milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッドのブラシ

2009.05.31 (Sun)
今月号のドラムマガジンはSteve Gadd表紙の「ガッドのブラシ」特集。
伝説のグループ「L'Image」の新譜解説やライヴ・レポート、ガッドの手のひらの写真、彼のブラシ・プレイが聴ける名盤の紹介など興味深い内容となっている。

今回は、数あるガッドのブラシから自分のお気に入りをいくつか取り上げてみました。




最近のものでは、やはりクラプトンのもの。
2001年に発売された「REPTILE」、そして同年のワールドツアーの模様を収めたDVD「ONE MORE CAR ONE MORE RIDER」
このCDとDVDはいつもセットで見て聴いていますが、アルバムのタイトルチューンで、ライヴDVDでも冒頭部分で演奏されている4本ブラシ(片手に2本づつ)による「REPTILE」のブラシワークが絶品。
DVDではブラシによる「GOT YOU ON MY MIND」、スティックに持ち替えての「BELL BOTTOM BLUES」が素晴らしい。中でもこの「BELL BOTTOM BLUES」は近年のガッドのベスト・プレイの一つではないでしょうか。

ec.jpg



そして時代はさかのぼり、
70年代のガッドのブラシで好きなのが、Bob James「Heads」収録のBoz Scaggsの名曲「We're All Alone」。
最初から最後まで“ひたひたと”グルーヴしまくっております。ものすごい緊張感とストイックさを感じるブラシです。
一方、この曲をほぼ同じアレンジでライヴで演っているのが「All Around The Town(邦題:ニューヨーク・ライヴ)」
こちらはスティックでプレイしており、かなりハードなドラミング。ライヴということもあり荒っぽく、ガッドが少々やけくそ気味なところが気に入ってます。「Heads」と聴きくらべると別人のようでおもしろい。

(09/6/1 訂正)
「All Around The Town」の“We're All Alone”のドラムはガッドではなく、アイドリス・ムハマドが叩いているとの事です。(Apolloさん、ご指摘ありがとうございます。)


heads_allaround.jpg



そして、ガッドのブラシの中で一番好きなのがコレ。
STEPS「STEP BY STEP」収録の「Bullet Train」
これはもう恐るべしカッコよさとしか。。。
特にマイク・マイニエリのヴィブラフォン・ソロ→マイケル・ブレッカーのテナー・ソロのバックでの鬼気迫るプレイには鳥肌が。。。
スティックでプレイしても良さそうな曲ですが、あえてブラシを選んだガッドのこだわりを感じさせる名演。
やはりガッドのブラシは最高!

stepbystep.jpg
スポンサーサイト

Mind Transplant / Alphonse Mouzon

2009.05.23 (Sat)
ウェザー・リポートの初代ドラマー、アルフォンス・ムザーンがブルーノートから発売したバリバリのジャズ・ロックアルバム(1974年)。

Alphonse Mouzon (Drums,ARP2600 Synthesizer,Fender Rhodes)
Tommy Bolin (Guitar)
Jay Graydon (Guitar,ARP2600 Synthesizer Programming)
Lee Ritenour (Guitar)
Jerry Peters (Fender Rhodes,Hammond B-3 Organ)
Henry Davis (Bass)


トミー・ボーリン、ジェイ・グレイドン、リー・リトナーが参加という超豪華盤。
ブルーノートなのに1曲目からツーバスがドコドコのハード・ロック。
ドラマーのリーダー作であるが、ギタリスト達があまりにスゴイためギター・アルバム的な色彩が強い。

中でも注目は、後にリッチーの後任としてDEEP PURPLEに加入することになるトミー・ボーリンのプレイ。
トミー・ボーリンといえば、ジェフ・ポーカロやデイヴィッド・フォスターが参加している「TEASER」やビリー・コブハムの「SPECTRUM」での強力なギターが印象深い。

Bolin.jpg

そして、このアルバム。
「03. Carbon Dioxide」のトミー・ボーリン。痺れる~
後半の2曲でもボーリンのソロが聴けるが、やはりこの3曲目が強烈。
変拍子(9拍子?)にチェンジしてからのギター・ソロが素晴らしい。曲・アレンジも超クールです。

4曲目「Ascorbic Acid」でのジェイ・グレイドンとリー・リトナーのソロの掛け合い、ツインリードのハモリもアルバムのハイライト。 5曲目以降はファンキーでメロウ系の曲が続く。
とにかく文句無しでカッコいいアルバム。前半は特に必聴!
トミー・ボーリン最高!!

