milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Secrets / Andy Narell

2009.06.07 (Sun)
最近、日増しに蒸し暑くなってきた。涼しくなりたい時によく聴くのがこのアルバム。かれこれ20年近くのお付き合い。
スティール・パン(スティール・ドラム)奏者、アンディ・ナレルがウィンダム・ヒルから発売した「Little Secrets」(89年)。

ジョージ・ウィンストンで有名なウィンダム・ヒル・レコード内には、その昔ジャズ部門(ウィンダム・ヒル・ジャズ)があり、その中にまた“HIP POCKET”というシリーズがありました。
HIP POCKETからはアンディ・ナレルの諸作のほか、元PMGのマーク・イーガンの「モザイク」や、ドン・グロルニック&マイケル・ブレッカーの「ハーツ&ナンバーズ」などの名盤がリリースされており、かなり注目していましたが、いつの間にかウィンダム・ヒル・ジャズ自体が消えたのかな?

そんな感じでレーベル買いしたこのアルバム。梅雨時期のこの季節にピッタリ。
スティール・パンの音色が醸し出す清涼感はなんとなく想像出来そうですが、曲づくりやアレンジ面に当時流行していたクワイエット・ストーム系の香りが感じられ、それがまた気持ち良い。ミディアム・テンポの曲が中心で、ソフト&メロウな時間が流れていきます。就寝前に聴くと寝苦しい夜でもすぐにzzz。。。

スティール・パン以外の楽器が派手にソロをとることもなく、ひたすらアンディ・ナレルがメロディを紡いでいきます。歌モノの曲で、歌入れをする前のベーシック・トラックを聴いているような感覚。嫌味の無いとてもシンプルな音づくり。
ブラス・セクションの入ったラテン系の曲もありますが、温度は低め、クワイエット・ストーミーなティンバレス・ソロとなっております。暑苦しくて眠れぬ夜にオススメしたい一枚。


Andy Narell (Steel Pans,Acoustic Piano,Keyboads)
Steve Erquiga (Electric and Acoustic Guitars)
Keith Jones (Bass)
Paul van Wageningen (Drums)

Luis Conte (Percussion)
Karl Perazzo (Congas,Percussion)
Jeff Narell (Congas)
Bill Ortiz (Trumpet,Flugelhorn)
Marc Baum (Alto sax,Tenor sax)
Dan Reagan (Tromborn)
Kit Walker (Synthesizer Programming)


01. Heads or Tails
02. Llittle Secrets
03. We Kinda Music
04. Chamcha's Cha Cha
05. Armchair Psychology
06. Don't Look Back
07. The Songlines


アンディ・ナレルの最近の作品はコチラで試聴できます。
マイク・スターン参加の「TATOOM」が良さそう。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。