JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First Finale 1986 ~伝説の86年バナナホール解散LIVE!~ / NANIWA EXPRESS (DVD)

1986年に大阪バナナホールで行なった伝説の解散ライブ映像のDVD化。
このライヴは毎日放送の製作で、当時関西地区のみで放送されていた貴重なものです。

ところで、最近のNaniwa Expは大変なことになっている。ちょっとしたリリースラッシュを迎えているのだ。

その1. 結成30周年記念アルバム「30th(初回限定盤)(DVD付)」
○結成30周年記念ニューアルバム(新曲12曲入り)
○結成当時の貴重なデモ音源を含む未発表ライヴ音源“Beginnings”
○1993年大阪城野外音楽堂で行われた「東原力哉ドラマー生活20周年記念イベント」のライヴ映像“Reunion 1993”

その2. NANIWA EXPRESS BOX ~ SONY MUSIC YEARS (完全生産限定盤)
○CDアルバム5枚(リマスター)+未発表曲CD1枚+未発売ライブ映像DVD

その3. 「First Finale 1986」~伝説の86年バナナホール解散LIVE!~
○1986年6月28日に大阪バナナホールで行われた伝説のオールナイト解散コンサート映像を初DVD化

これが全部5月23日に一斉発売!
怒涛のリリースラッシュ。

(詳しくは公式サイトにて)


とりあえず1ヵ月前から結成30周年記念アルバム「30th」と解散ライヴのDVDをamazonで予約。
発売日の5/23日に早速届きました。
今回は「First Finale 1986 ~伝説の86年バナナホール解散LIVE!~」を紹介します。

20年ほど前、一緒にバンドをやっていた京都に実家のある友人に見せてもらったビデオと同じ内容だった。以前「Wind Up」の記事を書いた際に少し触れていましたが、超高速の“Jasmin”や涙の“Meteor”収録の激アツライヴです。
見てもらわないとわからないでしょうが、何かがほとばしってます。
照明やメンバーの服装等、時代を感じさせますが、ほとばしり具合が半端ではない。
Naniwa Expの全盛時代を収めた絶対に見てほしいライヴ。

○NANIWA EXPRESS
青柳 誠(ts,p)
岩見 和彦(g)
中村 健治(key)
清水 興(b)
東原 力哉(ds,per)

-----------------------------------------------------------------

~毎日放送「TV音楽館スペシャル NANIWAの灯よFOREVER」 1986.7.29 OA

01. Between The Sky And The Ground
いきなり怒涛のドラムパターンから、一人づつステージへ。
ギターとケンジターの絡みで会場はヒートアップ。

02. Believin'
1stアルバム収録の大人気曲。
ギターソロとドラムのキメがカッコイイ彼らの代表曲。

03. Night Flower
「Silent Savanna」に収録された疾走感のあるさわやかなナンバー。
かなり激しいアレンジかつ大音量での演奏。(本ライヴは全部大音量ですが...)

04. Jasmin
超高速テンポで走る走る。しかし誰も止められない。
このライヴで一番ほとばしってるかもしれない。
力哉がこの曲でティンバレスを使ったことで、我が軽音楽部のドラムセットにもティンバレスが導入されました(笑)

05. Boys Be Go Go
高速Jasminからこの曲へなだれ込む。オリジナルと比べてこちらも2割増の速さ。
カズボンのカッティングも大変そう。青柳誠がシンセで暴れてます。

06. Oriental Makin' Love
「Modern Beat」に収録されたナニワの人気曲。以下3曲は「Modern Beat」から。
ケンジターで奏でられる印象的なテーマとソロが主役。
力哉も正装(紫のツナギ)でアツいソロを叩ききっている。

07. Loving You,Sometimes Leaving You
ほっと一息。
カズボンがアコースティックの持ち替え、青柳氏も素晴らしいピアノソロ。
力哉の繊細なタッチもカッコイイ!

08. Charcoal Break
清水興のラップが目玉のライヴの定番ナンバー。会場が一つになっている。
カズボンのギターソロが最高~!
ラップの後、青柳氏のテナーサックスのテーマに戻ったときなぜか涙が出る。
「Modern Beat」収録の大好きな曲。

09. 大宇宙無限力神
ある意味ナニワのテーマソングとも呼ぶべき壮大な組曲。
青柳氏のローズ、ジャズっぽい力哉のアプローチ、テンポアップしてからの疾走感。
力哉のハイハットのワシャワシャに注目。

10. Meteor
本ライヴのメインにして涙なくしては見れない歴史的名演。
カズボンのギターソロに絡む力哉。
エンドロールが流れてくるときに絶対に泣けます。何回見ても泣ける。
力哉が泣いている。涙涙のメテオです。
コレを見るだけでもこのDVDを買う価値あり。

特典映像:4分割秘蔵映像
11. Olino
TVでは放送されなかった未発表映像。
「Wind Up」収録のOlino。
少し荒い演奏ですが、清水興の長いベースソロ、力哉の脅威のドラムソロあり。

12. Jasmin
これは本編の演奏と同じでは?
なぜ収録されてるか不明。


「お気に入り度」 ★★★★★


# Naniwaの凄さが肌で感じられるライヴ。あの頃の時代が蘇ります。
# 力哉ファンは当然見ておかないと話になりませんぞ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。