JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト) / リッカルド・ムーティ指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

requiem.jpg

モーツァルトの遺作「レクイエム」と最晩年の聖体賛美歌「アヴェ・ヴェルム・コルプス」のカップリング。

リッカルド・ムーティ指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

パトシリア・パーチェ(ソプラノ)
ヴァルトラウト・マイヤー(メゾ・ソプラノ)
フランク・ロパード(テノール)
ジェイムズ・モリス(バス)

スウェーデン放送合唱団
ストックホルム室内合唱団(合唱指導:エリック・エリクソン)


今週、うちの子供達が通っている音楽教室が、近くの医大付属病院でボランティア・コンサートを開いた。毎年この時期に病院のエントランスホールで入院患者さんらを観客に演奏会を行っており、うちの子らも昨年に引き続き参加した。
当日の出演者の中で、ママさん弦楽四重奏団が演奏していたのが、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。どこかで聴いたことのある曲だなーと思って家族で話していたら、8年ほど前、息子がカトリック系の幼稚園に通っていた頃、幼稚園内の教会で行われたクリスマス祭で保護者の合唱団が歌っていた曲だった。
教会での厳かなクリスマスなど初めての経験だったし、園児が英語でクリスマス劇(聖劇)を発表していたのには感動した。(うちの子はチョイ役(宿屋の主?)だったような気がするが)

そして8年の時を経て、その時の感動が病院の受付ホールで蘇った。
すぐにCDショップに行き、モーツァルトの棚から「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の収録されているアルバムを探しこのCDを購入。

家に帰り早速大音量で聴いてみる。
「レクイエム」が最初に収録されており、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」は最後の曲だったが、まず頭から聴いた「レクイエム」で背筋が凍りつく様な感覚に。家で聴くのはちょっとヘビーだが、教会で聴いたら間違いなく泣いているだろう。
そして最後の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、レクイエムと比べるとあっさりとした印象だったが、想像以上に素晴らしかった。
8年の記憶を呼び覚ましてくれたママさん弦楽四重奏団に感謝。たまにはこういう音楽を聴くのもいいと思った今日この頃です。

-----------------------------------

レクイエム ニ短調 K.626
01. I..入祭文:永遠の休息
02. II..キリエ
03. III..続誦:怒りの日
04. 不思議なラッパが
05. そるべき大王よ
06. 思いたまえ
07. 呪われた者どもを
08. 涙の日
09. IV.奉献文:主イエズス
10. いけにえ
11. V.聖なるかな
12. VI.ほむべきかな
13. VII.神の小羊
14. VIII.聖体拝領誦

15. アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618


「お気に入り度」 ★★★★★

# レクイエムとか賛美歌はこの時期に聴くと特に染みます。
# オケのみ(歌なし)の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」も、いいのがあれば聴いてみたい。

スポンサーサイト

Spectrum / Billy Cobham

2008年12月号のドラム・マガジンに“クアドラント4”の完コピ譜が載っていたので久しぶりに聴いた本作、ビリー・コブハムのファースト・ソロ・アルバム「スペクトラム」(1973年)

ここ数日やたら寒くて、この3連休は家に引きこもっていたけれども、これを聴いて体が熱くなりました。

メンバーは、
Billy Cobham ( Drums, Percussion )
Jan Hammer ( Keyboards, Piano, Synthesizer )
Tommy Bolin ( Guitar )
Leland Sklar ( Bass )
Jimmy Owens ( Trumpet, Flugelhorn, Horn )
Joe Farrell ( Flute, Alto Sax, Soprano Sax )
John Tropea ( Guitar )
Ray Barretto ( Percussion )
Ron Carter ( Acoustic Bass )


まずこの見開きジャケットが良い。
自分はレコードしか持っていないが、この迫力はレコードならでは。fibesのクリアシェルのドラムを叩いているコブハムが神々しい。
この時代の空気、1973年のジャズロックの匂いを感じられるのはやはりCDでは無く、プチプチと針音ノイズが混じったアナログだ。

spectrum_mihiraki.jpg


HMVのアルバム・レビューより)
トミー・ポーリン(g)ヤン・ハマー(kb)をフィーチャーしたプログレッシヴ・フュージョンの典型的な作品。
蛸足ドラマーの名を冠して最高のテクシャンとして君臨したビリー・コブハムが、ヤン・ハマー、トミー・ポーリンといういずれ劣らぬ手数巧者と真っ向から対決する熱い作品。
ジョー・ファレルも負けじとハードブロウする、この時代の音楽への一つの答えが凝縮された、いま聴いても熱くなる作品!ディープ・パープル・ファン、ヤン・ハマー・カルトファンに贈る史上最高のロック・フュージョン・アルバム!
CD化進行の中で各国で発売され、いまや、この手のアルバムの中では名盤となってしまった。
ジャズ・フュージョン・ファンには、トミー・ボーリンに尻を叩かれながらも次第に陣地を取り戻していくをビリー・コブハムが楽しく聴こえるだろう!パープル・ファンも必聴!


