milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タランテラ / チャック・マンジョーネ

2010.06.28 (Mon)
100627_182932_M.jpg

久しぶりにレコードを買いました。
帯のコピーは、
1980年12月27日、NYで行われた「イタリア大地震被災者救済コンサート」に於ける実況録音盤。
チック・コリア、ディジー・ガレスピー、スティーヴ・ガッド他をゲストに迎えて繰り広げられた夢の競演、白熱のライヴ・セッション。


学生時代に先輩から貰ったスティーヴ・ガッドのソロを集めたテープにチャック・マンジョーネのライヴ版「十一戒」が入っており、どのアルバムに収録されているのかなーとずっと気になっていました。
そして20年以上の月日が流れ、今年になって、それは多分『タランテラ』でしょうとApolloさんに教えて貰い、どうにか聴きたいと思っていたところ、最近になってドラムマガジン№3(1983年7月号)を入手。

100627_191517_M.jpg


スティーヴ・ガッド特集で、このアルバム中の「十一戒」、「片目の水夫の伝説」のドラムソロが採譜されていました。もうこれは買うしかないわけですが、CD化もされていないようで、久しぶりのアナログ盤購入となりました。

全編聴いてみて、なかなか面白いアルバムで満足。哀愁たっぷりの作品です。
A面1曲目の「タランテラ」はどう考えてもフォークダンスの曲。それがなんともいい味。
そして「十一戒」。前半の3拍子のソロ、後半は『SMOKIN IN THE PIT』の「NOT ETHIOPEA」のような激しいソロ。
「片目の水夫の伝説」のドラム・マーチは、ガッドがクリニック等でよく演奏していた「クレイジー・アーミー」の原型(全く同じ?)でした。

チャック・マンジョーネとチック・コリアのデュオ「MY ONE AND ONLY LOVE」も良かった。
A面とB面が特にいい。望むCD化!


SIDE-1
1.タランテラ
(1)タランテラ
(2)ナポリ風タランテラ
2.十一戒

SIDE-2
1.片目の水夫の伝説
2.哀しみのベラヴィア
3.神の丘

SIDE-3
1.レイク・プラシッド・ファンファーレ
2・シングス・トゥ・カム
3.ラウンド・ミッドナイト
4・マンテカ

SIDE-4
マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
オール・ブルース
スポンサーサイト

ミニコンポ貰った

2010.06.21 (Mon)
今日、会社の人から捨てる予定だったミニコンポを“タダで”貰いました。
Panasonicの「SA-PM57MD」というCD・MD・FM/AM・カセットテープの録音再生も可能な全部載せ機。

100621_224642_M.jpg

単身赴任開始から1年、ミニコンポを買う気力も財力も無かった為、普段はiTunesに取り込んだ曲をPCで聴いてます。
捨てる理由が「子供がもうすぐ生まれるので、家庭が音楽を聴く環境に無い。」というなんとも寂しい様な、でもオメデタイことですし、自分としてはタダで貰えたからラッキーな様な・・・
確かに自分も上の子が生まれた時は、全く家で音楽を聴かない時期がありました。赤ちゃんがうるさい音楽で起きてしまうからとかいう単純な問題ではなく、結婚とか出産とか人生の節目で音楽を聴かなくなってしまう人は多いらしいです。しばらく経って落ち着いてくるとまた聴き始めるらしいですけど・・・

そんな感じで、今日はタダで貰ったミニコンポでカセットテープを聴きました。
バービーボーイズの『1st OPTION』。問題なく再生出来ています。
FMレコパルのINDEX(今となっては、かなりのレア物?)、ナマズのマークが泣けます。何でレコパルのイメージキャラクターがナマズだったのか全く思い出せませんけど・・・。

