milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Orange And Blue / Al Di Meora

2013.05.04 (Sat)
Al_di_Meola_Orange_and_blue.jpg

車で2時間半ほどの単身赴任先へ戻る日曜の夜、中古屋で何枚かCDを買い、聴きながら帰るのがいつものパターン。
「Orange And Blue / Al Di Meora」を購入。参加しているドラマーのクレジットを見て選んだ。

1曲目、テーマがメセニー風。ディメオラってこんな感じだったかな?と思いながら・・・
2曲目、冒頭から、もろにメセニー・・・
3曲目、これは・・・アナマリアヨペックか・・・
4曲目、アルバムタイトル曲、これもだ・・・


メセニーへのオマージュ盤?

ただ、どの曲も気持ち良い。掟やぶりな感じはあるが、好きな音づくり。
「エレガント・ジプシー(77年)」と「エレクトリック・ランデブー(82年)」しか持っていなかったので、ディメオラのイメージが変わった。

赴任先に着いてライナーを読むと、やはりメセニーの事が言及されてました。
ネットで調べてみると、メセニーファンは皆知ってるアルバムらしいです(笑)


01. Paradiso
02. Chilian Pipe Song
03. Ta'alina Chant
04. Orange And Blue
05. If We Meet Again
06. Summer Country Song
07. If We Meet Again, Part One
08. If We Meet Again, Part Two
09. Cyprus
10. Theme Of The Mother Ship
11. Precious Little You
12. Casmire
13. On My Own


Al Di Meola - guitars, piano, drums, syn
Hernan Romero - vocals, acoustic guitar, percussion, charango, syn
Mario Parmisano - piano, syn
Marc Johnson - acoustic bass
Pino Palladino - fretless bass
Gumbi Ortiz - percussion
Steve Gadd - drums
Peter Erskine - drums
Manu Katche - drums
Noa - vocals
George Dalaras - vocals
Simon Shaneen - violin
ほか

スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。