ風ファンクです。

09. Days and Nights in Rio
いきなり白いボサノバ。

10. Love No Limit
ギターのオクターブ奏法のテーマが美しいジャズバラード。

11. Kimi to Boku no Nagisa
なぜか加山雄三。台詞付き。

12. Go 4 It !
スタッフ風のブルースナンバー。台詞付き。

-------------------------------------
(Disc-2)
[初回盤特典CD] Beginnings

ナニワのデヴュー前のデモテープをリマスタリングした8曲。
まず驚くのはドラムが力哉ではないこと。力哉が叩いてないナニワ。
01~03までのドラムは鎌田清さん。東京ユニオンや最近では桑田佳祐の新譜でも叩いてる人。当然ですがやたらうまいです。すごくスマートなドラムで、力哉のドラムで慣れ親しんでる一連のナニワの曲がとてもソフトに聞こえる。優しいタッチの「Believin'」、すごくマイルドな「大宇宙無限力神」が聴けます。昔のナニワはこうだったのかと...
5曲目以降、力哉が参加して様相が一変、嵐が吹き荒れてますが。
初回盤特典の目玉ではないでしょうか。

01. Believin' (Recorded at Studio ZIP in Kobe '80)
02. The Koya Samba (Recorded at Studio ZIP in Kobe '80)
03. 大宇宙無限力神 (Live Recorded at DUKE in Osaka on Dec.2,'79)
04. Rehearsal (Recorded at Studio HIT in Osaka on Apr.2,'77)

05. Fairy Tale Song (Live Recorded at YAMAHA Namba Centre in Osaka on Apr.10,'81)
06. Olino (Live Recorded at Loft-6 in Osaka on Apr.11,'81)
07. How's Your Mammy ? (Live Recorded at Loft-6 in Osaka on Apr.11,'81)
08. Field Athletor (Live Recorded at Melting Pot Ashiya on Aug.20,'81)

-----------------------------------
(Disc-3)
[初回盤特典DVD] Rikiya Higashihara Drummers Life 20th Anniversary

1993.6.13(SUN) at 大阪城野外音楽堂(曇りのち雨)
「東原力哉ドラマー人生20周年コンサート」での映像

1st Set 本田俊之RADIO CLUB
2nd Set THE TRANSITION-PLUS
3rd Set NANIWA EXPRESS

あいにくの雨の中、この日のためにナニワのメンバーが集まった。1日だけの再結成。1986年の解散ライヴと比べると激しさは無いものの、とてもリラックスした演奏。他のバンドも収録された映像も解散ライヴ同様、京都の友人から録画してもらった。ヤフオクでも見かけたことがあるので完全盤も入手可能かと。
清水興の後ろでナルチョ(当日は本田俊之RADIO CLUBで出演)のベースエフェクターのラックがしばしば映るんだが、カシオペアのステッカー(「Active」のロゴ)が貼ってある。何かスゴイ違和感を感じますが(笑)

当日の模様がドラマガの№50(1993.6月号)でレポートされてますが、この表紙の力哉の写真が超カッコイイ。2nd Set「THE TRANSITION-PLUS」のときのショットで、ドラマガ史上最高にイケてる表紙。
「03. For My Love」や「04. Mil' Mama」が特にいいです。

01. Oriental Makin' Love
02. Between the Sky and the Ground
03. For My Love
04. Mil' Mama
05. Charcoal Break
06. Jasmin
07. Believin'

「お気に入り度」 ★★★★★

# あと残すはソニーイヤーズのボックスセット(税込15,750円)のみですが、高くて買えないわな。
# 特に1984年の名古屋吹上ホールのライヴ映像は見たい!!(酔った勢いでワンクリック注文かな)

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。