100621_225142_M.jpg

音の書斎 ~あなたのレコード棚見せてください~

2010.06.14 (Mon)
100613_231718_M.jpg

前回の記事で触れていた「音の書斎(1996年11月発行)」を入手しました。図書館払い下げの中古本で2,500円でした。定価1,700円なので、少し高い買い物でしたが・・・
26人の部屋主のオタッキーな書斎。アナログレコードが大量にコレクションされている部屋が多く、割と最近の96年発売の本とは思えない“昭和の香り”の書斎が多かったです。ジャズ、クラシック系の人はスッキリ整然と、ロック系、アイドル系の人はグダグダという傾向が強いようです。

そして溢れ返るCDの収納方法として、CDのプラケースを捨てソフトケースに入れ換えてスペースを確保する方法の特集が組まれていました。ジャズ評論家の小川隆夫さん宅のソフトケースのラックは、とても美しく整理されており、あこがれの書斎となっていました。

早速、この本の中で紹介されている「フラッシュ・ディスク・ランチ」のCDソフトケースのサンプルを入手。
オンライン・サイトからメールで請求するとすぐ送ってくれました。(1枚用と2枚組用の2種類、不織布付き)

CDソフトケース.com

100613_231501_M.jpg

約15年間、全くノーマークだったCDソフトケース。なかなかいい感じです。
我が家のCDは千枚程度なので、棚もさほど切羽つまっていませんが、収納にソフトケースもありかなと思いました。
先日友人が遊びに来た時、ロニー・ジェイムス・ディオのアルバムを車の中でソフトケースに入れていたのを見せてくれて、なかなかカッコ良かったのでそれ以来気になっていました。プラケースは見た目確かに頑丈ですが、重いし、かさばるので、収納場所の限られる車の中ではソフトケースが良さそうですね。
ただ、ズボラな性格からか、最近は買ったCDをiTunesに読み込ませてライブラリを作ること自体面倒なので止めていますし、楽しそうですが手間のかかりそうなプラケースからソフトケースへの移行は、しばらく先になりそうですが。

音楽の空間 -男の隠れ家6月号増刊- 

2010.06.07 (Mon)
100607_210432_M.jpg

〈男の隠れ家〉の増刊で『音楽の空間』という雑誌が発売されています。
ミュージシャンや音楽評論家などの自宅音楽部屋“音の書斎”が紹介されており、思わず食指の動く内容となっています。その他のコンテンツとして、音の良いコンサートホール、極上の音を奏でる名喫茶、音楽的なオーディオ。

自宅に音楽室を作ったものの、新築から2年経った現在、共用の子供部屋 兼 楽器の練習室と化しており、当初思い描いていた“音の書斎”とは程遠い状況。
「なんだかなぁー」と最近特に感じていたので、この雑誌を見て思わず買ってしまいました。

11人の自宅音楽部屋が見れますが、中でもすごかったのが元INAXのデザインディレクター高野秀士さんの書斎。
1万枚のレコードに囲まれたコックピットのような部屋は、紹介文にある“音楽好きにとっての理想郷”という表現がぴったりの空間でした。

100607_210558_M.jpg


10年以上前、今回のテーマと同じような『音の書斎』という雑誌が発売されていました。“レコード盤やCDの収納方法”にスポットをあてた内容だったと記憶していますが、ピーター・バラカンさんの音楽部屋にある超大容量のCD棚を見て、すごくあこがれたものでした。ネットで調べたところでは『音の書斎』『音の書斎Ⅱ』があり、入手できそうなので、これを機に買ってみようかなと考えています。

自分の理想としては、CD棚・音楽雑誌系の書籍棚・メインのステレオ・楽器類を全部入れて1つの音楽部屋にしたいのですが、現状では、ステレオは寝室、CD・書籍棚は書斎、楽器は音楽室とバラバラに。結局、音楽室は子供達の放課後の溜まり場として、今後もその役目を全うするしかないのでしょうか?

この雑誌を読むにつけ「廊下に埋め込み型のCD棚があったらカッコいいだろうな~」とか妄想は尽きませんが、まぁ諸般の事情により諦めます(笑)

.
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。