----------------------------------------


01. Mind Transplant
Soloist: Alphonse Mouzon

02. Snow Bound

03. Carbon Dioxide
Soloist: Tommy Bollin,Jerry Peters

04. Ascorbic Acid
Soloist: Jay Graydon & Lee Ritenour

05. Happiness Is Loving You
Soloist: Lee Ritenour

06. Some Of The Things People Do
Soloist: Lee Ritenour

07. Golden Rainbows
Soloist: Tommy Bolin

08. Nitroglycerin
Soloist:Tommy Bolin

...

MTR

2009.05.10 (Sun)
ZOOM_HD16.jpg
音楽室にMTRを設置しました。
ZOOM社のハードディスク・レコーディング・スタジオ「HD16」。嫁の衝動買い。

最初に取り掛かっているのが、今年のNコン2009中学校の部課題曲、いきものがかりの「YELL」のコーラスパートの多重録音。嫁と息子が篭もってやってます。
この「YELL」は切ない感じのいい曲ですね。卒業式のちょっと前という雰囲気で、来年の卒業シーズンにはたくさん歌われそうな気がします。

現在の音楽室はこんな感じ。
かなりごちゃごちゃしてきました。

090510_2154391.jpg

Believe It / The New Tony Williams Lifetime

2009.05.02 (Sat)
トニー・ウイリアムスがアラン・ホールズワースら新メンバーを加えて再結成した「ニュー・トニー・ウイリアムス・ライフタイム」の1st。
(1975年7月、ニューヨーク録音)

トニー・ウィリアムス(ds)
アラン・ホールズワース(g)
アラン・パスクァ(key)
トニー・ニュートン(b)


存在が気になりながら、今まで全く聴いていなかったライフタイム。
シンコー・ミュージックのディスクガイドシリーズ「#035 JAZZROCK」を書店で見つけ、その流れでライフタイムのアルバムを2枚(本盤と「Turn It Over」)を買いました。

このディスクガイドシリーズ#01がFUSIONでしたが、もうすでにシリーズ#037まで出ているようです。
中身は、USA JAZZROCKの一部を除き95%が知らないアルバムでした。
日本人のアルバムが1枚も載っていなかったけれども、日本にはJAZZROCKは存在しないと判断して良いのだろうか??

#035

それはさておき、「ニュー・トニー・ウイリアムス・ライフタイム」
くそカッコいい!!特に頭から3曲。
「01. Snake Oil 」のギターのカッティングによるリフ、どこかのバンドがカヴァーしてたような気がする。力哉さんが叩いていたので「夢の乱入者」だったかな。
「03. Proto-Cosmos」はチャド・ワッカーマンのバンドの演奏をYouTubeで見たことある。ライフタイムの曲だったんですねー。
amazonのレビューによれば、「02. Fred 」をPRISMが「杉野講堂LIVE」でカヴァーしているとの事。近くのCDショップに「杉野講堂LIVE」があったので買いに走らねば。

もう1枚がジャック・ブルース在任時の「Turn It Over」。
先日、BSでライフタイム・トリビュート・バンド(ジャック・ブルース、シンディ・ブラックマンほか)のブルーノートでのライヴを見て興味を持ちましたが、アルバムは、おどろおどろしくて正直苦手なサウンド。
ライヴでも演っていた「Vuelta Abajo」はカッコよかったですが...

何れにしても、せっかくガイドブックも買ったことだし、JAZZROCKについてぼちぼち聴いていこうと思います。

----------------------------------------

01. Snake Oil
02. Fred
03. Proto-Cosmos
04. Red Alert
05. Wildlife
06. Mr. Spock
07. Celebration
08. Letsby

......
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。