milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXTREMITIES / TOM SCHUMAN

2010.08.25 (Wed)
EXTREMITIES.jpg

お盆を過ぎても全く涼しくなる気配すら感じないまま、気づけば更新が1ヵ月以上停止してました。
まぁ暑いからしょうがないでしょう。無理です。
活動停止中のこの1ヵ月間、ノンアルコールビールに嵌って毎日のように飲んでましたが、週末には音楽CDを結構な枚数買い込んでいろいろ聴いてました。(全部中古盤ですけれども)

そんな中の1枚がTOM SCHUMAN「EXTREMITES」(1990年、GRP)
SPYRO GYRAのキーボーディストで、JAY BECKENSTEINの影に隠れているような人というイメージでしたが、このアルバム、いかにも80年代後半のフュージョンという感じで、懐かしく今聴くととても新鮮でした。
打ちこみをベースにカチッカチッとしたサウンド。“ギターソロのバックを他の皆さんで激しいキメの応酬でサポート”的なアレンジは、好みの分かれるところでしょう。(私は好きですが・・・)

DAVE WECKLとWILL LEEのリズム隊もいかにもな感じでとてもよろしいです。
超タイトなプレイで、録音も典型的なGRPの音がしています。
ただ意外な点としては、エディ・ゴメス(b)が2曲に参加しており、内1曲ではベースソロも弾いてます。(もちろんアコースティックで)
ボブ・バーグ(ts)もいいソロを吹いていますし、それが500円で入手できたので満足でした。
アルバム全体を通して、トム・シューマンはテクに走りすぎている印象ですが、元来そういうプレイヤーなんでしょうし、それが80年代後半の味なので良しですね。

トム・シューマン(kbds)
デイブ・ウェックル(ds)
ウィル・リー(b)
スティーヴ・ラヴ(g)
ロジャー・スキテロ(perc)
ジェイ・ベッケンスタイン(ss)
ボブ・バーグ(ts)
ジョン・ファディス(tp)
テリー・クラーク(ds)
エディ・ゴメス(b)

-------------------------------

01.EXTREMITIES
02.MOOD SWING
03.PALISADES PARKWAY
04.LOVING YOU
05.SKYWRITER
06.TO B.E.
07.CRYSTAL LANE
08.FRONT SEAT RESERVATION

スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。