とにかく超ハイテンションなので、この寒い時期に聴くと最高です。
ヤン・ハマー&トミー・ボーリンがアツイ!勿論コブハム先生も。

------------------------------------

01. Quadrant 4
アルバムの冒頭からいきなり、テンポ♪=247の超高速ブギナンバー。
イントロからコブハムの炸裂するツーバスをバックに、ヤン・ハマーのフレーズが涙モノ。
元ディープ・パープル、今は無きトミー・ボーリンのギター・ソロが続く。これも泣ける。
エンディング前、キーボード、ギター、ベース、ドラムの順で徐々にフレーズを重ね合わせていくところが70年代ジャズロックの様式美。テンポが速いため、ドラマガの譜面を追っていくのがやっとだったが、随所に散りばめられているとても緊張感の高いコブハムのフレーズが超カッコイイっす!

02. Searching for the Right Door / Spectrum
コブハムのソロから7拍子の「Spectrum」へ。
ジャズロック風の曲調だが、テーマにジョー・ファレルのフルートとジミー・オーナーズのフリューゲル・ホルンをフィーチャーしているので、どこかしらフュージョンの香り、CTIの匂いがする。
ヤン・ハマーのエレピに乗っかってジョー・ファレルがソプラノ・サックスで素晴らしいソロを吹いている。ハード・ブローと言ってもいいだろう。
続くジミー・オーナーズのフリューゲル・ホルンのソロも超クール!名演!

03. Anxiety / Taurian Matador
再びコブハムのソロから複雑なキメのテーマによる「Taurian Mata」へ。
冒頭から繰り広げられるトミー・ボーリンとヤン・ハマーのバトルが聴きもの。
これはディープ・パープルだ。

04. Stratus
ここからB面。
イントロはムーグシンセの打ち込みをバックに強烈なコブハムのソロ。恐ろしき手数。
ファンキーなテーマ部からトミー・ボーリンの魂のギター・ソロへ。コレがすごい。
続いて若干間抜けな入りのシンセ・ソロだが、途中から大変なことに。無茶苦茶カッコイイソロに変化!
フレーズのリフレインをバックにコブハムのドラム・ソロ。叩きまくり!

05. To the Women in My Life/Le Lis
この方々には似合わないメロウ・バラード「To the Women in My Life」を経て、ミディアム・テンポのファンキーなグルーヴ・ナンバー「Le Lis」へ。
「Spectrum」同様、テーマがジョー・ファレル&ジミー・オーナーズのホーンセクション入りのため、とてもメロウなジャズ・ロック。ロン・カーターとコンガのレイ・バレトが紡ぎだすこの雰囲気・ゆるやかなビートは大好きです。これは気持ちいいぞー!

06. Snoopy's Search/Red Baron
意味不明な早回しのコンピューターミュージック系「Snoopy's Search」から、これまたクールなグルーヴ・ナンバー「Red Baron」。これもコブハムの代表曲で近年もライヴで演奏されている。
中間部でヤン・ハマーの飛び気味のシンセ・ソロがおもしろい。
途中の印象的なキメの部分は聴き覚えがある。誰か他のミュージシャンがカヴァーしてたような気がするが思い出せない。。。
どっしりとしたグルーヴ感はとても気持ち良い。


「お気に入り度」 ★★★★★

# とても熱くて気持ちよいアルバムである。意外と耳に優しく、聴きやすいのがポイント。

# 自分の持っているのはUS盤レコードでクレジットも最小限の記載のため、参加メンバー他大きな勘違いをしているかもしれませんが。

Live In Copenhagen & Rome 1969 / Miles Davis Quintet

マイルスがウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスと組んだバンドを“第二期黄金クインテット”と呼ぶが、エレクトリック・マイルスの初期、ハービーがチック・コリアに、ロンがデイヴ・ホランドに、トニーがジャック・デジョネットにチェンジしたバンドを“ロスト・クインテット”と呼ぶ。
これだけのメンバーにもかかわらず、彼らはスタジオ録音を残していない。現在までのところ公式盤は93年に発売されたライヴ盤「1969マイルス」のみ。これとて後年の発掘モノであるからして、まさに“ロスト(失われた)・クインテット”というわけだ。

