milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version)

2014.05.03 (Sat)
DSC_0035.jpg

松岡直也&WESINGの1980年発売の「SON」。オリジナルの音源に波や風の音・車や飛行機の音などSEを加え、ジャケットを永井博さんのデザインに変更、“Romantic Version”としてて1982年に発売されたもの。レコードのみでCDは出ていない。

このWISINGの波の音入りシリーズ、「SON」と「MAJORCA」をどちらもレンタル落ちのレコードを学生時代に購入、オリジナルのジャケ違いだとずっと思っていた。2002年頃、WISINGの諸作が再発され、購入したオリジナルの「MAJORCA」に波の音が入っていないことに初めて気付いたという・・・。

まあそれはそれとして、
松岡さんの作品で、多分一番回数聴いてるのがこの「SON(Romantic Version)」。(オリジナルVer.は未だに持ってないケド)
何が好きかというと、WISINGのギターが大村憲司さんから和田アキラさんに替わる時期で、二人の競演が聴きもの。アルバムに2人同時にクレジットされているのはこのアルバムだけではないかと。特に、A面1曲目「RAP OUT(Oye Baila Mi Son)」での二人のギター・ソロの掛け合いは激アツ。そして渡嘉敷さんのドラムがすごくいい音がしている。松岡さんのピアノ・ソロもいいし、この1曲だけでOK。
次の2曲目「ADRIA」のパイプオルガンも最高。(泣ける)

松岡さんは亡くなってしまったけど、これからもずっと聴き続けるでしょう。
ご冥福をお祈りします。


1. RAP OUT(Oye Baila Mi Son)
2. ADRIA
3. MISTICA LATINA
4. DESCARGA
5. NOCHE CORRIENDO
6. FISHERMAN’S BREAK
7. LET IT HAPPEN AGAIN


スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。