JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loving Power Ⅱ/ Chickenshack

好きなドラマーはそれこそ沢山いますが、いわゆるスタジオミュージシャン系でずっと追いかけてる人が沼澤尚佐野康夫の二人です。
沼澤尚さんは13CATS、角松バンド、FOUR OF A KIND等で有名ですし、佐野康夫さんはオリジナル・ラヴ、古内東子、中島美嘉等...二人とも超多忙な“カリスマドラマー”にして“Groove Master”であります。
二人の共通点をあげるとすれば、日本人離れした感覚。それぞれ数え切れないほどの作品に参加しているので、どこかでそのプレイ聴いたことがあるハズです。

今日は沼澤尚さんの参加作品の中でも特に気に入っているチキンシャックの「Loving Power Ⅱ」を紹介します。

チキンシャックは、土岐英史(Sax)、山岸潤史(Guitar)、続木徹(Key)の三人で86年に結成され、メロウ系のバラードからファンキーなソウルナンバーまで各人の幅広い音楽性に裏打ちされたオトナのバンド。インストゥルメンタルの曲が中心で、作り出されるサウンドはジャケット写真のイメージどおり。夕暮れ時、セピア色に染まった室内で抱き合う男と女。そして傍らにはベッドが。。。そんな感じです(笑)

この「Loving Power Ⅱ」は1987年に発売され好評だった「Loving Power」の続編。コーラスグループ系の曲をカヴァーした前作に引き続き、Stevie WonderやRufus & Chaka Khan等70年代のソウルナンバーをカヴァー。シチュエーション的には、夏の日の夕暮れ時、車の中で聴くと最高に気持ちいいですね。

沼澤尚さんはゲストミュージシャンとして参加していますが、“featuring Takashi Numazawa”といった趣のアルバムで彼のドラムプレイが際立ってます。
吸い付くようなバスドラムと説得力のあるスネア、グルーヴしまくっているハイハットワーク。気持ちよすぎて車の中でノリノリで聴いてます。(1990年発売)

Chickenshack
Hidefumi Toki(as,ss)
Jun Yamagishi(g)
Toru Tsuzuki(key)
Bobby Watson(b)

Guest Musicians
Takashi Numazawa(d)
James Gadson(vo)
Cat Gray(org)
Karl Perazzo(per)
Maxayne Lewis(cho)
Wornell Jones(cho)
Julia Waters(cho)
Maxine Waters(cho)
Oren Waters(cho)

-----------------------

1. Knocks Me Off My Feet(Stevie Wonder)
2. Stop On By(Bobby Womack/T.Thomas)
3. Best Of Your Heart(Bobby Watson/David Wolinski)
4. Distant Lover(Marvin Gaye/Gwen Fuqua/Sanora Greene)
5. Love Land(Charles Wright/Ray Jackson)
6. Tell It Like It Is(George Davis/Lee Diamond)
7. Love T.K.O.(Gip Nobel Jr./Cecil Womack)
8. Nothing From Nothing(Billy Preston/B.Fisher)
9. Reunited(Dino Fekaris/Freddie Perren)


「お気に入り度」 ★★★★★

「ほぼ日刊イトイ新聞 - 沼澤さんとタカタカタカ。」を読むと沼澤さんの事がよくわかります。
# 次回はもう一人の“Groove Master”佐野康夫さんの参加作品で一番好きなやつを紹介します。
スポンサーサイト
101:はじめまして
ネットサーフィン中にこちらにたどり着きました。
年齢は私が2つ上でしょうか!

ブログを結構さかのぼって拝見させていただきました。
いやぁ~当時聴きまくってたアーティストもピックアップ
してあったので嬉しくなっちゃいました。

角松は昔から聴いてましたね。(とは言っても「GOLD DIGGER」の頃からですが)
青木智仁やトウキョウ・アンサンブル・ラボ、そしてNOBUCAINEのCDも買いました!
(青木氏と浅野祥之氏が相次いで亡くなられたのは残念です)

私的に心擽られたのは何と言っても「SLIT」がピックアップされてた事ですね。
仰るとおりこのアルバムは少し早すぎたのかもしれません。(全く同意)
安部さんはその後小田和正のコンサートサポートミュージシャンだったり、
鈴木雅之作品のコーラスアレンジを殆ど手がけてましたよね。
寺尾聰の「Reflections」もアルバム持ってましたっけ・・・

私はmilkybarさんのように核心部分はよく分かりませんが、「こぼれ話」的な
裏ネタは知ってますよ。(笑)

長くなりましたが今後ちょくちょく寄らせていただきます。
次のネタを期待しつつ・・・(笑)
102:コメントありがとうございます。
いっぽ!様、はじめまして。コメントありがとうございます。
同年代の方ということもあり、聴いてきた音楽もよく似てますね。今後ともぜひよろしくお願いします。

青木さん、浅野さんの訃報はかなり衝撃的でした。私達と同じ40代の方ですから。
多感な時期(20代の頃)によく聴いていたミュージシャンが亡くなるのはつらいことですね。

いっぽ!さんは安部恭弘さんについてお詳しいとお見受けします。
「SLIT」はいつ聴いても泣けますよね。コレを聴いてると20代の頃に一気に戻される感じがして。不朽の名盤だと思います。

「こぼれ話」的な裏ネタ教えてください(笑)
今後ともよろしくお願いします。
103:こんにちは
私は子供の頃、ほんの少しだけピアノを習ってまして、
二十歳前後の頃、遊びの延長でバンドしてました。(キーボードです)
浜田省吾のコピーに始まり無謀にもカシオペアのコピーなんぞ!
指が太いのと短いので何かと無理が多かったです。(笑)

え~っと・・・裏ネタってほどのものではないですが、
あの角松敏生は業界に「鳴り者」入りで参入してきまして、デビューイベント
も某ホテルで行われましたが、何故かそこに客としていたのが
あの「ウッチャンナンチャン」南原氏はただ酒をいい事にガバガバ飲みまくってた
そうです。(笑)

それが縁なのかは定かではないですが、その後はお互いの番組(ラジオ)を
行き来する仲になったそうです。私も一度だけ角松MCのFMにてゲストが
ウンナンという時を聞きましたが、結構仲良さげでしたよ。
104:早速にネタをありがとうございます。
カシオペアのコピーバンドをされてたんですね。
私も学生の頃やっておりました。神保・桜井在籍時の曲です。

角松とウンナンの二人は仲がいいんですね。
どういう接点なんでしょうね。
いっぽ!さんはいろいろ業界の濃いネタをご存知のようで、これからも楽しみにしてますよ(笑)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。