Miles Davis(tp)
Wayne Shorter(ts,ss)
Chick Corea(ep,key)
Dave Holland(b)
Jack DeJohnette(ds)

マイルスにとって1969年は特別な年。
公式盤のみを挙げても重要アルバムが目白押し。

In A Silent Way(1969.2.18)
1969Miles(1969.7.25)
Bitches Brew(1969.8.19~20)

このDVDは前半が1969年11月コペンハーゲン、後半は同年10月のローマでのライヴ映像を収録。
ロスト・クインテットを核にジョン・マクラフリンらゲスト・ミュージシャンを加えて作られた世紀の大傑作「Bitches Brew」録音後、ロスト・クインテットによるヨーロッパ・ツアーを収めたもの。
この時期のライヴはとにかく激しい。

“時折4ビートで演奏する箇所も出てくるが、チックの攻撃的なタッチ、大音量でたたみかけるデジョネットの絶大な効果もあってか、内容は過激にしてアグレッシヴなものとなり、恐ろしいまでの音の嵐が吹き荒れる。”
(レコード・コレクターズ 2008 vol.27 No.1、「特集マイルス・デイビス/オンザコーナーへの歩み」より)

何故スタジオ録音が存在しないのか?等、ロスト・クインテットの詳細については、2年に1度発売される中山康樹氏のマイルス本「マイルスを聴け!Version.8」も参考に。

rc_kike8.jpg

そして、個人的なロスト・クインテットの思いはこのアルバムに。
おそらく89年~90年頃、今は無き「LPコーナー」岡山店で購入したブート、「Double Image」。
double_image.jpg

今でこそロスト・クインテットのブートも珍しくはないが、当時はこれしか出てなかったハズ。「LPコーナー」でも大々的に取り上げてあり、音もかなり悪いが個人的にかなり盛り上がって聴いていた。特に、激しすぎる「Round About Midnight」は驚いた。
この「Double Image」、聴けシリーズでは不完全盤としてあえなく途中脱落、現在ではコンプリート盤の「Double Image~Updated Long Version」として掲載されている。

そんな感じで、「Live In Copenhagen & Rome 1969 / Miles Davis Quintet」。必見です!(リージョンフリーですし。)

----------------------------------------

Tivoli Koncertsal,Copenhagen,Denmark,
(November4,1969.)

01. Bitches Brew
02. Agitation
03. I Fall In Love Too Easily
04. Sanctuary
05. It's About That Time Into The Theme


Teatro Sistine,Rome,Italy,
(October27,1969.)

06. Bitches Brew
07. Miles Runs The Voodoo Down
08. I Fall In Love Too Easily
09. Sanctuary Into The Theme
10. Directions
11. Masqualedo


「お気に入り度」 ★★★★★

# 前半がカラー映像、後半がモノクロ。後半のローマの演奏が特に良い。
# 激しさと無限の広がりを見せるロスト・クインテットは必聴モノ。とりあえず「1969マイルス」を。

....

An Evening of Fourplay 1&2 / Fourplay

jazzLife11月号の特集記事、秋の夜長のDVD三昧「大人のためのジャズDVD50」を読みながら久しぶりに見たくなったこの作品。フォープレイの初期、93年のライヴシューティング「イヴニング・オブ・フォープレイvol.1&vol.2」。
日本盤DVDでは1と2が別れており各2,625円と割高。自分の持っている輸入盤は2in1で2,000円以下だった。リージョンフリーでもあるし、絶対に輸入盤がオススメ。
唯一の汚点がジャケット写真が逆さ写しになっていること。リトナーとネイサンが共にレフティに(笑)。日本盤ではまず考えられないミスだが、リージョンフリーの輸入盤は現在廃盤のようだ。

2ndアルバム「Between The Sheets」発売後ということで、1st、2ndの中から選りすぐりの名曲を収録。スペシャル・ゲストにチャカ・カーン、ゲスト・コーラスにEW&Fのフィリップ・ベイリーとリトナーのヴォーカル・アルバムにも参加していたフィル・ペリー。この3人のヴォーカリストに4人目のヴォーカリスト、ネイザン・イーストが絡む珠玉のバラード「Between The Sheets」は伝説となっている。

ギターがカールトンに変わってからも聴き続けているフォープレイだが、やはり初期の2枚は特別。2ndが1番好き(“Chant”がフェイバリット・ソング)なのでこの映像作品には特に思い入れがある。DVDとか無い時代にLaserDiscを2枚買った古いファンなもので。。。

何度も見たこのライヴだが、改めて見るといろいろな発見がある。(お客さんきれいな人が多いなーとかボブ・ジェームスの指太いなーとか)

紫を基調にした落ち着いた照明、大人のためのライヴ空間という感じ。名曲と名演、とにかく音が優しい。秋の夜長には欠かせないアイテムだ。

Bob James : Keyboards
Lee Ritenour : Guitars
Nathan East : Bass
Harvey Mason : Drums

Special Guests :
Chaka Khan : Vocals
Phillip Bailey : Vocals
Phil Perry : Vocals

--------------------------------------

volume.1.
01. Chant
02. Monterey
03. 101 Eastbound
04. Midnight Stroll
05. After the Dance
06. Bali Run

volume.2.
07. Wish You Were Here
08. Moonjogger
09. A Summer Child
10. Amoroso
11. Between the Sheets
12. Flying East


「お気に入り度」 ★★★★★

# YouTubeでほとんどの曲が見れてしまうのだが、やはりDVDを買わないと伝わらないものがある。
“Chant”でのハーヴィー・メイソンのグルーヴしまくりのハイハットのゴースト・ノートとか。リトナーのチョーキングのニュアンスとか。

# Between The Sheets”でのフィリップ・ベイリーのコーラス、最高のスケベおやじフィル・ペリーの超カッコイイアドリブパートは必聴!

↓リージョンコードに注意↓



Giving You The Best That I Got / Anita Baker

“珠玉のシルキー・ヴォイス”アニタ・ベイカーのエレクトラ/ワーナー移籍第2弾。前作「Rapture」に続き大ヒットしたアルバム。
プロデュースがMichael.J.Powell、アニタ自身がエグゼクティヴ・プロデューサーで前作とほぼ同じ路線のクワイエット・ストーム系。
1988年発売だからもう20年も経っているけれども、いまだに聴き続けている。特に秋冬の必須アイテムとして。


Rapture (1986)
Giving You The Best That I Got (1988)
Compositions (1990)

この時期のアニタの3枚は絶対に外せない。心に染み入ります。
バックのミュージシャンも超豪華!
核になるメンバーが、

Omar Hakim (Drums)
Nathan East (Bass)
Paul Jackson.Jr (Guitar)
Michael .J.Powell (Guitar)
Paulinho da Costa (Percussion)
Vernon Fails (Keyboads)
Robbie Buchanan (Keyboads)

オマー&ネイザンのリズム隊も見逃せないけれども、やはりアニタのサウンドを形作っているのは、マイケル.J.パウエル&ロビー・ブキャナンのコンビ。アニタの歌にこの2人が絡むと脳ミソがとろとろになってしまう。前作同様バッキングのコーラスを生かした音作りも最高。クワイアット系の王道にして全く飽きのこない名盤。

---------------------------------

01. Priceless
前作「Rapture」の1曲目“Sweet Love”にも似たイントロのドラムのピックアップ。オマー最高だ(涙)
後半部、サビをはさんでのコーラスのスキャット(たったっ、たったー♪)が大好きだー(涙)

02. Lead Me Into Love
スゥィート系バラードの本流。
コーラス&コーラスアレンジのペリー・シスターズが奇跡的。
本作のベスト。死ぬぞw

03. Giving You the Best That I Got
さわやかにシルキー・ヴォイスが空へ舞い上がっていくタイトルナンバー。
後半のピアノ・ソロも極上の雰囲気。

04. Good Love
どっしりとしたミディアムテンポのソウルフルなバラード。
アニタ自身がコーラスも担当。

05. Rules
シンクラヴィアを使用したホーンアレンジが聴けるファンキーなナンバー。
アメリカのチャートを意識。

06. Good Enough
アコースティック・ピアノをベースにしたボサノヴァ。
サックスにジェラルド・アルブライトを起用。
スゥィート系だけでなく、こういったジャズっぽい曲も歌いこなすアニタはやはり女王。

07. Just Because
イントロのシンセを聴いただけでもう。。。
マイケル.J.パウエル&ロビー・ブキャナンによるクワイエット系王道サウンド。
朗々と歌い上げるアニタを優しいストリングスのアレンジが包み込む。
サビのバックコーラスも最高!

08. You Belong to Me
最後はパーッと明るくホーンセクション入り。
割とクセの強いアニタの節回しだが、アルバムをとおして曲調がヴァラエティに富んでいるため飽きさせない。


「お気に入り度」 ★★★★★

# あー気持ちよかった。お休みなさい...

  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター