JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

30th anniversary LIVE! [HOMECOMING 2007] / PRISM (DVD)

最近気になる音楽DVDが発売ラッシュ。
CDも聴きたいのが山ほどあって、金がいくらあっても足りない状況で困りものだが、どうしても見たいDVD3点をHMVで予約。

PRISM / PRISM 30th Anniversary Live
TRIX / TRIX Live
STUFF / Live At Montreux 1976

CDも2点注文した。
School Of The Arts / School Of The Arts
Anna Maria Jopek / Upojenie
(年末ジャンボが当たる予定なので大人買い状態)

DVDについてはPRISMが11/21発売、TRIXとSTUFFが12月下旬発売予定のため、同時発送にしてしまうとPRISMのライヴが12月末まで見れない事になるので分割発送に。
送料はかかるがPRISMの30th Anniversary Liveはどうしても早く見たかった。その最大の理由は、“SURPRISE”収録の「Upside Down」が見れるため。
1980年発売の“SURPRISE”は、ずっとカセットテープで聴いており、数年前やっとヤフオク(かなりの高値だったわ)で入手した超愛聴盤。現在も入手困難な状態が続いている。
この超難解でソリッドな曲がライヴではどうなってるのか?これが最大の注目点。

2007年7月7日、新宿のFACEでのライヴ。当日のメンバーは、
PRISM:和田アキラ(g)、木村万作(ds)、岡田治郎(b)
ゲスト:久米大作(key)、佐山雅弘(key)、中村哲(sax)、新澤健一郎(key)、中島オバヲ(perc)

演奏曲目は初期の曲が中心。
1st「PRISM」より4曲
2nd「SECOND THOUGHT SECOND MOVE」より2曲
3rd「PRISMⅢ」より2曲
「SURPRISE」より3曲、「COMMUNITY ILLUSION」、「∞(永久機関)」、最新作「blue...」より各1曲づつ。全14曲入りの2枚組。
個人的に注目はやはり佐山さんが参加してる「SURPRISE」からの3曲、Full Moon ~ Upside Down ~ Karma。

PRISMのライヴ映像を見るのは初めてだったけれども、やはりアキラさんのギターが強烈でした。左手の運指が速すぎて俺には見えない(汗)
特に「Tornado」と「Memory of The Moment」のギターソロが良かった。
そして佐山さんの存在。参加している曲では明らかにバンドの空気が変わってる。
「Upside Down」のソロが強力。

2枚組を見終えた全体的印象は「何だかまったりしてる?」
PRISMの印象はソリッドで攻撃的なイメージを勝手に持っていたけれども、すごくホンワカしたライヴ。多分、中村哲さんのサックスが主要因か。
録音の状態も影響していると思うが、各楽器があまり前に出ないようにバランス重視でミキシングされている感じ。もっとガッツンガッツンの音で聴きたかったかな。
阪神淡路大震災の1年前、倒壊前の神戸チキンジョージで行われたライヴ盤「PRISM JAM」があるが、ああいう荒っぽくてガッツリしたのを想像していたので少し残念。
(自分の聴いてるAVシステムがショボイだけかも。。。)

---------------------------------

[Disc-1]
01.風神 (1979「PRISMⅢ」)
久米さんのオリジナル。複雑な曲構成による初期プリズムの代表作。
プログレ+フュージョン。

02.Tornado(1977「PRISM」)

この曲を聴くといつもレインボーの「バビロンの城門」を思い出す。
様式美ロック+フュージョン。ギターソロが超カッコイイです!

03.Dancing Moon(1977「PRISM」)
まったり感~。
中村哲さんはキーボードのイメージしかなかったけれども、何でサックスなのかな。
キーボードで参加してほしい。(キーボード4人はきついのかな。。。)

04.Crystal Night(1978「SECOND THOUGHT SECOND MOVE」)
この曲も中村哲さんのソプラノ、テナーをフィーチャーしたサンバフィールナンバー。

05.Full Moon(1980「SURPRISE」)
ここから注目の3曲。
このイントロのシンセのフレーズ、ギターによる荘厳なテーマ、泣ける。
ただ、この曲でのアキラさんは調子が今一歩か?ギターソロはすごくカッコイイのだが、最後キメのフレーズが飛んでる部分あり。

06.Upside Down(1980「SURPRISE」)
今時、このような難解なナンバーをライヴで演ってるバンドがあること自体が奇跡的!
何拍子でどういう譜割りになってるのか。

upside_down.jpg

(↑↑クリックで拡大↑↑)

ドラムマガジン№14(スーパードラマー研究:青山純)に載ってる譜面によると、4/4 + 3/4 + 3/4 + 6/4 = 16/4の構成。
解説譜EX.1-aのように聴こえるフレーズが実は1拍目の頭からではなく、最後の16分音符から始まっているため超難解に。。。
16/4拍子だから4分音符をしっかり意識して、超スローテンポからやっていけば、いつかはコピー出来るかも。
ただ、解説文中にあるとおり、“ちょっとやそっとで真似できるものではない”とのことです(涙)

佐山さんのシンセソロが超クールです!
万作さんのキメの合間を縫うようなシャープなタイコも最高!
見れて良かった。

07.Karma(1980「SURPRISE」)
プリズムの中で1番好きな曲がコレ。泣ける。
中間部の佐山さんのソロがこれまた泣ける。
岡田さんのベースソロから炎のギターソロへ。

08.Shadow of The Jungle Gym(1983「∞(永久機関)」)
永久機関はずっと探しているけれども未だに入手出来ず。(ヤフオクでも法外な値が付いており手が出ない)
万作さんがフロントラインに出てきてブラシとスティックでボサ。
会場がとてもいい雰囲気に包まれている。

[Disc-2]
09.Memory of The Moment(1981「COMMUNITY ILLUSION」)
「COMMUNITY ILLUSION」は大好きなアルバムで、特にこの曲はオリジナル盤のギターソロも最高。本ライヴでもアツイソロが聴けます。

10.Memories of You(1979「PRISMⅢ」)
渡辺建さんのオリジナル。
自分の中でプリズムのベースと言えば建さん。(本ライヴには残念ながら不参加)
「Unforgettable」と「Memories of You」は特に彼のイメージが強い。
このギターのテーマは何度聴いても泣ける。

11.Beneath the Sea(1978「SECOND THOUGHT SECOND MOVE」)
コンサートもいよいよ佳境に。これぞプログレというべきプリズムの代表作。
中盤、岡田さんの4ビートのベースラインに乗っかった佐山さんとアキラさんのソロが素晴らしい!

12.絆 ~ Affection(2007「blue...」)
新作「blue...」より。
岡田さんのベースソロからアキラさんの泣きのギターソロへ。
初期の作品からの演奏が多い中、一際目立っている美しいバラード。

13.Prism(1977「PRISM」)
ここからアンコール。
1stアルバムから「Prism」。
激しいキメとユニゾンプレイの連続ワザ。伝説はここから始まった。

14.Love Me(1977「PRISM」)
ポイントは3人のキーボーディストのソロ回し。
プリスムの歴史を作ってきた3人。中村哲さんも一時代を築いたキーボーディストだと思うが、なぜサックスで参加してるのか?
最後はアキラさんのソロで感動的にENDING。


「お気に入り度」 ★★★★☆


# 初回特典として30周年記念ゴールドギターピック付き携帯ストラップが封入されてます。
# バックステージでのメンバーへのインタヴューも興味深い。

スポンサーサイト

The Melody At Night, With You / Keith Jarrett

初冬の時期はピアノ系のアルバムをよく聴くが、いつも最後に行き着くのがこれ。
1999年に発売されたキース・ジャレットのピアノソロアルバム「The Melody At Night, With You」

1997年、イタリア・ツアー中のキース・ジャレットを病魔が襲った。長期に渡って原因不明の微熱や疲労感が続き、演奏を1、2分しか続けられない状態となる“慢性疲労症候群”と呼ばれるその病気により、彼は音楽活動を停止した。
このアルバムは病気療養中のキースが自宅のスタジオで、妻のRose Anne Jarrett1人のために演奏したもの。録音もキース自身が手がけているとてもパーソナルな作品。
アルバムのライナーには妻のロザーンが撮ったキースの写真と、ロザーンへのメッセージが。

“For Rose Anne,Who heard the music,Then gave it back to me.”

とてつもなく愛に満ち溢れた作品。
体を中腰に折り曲げ、「キーキー、ウオッ、ガフッ」と声をあげながら神がかり的な演奏を繰り広げるいつものキースはここには居ない。
ただ訥々とメロディを紡ぐだけ。ゆったりとした時間が流れ、止め処ない感動が溢れてくる。
ロック系のブログでも紹介されることのあるこのアルバムは、「ケルン・コンサート」と共に最も人気の高いキース作品ではないかと。
このアルバム評で“雨上がりに家の軒下から水滴が自然に落ちていくような作品”というような表現があった。まさにその通りで、飾った部分が全く無い、心が洗われるような音の数々。

ライヴ・アンダー・ザ・スカイの主催者で、キースの日本公演を一手に引き受けているプロモーター、鯉沼ミュージックの公式サイトで、キースの音楽活動停止時から復活コンサートまでの経緯や、このアルバム評が見れます。特にニューヨークタイムズの紹介記事は素晴らしいのでご一読を!

「ソロ・コンサートへの長い道のり」
「ニューヨークタイムズの記事紹介ページ」

-----------------------------

Keith Jarrett (piano)

Recorded at Cavelight Studio
Engineer : Keith Jarrett
Produced by Keith Jarrett, Manfred Eicher

01. I Loves You, Porgy (George Gershwin / DuBose Heyward, Ira Gershwin)
02. I Got It Bad And That Ain't Good (Duke Ellington / Paul Francis Webster)
03. Don't Ever Leave Me (Jerome Kern / Oscar Hammerstein)
04. Someone To Watch Over Me (George Gershwin / Ira Gershwin)
05. My Wild Irish Rose (traditional:arrenged by Keith Jarrett)
06. Blame It On My Youth ~ Meditation (Oscar Levant / Edward Heyman) ~ (Keith Jarrett)
07. Something To Remember You By (Arthur Schwartz / Howard Dietz)
08. Be My Love (Nicholas Brodszky / Sammy Cahn)
09. Shenandoah (traditional : arrenged by Keith Jarrett)
10. I'm Through With Love (Matt Malneck / Gus Kahn / Joseph Livington)


「お気に入り度」 ★★★★★

# 曲の解説は不要かと。(出来ません)
# キース・ジャレット入門盤とも言えるが、他のキース作品とは明らかに何かが違う。ただただ聴いて貰いたい作品。

Warren Bernhardt Trio / Warren Bernhardt

ステップス・アヘッドのCo-Leaderやスティーリー・ダンのミュージカル・ディレクターも務めたピアニスト、ウォーレン・バーンハート。
彼がDMPレーベルに残した8枚のアルバムの1枚目。邦題は「トリオ '83」。メンバーは、

Warren Bernhardt ( Piano )
Eddie Gomez ( Bass )
Peter Erskine ( Drums )

録音エンジニアのトム・ヤング氏によって1983年に設立されたDMPレーベル。「MITSUBISHI X-80 DIGITAL RECORDER」によるダイレクト・2トラック・デジタル録音を売りにしていた。要するに、マルチトラック録音を行わないスタジオライヴ形式の一発録り。
専門的な事はよくわからないが、ひたすら透きとおった音作りで、限りなく透明に近い白というイメージ。この作品がDMPレーベルの記念すべき第1作目。このトリオと次回作の「HANDS ON」をよく聴いていた。
最初と最後にビル・エヴァンスの曲を配し、ライナーにも“This Recording Is Respectfully Dedicated To The Late Bill Evans”との文字が。
このアルバムでのウォーレン・バーンハートは実にエヴァンスっぽいタッチ。1980年に亡くなったビル・エヴァンスの追悼盤と言える。

ベースはエヴァンストリオに在籍していたエディ・ゴメス、ドラムがステップス・アヘッドでもバーンハートと共演しているピーター・アースキン。申し分無し。
自分の持っているピアノ・トリオのアルバムの中で1番多く聴いてるのがコレ。透明感のある研ぎ澄まされた音を聴いていると頭がすっきりしてきます。

収録曲では、ウエザー・リポートの「A Remark You Made」が目を引く。ジャコのイメージが強いあのテーマ部分をエディ・ゴメスが弾く。この情感あふれるエディ・ゴメスのプレイは必聴モノかと。
DMPレーベルは現在も存在しているのかは不明、この盤も若干入手困難か?

本アルバムに採用されたエヴァンスの2曲が「Fun Ride」と「My Bells」で、何れも『Loose Blues』というアルバムに収録されている曲。
この『Loose Blues』はズート・シムズのテナー、ジム・ホールのギター、ロン・カーターのベースにフィリー・ジョーのドラムという一風変わった?ホーンセクション入りのアルバム。ウォーレン・バーンハートがピアノ・トリオでこの曲を取り上げ、エヴァンスにトリビュートしているのが興味深い。
エヴァンス人気の基本、ピアノ・トリオ形式のいわゆるリバーサイド四部作(「ポートレイト・イン・ジャズ」・「エクスプロレイションズ」・「ワルツ・フォー・デビイ」・「サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード」」からの曲が1曲も無いところがバーンハートのこだわりかも。

秋冬にしっとりと聴く大人のアルバムです。

----------------------------------

01. Fun Ride (Bill Evans)
とにかくピアノの音がキレイ。美しすぎるエヴァンストリビュート。
素晴らしいの一言!

02. Rainbows (Warren Bernhardt)
バーンハートのオリジナルで、これまた美しいバラード。
日本人好みのメロディラインが泣かせます。

03. Anton And George (W.Bernhardt, E.Gomez, P.Erskine)
エディ・ゴメスの弓弾きが特徴的な幻想的なナンバー。トリオ3人による共作。
エヴァンスの深い精神性へのリスペクトを感じさせます。

04. B-Loose Blues (Warren Bernhardt)
スゥインギーなブルース。
このアルバムは最初音が小さいと感じて音量を上げて聴いていると、突然大きくなって驚く。
ダイナミクスレンジが広いということか?
アースキンのソロが小気味良い。

05. A Remark You Made (Joe Zawinul)
ウエザー・リポートの「お前のしるし」
まずエディ・ゴメスの弾くテーマを聴くべし!
バーンハートのピアノも無類の美しさ。この名曲を聴くと、改めてザビヌルの偉大さを感じさせます。

06. Wm. John (Warren Bernhardt)
どこまでも透きとおるようなバラード。
後半リリカルな表情を見せる。

07. New Samba (Warren Bernhardt)
ピーター・アースキンのブラシが心地よいミディアムテンポのサンバ。
この曲のドラムソロをコピーした大学生の頃の譜面が出て来た。(それにしても汚い字)

newsamba.jpg


08. Four Part Improvisation (W.Bernhardt, E.Gomez, P.Erskine)
フリーインプロビゼーション。
前半は浮遊感、中盤は激情、後半はキースジャレットっぽいゴスペル調へ。
気持ちよく寝ていると叩き起こされます。

09. My Bells (Bill Evans)
エヴァンスが晩年も好んでプレイしていたという「My Bells」
ウォーレン・バーンハートのソロで。
このアルバムを気持ちよく聴き終えることが出来ます。


「お気に入り度」 ★★★★★


# エヴァンスへの愛を感じさせる上品なアルバム。
# もう1度このトリオで何か作ってほしい。

Now You Know / 小曽根 真

9月の初めに小曽根真の初期作品4枚がリマスターされ再発された。
「OZONE」(1984年) 
「After」(1985年) 
「Spring Is Here」(1986年)
「Now You Know」(1986年)

発売当時、友人にダビングしてもらったカセットテープでずっと聴いていた4枚目の「Now You Know」を購入。再発をずっと待ち望んでいた。


メンバーは、
Makoto Ozone(Piano)
Steve Kjara(Flute)
John Abercrombie(Guitar)
Marc Johnson(Bass)
Peter Erskine(Drums)

とっかかりは、小曽根のリーダーアルバムというよりも、ジョン・アバークロンビーのギター・トリオ+小曽根というイメージで聴き始めた。
それだけこのギター・トリオ(ジョン・アバークロンビー、マーク・ジョンソン、ピーター・アースキン)に熱を上げていた。

Current Events (1985)
Getting There (1987) このトリオ+マイケル・ブレッカー
John Abercrombie/Marc Johnson/Peter Erskine (1988) ライヴ・イン・ボストン 等

このトリオの特徴はダークかつ繊細、内に秘めた炎が時々激しく炸裂する。ピーンと張り詰めた空気が時に背筋を凍らせるような緊張感がある。
このトリオ+マイケル・ブレッカーでのヴァンガードでのライヴLDもよく見てた。マーク・ジョンソンのリーダー・アルバム『ベース・デザイアーズ』収録の「Samurai Hee-Haw」では日本人を小馬鹿にしたような映像が挿入されており、これも必見かと。「Live at The Village Vanguard」という名前でDVD化されてます。

話が逸れてしまったが、この「Now You Know」は全くダークではありません。むしろ爽やか系?
ジョン・アバークロンビーの色が薄いため最初聴いたときはアレ?と思ったほど。
ポイントはチック・コリアとも共演しているスティーヴ・クジャラ(フルート)の存在。フルートが入っているため、とてもクラシカル&ラテン系の香りがする。ダークかつモーダルなアバークロンビーとクラシカルなスティーヴ・クジャラの取り合わせ。これが本作の見所。
当時25歳の小曽根氏はどういう理由でこのメンバーを集めたのかは不明だが、ジョン・アバークロンビーのトリオを選んだあたり、コンテンポラリーで刺激的なサウンドを目指していたに違いない。
一見クセの強そうなミュージシャン達をまとめているのがプロデューサーのゲイリー・バートン。実に上品に仕上がっていると思います。

------------------------------

01. Watch What I'm Gonna Do
演奏時間10分にも及ぶ大作。フルートがテーマを執るサンバタッチのナンバーでチック・コリアを連想させる。「フレンズ」のジョー・ファレルのイメージ。
クジャラ→小曽根→アバークロンビーと素晴らしいソロが続く。特に小曽根氏のソロが絶品!
幻想的な中間部を経てマーク・ジョンソンのソロ→アースキンのソロ。この曲でのアースキンのプレイは恐るべしカッコよさ。この1曲目が本作のベストか。

02. Might As Well
一転繊細なワルツナンバー。ピアノ・トリオ(小曽根、マーク・ジョンソン、アースキン)での演奏でビル・エヴァンスの香り。これも小曽根氏のピアノが素晴らしい!
2002年のアルバム「Treasure」で再演されている。(ゲイリー・バートンとのデュオ)

03. Endless Season Part 4
クジャラのフルートがテーマをとるクラシカルなナンバー。
ピアノ、フルート、アコースティック・ギターによるトリオの演奏。
このアルバムのトータルイメージになっている室内楽的な三重奏です。

04. This Little Piggy Tells Time
フルートを除いた4人で演奏されたスイングナンバー。
ジョン・アバークロンビーの内に秘めた炎的なソロあり。

05. You Are In Love
ピアノトリオによる美しいバラード。

06. As Is
個人的に本作のメイン。ダークかつモーダルなナンバー。
小曽根氏がジョン・アバークロンビーのトリオをイメージして作ったと思われるハードな曲につき、勿論フルートは入っていない。ギタートリオ+ピアノの演奏。

07. Passage
最後はフルートとピアノのデュオ。二重奏形式によるクラシカルなナンバー。
後半二人が自由な感じで演奏している部分が素晴らしい。


「お気に入り度」 ★★★★★


# スティーブ・クジャラが参加していたチック・コリアの「Again And Again」。フルートとサックスをクジャラが両方吹いていたはずだが、カセットテープを紛失。CDを探しているけれども、なかなか見つからない。再発に期待!





  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター