JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

Bill Evans At The Montreux Jazz Festival / Bill Evans

邦題は「モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス」。
1967年にスイスのモントゥルーで始まったモントゥルー・ジャズ・フェスティヴァル。その第2回のステージを記録した本作は同祭が生んだ初めてのジャズ・ライヴ・アルバムらしい。
モントゥルー郊外のレマン湖畔に建つシヨン城がジャケットに使われており“お城のエヴァンス”として親しまれている。



(パーソネル)
ビル・エヴァンス(ピアノ)
エディ・ゴメス(ベース)
ジャック・ディジョネット(ドラムス)

○1968年6月15日 スイス、モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルにてライヴ録音


一年中、家の中では音楽が鳴っているわけだが、季節によって聴くものは変わってくる。
春夏はフュージョン系とかロック系をよく聴くが、秋冬は女性ヴォーカルものやピアノトリオ等 比較的落ち着いたものを選ぶことが多い。ここ10年くらいはずっとそんな感じ。
やはりこの時期はピアノの繊細な音が心に染みてくる。ビル・エヴァンスとかキース・ジャレットの初期のスタンダーズトリオをよく聴いてるかな。
日本人だから季節感というものを大事にしてます(笑)

今日は自分が始めて聴いたビル・エヴァンスのアルバム「モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス」。
いつかはスイスのレマン湖畔に行ってみたいと思いながら20年近く聴いている。

有名な作品なので今までいろいろ語られているが、ビル・エヴァンスのアルバムの中でもかなり激しい演奏が繰り広げられているのが本ライヴ。
特にドラムがうるさい。ベースもベンベンうるさい。でも、そこがいいのだ。

1番のお気に入りは冒頭のメンバー紹介のアナウンスから始まる「01.One for Helen」
これのイントロのピアノ、そしてエディ・ゴメスとジャック・ディジョネットが入ってくる部分、しびれる~!途中のピアノソロは全部唄えてしまうほど聴きすぎた。

マイルスのオリジナル「04. Nardis」も迫力の演奏で本作のメイン。
エディ・ゴメスの素晴らしいソロの後、ビル・エヴァンスの奇跡のソロあり。このピアノ・ソロがかっこいいのなんのって。
その後、ザーツクザーツクで始まるディジョネットのロングソロも感動的。ストーリーを感じるソロとはこんなソロを言うのだろう。(一般的にはうるさく聴こえるようですが。。。)

このアルバムがいいのは「One for Helen」「Nardis」とか「Walkin' Up」等の激しい曲に挟まれたバラードがこれまた素晴らしい事。
激しい「Nardis」の後に入ってるビル・エヴァンスのソロピアノによる「05.I Loves You, Porgy」とか、エディ・ゴメスのソロをフィーチュアした「07. Embraceable You」、あまりに美しすぎる「10. Quiet Now 」など。
若い二人に触発されたビル・エヴァンスのはつらつとしたプレイが光るグラミー賞受賞作。当然の必聴盤。

----------------------------------------

01. Introduction / One for Helen
ビル・エヴァンス・トリオのマネージャー兼プロデューサーのヘレン・キーン(女性)に捧げた曲。
超クールなテーマのジャンプナンバー。エディ・ゴメスの激しいソロあり。
恐ろしくカッコイイ大好きな演奏!

02. Sleepin' Bee
いかにもエヴァンスという感じのナンバー。
この曲もゴメスが目立っている。このアルバムを通してゴメスの凄さを思い知ることが出来る。
一般的にはベースがうるさいという評価らしいが、自分は大好きです。

03. Mother of Earl
邦題は「伯爵の母」。作曲者のアール・ジンダーズが自分の母親に捧げた曲。
自分のお母さんが伯爵って。。。想像出来ない世界ですが、曲はすばらしい雰囲気のバラード。
伯爵の優雅さがにじみ出ている。
こういうバラードはほんとにエヴァンスはいい!

04. Nardis
本作のメイン、3人が素晴らしいプレイを繰り広げている。
ゴメス→エヴァンス→ディジョネットと奇跡的なソロを展開。
とにかくエヴァンスのソロが素晴らしい!大名演!!

05. I Loves You, Porgy
ジョージ・ガーシュインの名曲をビル・エヴァンスのソロピアノで。
文句無しです。ピアノの音もすごくいい音で録れてる。

06. Touch of Your Lips
これも冒頭のソロピアノが素晴らしいリリカルなナンバー。
ビル・エヴァンスの独壇場。

07. Embraceable You
ジョージ・ガーシュインのナンバー。
エディ・ゴメスのソロを大フィーチュア。エディ・ゴメスについて比較的地味な印象を持ってる人はこのアルバムを聴くと考えが変わるのでは?
それだけ弾きまくっている。

08. Someday My Prince Will Come
このいつか王子も美しい。
これを聴いてるとキース・ジャレットのスタンダーズトリオを思い浮かべる。
スタンダーズっぽい展開の演奏と言えるかも。

09. Walkin' Up
1回目のアンコールナンバーか?
激しくスインギーな曲。エンディングはエヴァンスらしくリリカルにしめくくる。

10. Quiet Now
CD化の際に追加収録されたアンコールナンバー。
ビル・エヴァンスのソロピアノでしっとりと。


「お気に入り度」 ★★★★★


# 死ぬまでに一度はレマン湖畔に建つシヨン城を見に行きたい。
# ポンタボックスがモントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルに出演した時のビデオを見る度に行きたくなってくる。(“For Bill Evans”と題して「Nardis」を演奏してる。シヨン城の中を散歩してる画像もあり。)


スポンサーサイト

I'm The One / Roberta Flack

「The First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)」や「Killing Me Softly with His Song(やさしく歌って)」等のヒットで知られるロバータ・フラックの1982年の作品。

プロデュースがラルフ・マクドナルド、ウィリアム・イートン&ウィリアム・ソルター。
このプロデュース陣の名前を見ただけでサウンドが浮かぶ人は正統派フュージョンファンの方。
グローバー・ワシントンJr.「ワインライト」や渡辺貞夫「ランデブー」の音と言えばお解かりいただけるかと。スウィートなメロウ・グルーヴ系ど真ん中の作品です。
この秋冬、これを聴きながら意中の人と夜のドライヴに出掛けてみては?クリスマスに向けて必ずいい事が起きますから(笑)

参加ミュージシャンも折り紙つき。

Steve Gadd : Drums
Buddy Williams : Drums
Eric Gale : Guitar
Ralph Macdonald : Percussion
Marcus Miller : Bass
Richard Tee : Fender Rhodes
Grover Washington,jr. : Soprano saxophone
Paul Griffin : OBX synthesizer

Vivian Cherry : Background vocals
Kasey Cisyk : Background vocals
Diva Gray : Background vocals
Frank Floyd : Background vocals
Zack Saunders : Background vocals
William Eaton : Background vocals

参加ミュージシャンを見ただけでもう間違い無しかと。
何と言ってもリチャード・ティーのローズにグローヴァーのソプラノですからね。
若きマーカス・ミラーもいい仕事してるし、ドラムはスティーヴガッドですから。
これで失敗したら、そもそも縁が無かったということで(苦笑)

------------------------------------

01. I'm the One
イントロのギターのカッティングに絡むパーカッションとドラムのスウィートなグルーヴ。
歌を盛り上げるストリングスもGood!

02. Till the Morning Comes
ロバータ・フラックのシルキーなヴォーカルにバックのコーラスが絡むサビの部分が美しすぎて。。。リチャード・ティーのローズは罪ですね。

03. Love and Let Love
この哀しみがあふれたイントロ。
夕暮れ時に聴くと最高の雰囲気に。

04. Never Loved Before
日本でも大ブレイクしたボビー・コールドウェルの曲。
ストリングスをバックにしっとりと歌い上げるロバータ・フラック。
これも脳みそトロトロ系ですね。

05. In the Name of Love
チョット一息な爽やか系。
グローバー・ワシントンJr.のソプラノサックスが心に染みる。
バックコーラスもいい!

06. Ordinary Man
“ラヴ・バラードの帝王”ピーポ・ブライソンの曲。ロバータ・フラックはピーポ・ブライソンとの共演盤もリリースしている。
ピーポ・ブライソンと言えば、デヴィッド・フォスターがホストの「JT Super Producers」での歌いっぷりが特に印象に残ってる。

07. Making Love
そして本作のメイン。バート・バカラック作の"Making Love"
リチャード・ティーのローズとロバータの二人だけで始まる。
そしてバンドが入ってきて荘厳なストリングスのパートへ。
これで決まりですね。

08. Happiness
“幸せ”という名の余韻を楽しみながら適当に流してよろしい曲かと。
(今日の記事はかなり妄想が入ってるな。。。)

09. My Love for You
「ピアノ・イン・ザ・ダーク」で知られるブレンダ・ラッセルの曲。
7曲目以降、Making Love→Happiness→My Love for Youという美しい流れになっております(笑)


「お気に入り度」 ★★★★★

# 「ワインライト」の好きな人にはオススメ!
# 秋冬のドライヴ(夕暮れ時から深夜まで)の必携アイテム。

Traveling Miles / Cassandra Wilson

“Princess of Darkness”ことカサンドラ・ウィルソンが帝王マイルス・デイビスに捧げたトリビュートアルバム。
本人曰く「トリビュートというよりはオマージュという感じよね。マイルスの哲学というか、精神をテーマにしたアルバムなのよ。」 (ライナーより)
マイルスのオリジナルの他、マイルスゆかりの曲、マイルスの世界感を彼女なりにイメージしたオリジナルで構成されている。何とマイルスのオリジナルに彼女が歌詞をつけている。

秋冬には必ず聴いている本作。夕暮れ時に車の中で聴くのも最高。
まずこのジャケットがいい!
唇に当てた指はマイルスのマウスピースか、それともペロッと指を舐めるマイルスがよくする仕草をイメージしたものか、
何れにしてもこの写真は素晴らしく綺麗です。

あくまでオマージュであるからして、露骨にマイルスのアドリブパートをなぞったりはしない。
マイルスの精神を彼女なりの解釈で歌っていく。時には重く、時にはさらりと。(比較的重たいかな)

核になるメンバーは、
Cassandra Wilson(vo)
Lonnie Plaxico(b)
Marvin Swell(g)
Kebin Breit(g)
Eric Lewis(p)
Mino Cinelu(per)

ゲストプレイヤーとして、
Pat Metheny(g)
Regina Carter(vln)
Stephan Harris(vib)
Dave Holland(b)
Steve Coleman(as)
Angelique Kidjo(vo)
Olu Dara(cor)
Cecilia Smith(vib Marimba)
Marcus Baylor(ds)
Jeff Haynes(per)

パット・メセニー、デイヴ・ホランド、M-BASEで一緒だったスティーヴ・コールマンの参加が目を引く。
マイルスのオリジナルからの選曲は、「04. Time After Time」や「09. Resurrection Blues (Tutu)」など比較的後期のものが目立つが、中でも1曲目、ビッチェズ・ブリューからの「01.Run The Voodoo Down」が大のお気に入り。
これを聴いた後、マイルスのオリジナルを聴く。サウンドはかけ離れているが哲学(精神性)は共通しているような気がする。なるほど...と思ってしまう。
そして、マイルスの曲に自分で歌詞をつけてしまうという大胆さ。是非日本盤を買って歌詞を見ることをオススメします。慣れ親しんだマイルスの曲に新しいイメージが付加される事うけあい。
彼女自身のオリジナルがこれまた素晴らしい。このオリジナル曲がいいので他のマイルスのオリジナルが相乗効果で良くなって聴こえる。
秋の夜長はこの1枚で。

------------------------------------

01. Run The Voodoo Down
世紀の問題作、「ビッチェズ・ブリュー(69年)」からマイルス・ラン・ザ・ブードゥ・ダウン。カサンドラ・ウィルソンが歌詞をつけている。
超クールに蘇っている。マイルスを彷彿とさせるオル・ダラのコルネットも雰囲気。そして、ジェフ・ヘインズのパーカッションが最高に気持ち良い。このグルーヴ感は全国の高校生ブラスバンドパーカッション課は必聴。
素晴らしい名演で本アルバムのベスト!

02. Traveling Miles
彼女のオリジナルでタイトルチューン。
ジャズっぽいバラードのアレンジで、スティーヴ・コールマンの素晴らしいソロあり。
カサンドラの歌も染みます。

03. Right Here, Right Now
ジョニ・ミッチェル風のギターをフィーチャー。
これはマイルスか?マイルスなんだろう...

04. Time After Time
「ユア・アンダー・アレスト(85年)」収録のシンディ・ローパーのカヴァー。
このタイム・アフター・タイム、シンディの名曲をマイルスが演ったから良かったのであり、それをまた別の女性ヴォーカルがカヴァーするのはちょっと違う気がする。
が、ロニー・プラキシコのアコースティックベースをボトムにとても心地良いナンバーに仕上がっている。

05. When The Sun Goes Down
カサンドラ自身がアコースティックギターを弾いている彼女のオリジナル。
途中エレキギターのソロもあるハイブリッドなナンバー。

06. Seven Steps
「セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン(63年)」より。
ヴァイオリンとビブラフォンの絡みでグルーヴを作っていく。ジャズのようなゴスペルのような不思議な世界。
途中、ヴァイオリンソロでロリンズの「セント・トーマス」のテーマが出てくるが、そのあたりのセンスは理解不能(笑)

07. Someday My Price Will Come

「サムデイ・マイ・プリンス・ウイル・カム(61年)」より。
こんなダークな雰囲気のサムデイがかつてあっただろうか。必聴の名演では。
エレクトリックマンドリンとヴァイオリンの悲しい調べがダークネス。

08. Never Broken (ESP)
「ESP(65年)」より。
マイルスのオリジナルアルバムは大愛聴盤。あれをきいてると部屋の中を風が吹き抜けるような感覚を覚える。スピーカーから風が吹き出しているかのような。
カサンドラが歌詞をつけ、ムードもそのままに。

09. Resurrection Blues (Tutu)
本作でも1、2を争う名演。TUTUを取り上げてくれるカサンドラのセンスに大拍手です。
これを聴くためにこの盤を買ったようなもの。最初に聴いて大満足&大納得の素晴らしい演奏です。
まずオリジナルの「TUTU(86年)」自体が奇跡の名盤。まずそっちを聴くべしですね。

10. Sky And Sea (Blue In Green)
「カインド・オブ・ブルー(59年)」より。
デイヴ・ホランド&パット・メセニーです。格の違う演奏でロールスロイスに乗った様なBlue In Green。(実際に乗ったことは無いですが...)
メセニーのソロが始まると全部彼が持っていってます。カサンドラはもちろんデイヴ・ホランドもいい。極上とはこのことか。

11. Piper
「スケッチ・オブ・スペイン(59年)」収録の“ザ・バン・パイパー”にトリビュートした曲。
カサンドラとギターのマーヴィン・スーウェルのデュオ。彼女もギターを弾いている。
このアルバムを聴いていると、必ずマイルスのオリジナルも聴いてしまい交互に繰り返し聴いてしまう。睡眠不足になりますね。

12. Voodoo Reprise
アフリカ出身のヴォーカリスト、アンジェリーク・キジョーを迎えた「01. Run The Voodoo Down」の別テイク。
これがまたいい。グルーヴの塊です。

13. Prancing (日本盤のみ追加収録)
サムデイ~収録のPfrancing(No Blues)のトリビュート?
微妙に曲名が違うしチョット不明です。

「お気に入り度」 ★★★★★

# ジャケットがいいアルバムはほぼ中身もいい。
# 同じブルーノートから出てる「ニュー・ムーン・ドーター」もいい。

Reunion / Gary Burton

秋の気配を日に日に感じるようになってきた。朝晩も肌寒い。
今回はそんな初秋にぴったりの1枚を。

ゲイリー・バートンがパット・メセニーと再会し、1989年にGRPから発表した「Reunion」。
おそらくメセニーがGRPレーベルに参加した唯一の作品。

ゲイリー・バートンはメセニーを世に送り出したことで有名。メセニーの才能を見出し、マイアミ大学を中退させ、ボストンのバークリー音楽院に引き入れた。
メセニーはバークリーの講師を経て、1974年にゲイリー・バートンの「リング」でレコーディング・デビュー。1976年迄ゲイリー・バートンと活動を共にしている。

それから12年後、1988年のモントリオール・ジャズ祭での再会をキッカケに翌年録音されたのが本作。
当時ゲイリー・バートンはGRP所属、パット・メセニーもゲフィンとの契約があり共演は難しい状況だったらしいが、「師匠と弟子」のコネでなんとかメセニーのGRPレーベルへの参加が許されたとか。

そんな感じ?で作られたこの「Reunion」。これが素晴らしい出来。
まず良い点がメセニーが1歩引いた感じで、サイドマンに徹しているところ。「師匠と弟子」の力関係なのか、あくまでリーダーはゲイリー・バートン、メセニー色が若干薄い。そのあたりのサウンド作りが秋を感じさせる基なのかも?
他の参加ミュージシャンも豪華。

Gary Burton : Vibraphone,Marimba
Pat Metheny : Guitar
Mitchel Forman : Piano and Keyboads
Will Lee : Electric Bass
Peter Erskine : Drums and Percussion

こういった感傷系の作品にピーター・アースキンの繊細なタイコはバッコシはまる。ミッチェル・フォアマンの透明感あふれるプレイもいいですねー。
“スター同士の再会”というエポックな感じではなく、優しくしっとりと爽やかなフュージョンに仕上がっている。今の時期に絶対オススメの1枚であります。

----------------------------------

01. Autumn (Polo Orti)
1曲目の題名が「Autumn」ですから。
このアルバムの方向性が垣間見える爽やかなフュージョン。
バートンのソロ→メセニーのソロへ。よく聴くとメセニーのソロのバックでウイル・リーがチョッパーを演っている。

02. Reunion (Mitchel Forman)

マイナーな旋律で感傷系ど真ん中。冷たい風が体の中をすり抜けていくようなサンバフィールの曲。
ビブラフォンの音色ってほんとに秋にぴったり。ミッチェル・フォアマンのピアノソロも絶品!
さらに感傷系でのメセニーのプレイ。。。切なすぎて感無量です。

03. Origin (Mitchel Forman)
郷愁系のゆるやかなミッチェル・フォアマンのシンセをバックに、メセニーのアコースティックギターがこれまた染みる。

04. Will You Say You Will (Vince Mendoza)
ヴィンス・メンドーサのオリジナルで、ウイル・リーが全編チョッパーのライト・フュージョン。
それでもサウンドはセンチメンタルな秋。

05. House on the Hill (Pat Metheny)
5曲目にして初めてメセニーのオリジナル。美しいバラード。
バートンのアドリブパートで倍テンになるが、自分のオリジナルなのにメセニーのソロは無し。
あくまでサイドメンとしての参加が徹底されてる。

06. Panama (Paul Meyers)
と思ったらギター・シンセ登場!
バートンもマリンバをプレイ。本作で唯一とも言える明るくポップな雰囲気。

07. Chairs and Children (Vince Mendoza)
変拍子を挟んだ複雑なテーマながら感傷的なナンバー。
バートン→メセニー→フォアマンとソロが続くが、感傷的なメセニーに対して明るいフォアマンのソロ。

08. Wasn't Always Easy (Pat Metheny)
漂うようなメセニーのバラード。
幻想的なシンセをバックに、バートンのソロが素晴らしいです。
ここでもメセニーはソロをとっていない。

09. Chief (Pat Metheny)
アースキンの手数が多いアップ・テンポなメセニーのオリジナル。
ようやくメセニーが前に出て来た。

10. Tiempos Felice (Happy Times) (Polo Orti)
ハッピー・タイムスと副題のついた美しいテーマの名曲。
またメセニーが引っ込んだ。

11. Quick and Running (Polo Orti)
最後はかなり激しい演奏。ステップス・アヘッドのようなリズムの切れ込み具合。マイク・マイニエリを意識したか?
複雑で長いユニゾンセクションがある。メセニーのシンセ・ギター、本アルバム唯一のアースキンのシンバル強打あり。


「お気に入り度」 ★★★★★


# 再会アルバムと銘打ってるのにメセニーがほとんど弾いてないのがポイント。
# ミッチェル・フォアマンのセンスも堪能できます。

  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター