JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Positivity / incognito

incognitoを語る上で絶対に外せない一枚であり、90年代のアシッド・ジャズ・ムーヴメントの金字塔的作品だと個人的に思ってるのがコレ。インストゥルメンタルの多かった前作の「Tribes,Vibes and Scribes」に比してメイザ・リークのヴォーカルを前面に。
とにかくリズムが気持ちよくて、体が自然に動いてくるし、聴いてて頭がすっきりする。車の中で聴いたりすると最高。中でもミディアムテンポのグルーヴナンバー「Still A Friend of Mine」「Smilling Faces」「Inversions」は激オススメ!
自分がincognitoが好きなのはやはりシンプルな音作り&どことなく懐かしい響きの曲。見た目は?のブルーイですが、文句無しのファンです。
この「Positivity」は日本盤とUS盤では収録曲・曲順が違うようです。自分が持ってるのは日本盤ですが、収録曲の多いUS盤を購入されたほうが良さげですね。

incognito
Maysa Leak(Lead and Supporting Vocals)
Mark Anthoni(Lead and Supporting Vocals)
Sarah Brown(Supporting Vocals)
Richard Bailey(Drums)
Thomas Dyani(Percussion)
Randy Hope Taylor(Bass)
Patrick Clahar(Tenor,Soprano Saxophones)
Fayyaz Virji(Trombone)
Kevin Robinson(Trumpet/Fligerhorn)
Graham Harvey(Keyboads/Vocorder Keys/Bass Synth)
Peter Hinds(Keyboads)
J.P."Bluey"Maunick(Guitar/Vocals/Keyboads/Bass/Drums and Percussion Proguramming/Vocorder Voice)

こちらはウエスト・コースト・ジャズの雄、チコ・ハミルトン・クインテット/チコ・ハミルトン(「邦題 ブルー・サンズ」Pacific Jazz、1955年録音)というアルバムですが、「Positivity」のジャケットとそっくりです。楽器の配列、色、立ち振る舞いと明らかに意識的に似せている。このチコ・ハミルトン・クインテットはジャズ評論家である寺島靖国著「辛口!JAZZノート」で紹介されてたので持ってます。リーダーのドラマーであるチコ・ハミルトンのブラシを聴くアルバムなんですが、ブルーイがウエスト・コースト・ジャズからも影響を受けていることがうかがい知れて興味深い。


01. Still A Friend Of Mine
02. Smiling Faces
03. Where Do We Go From Here
04. Positivity
05. Deep Waters
06. Pieces Of A Dream
07. Talkin' Loud
08. Thinking 'Bout Tomorrow
09. Do Right
10. Inversions
11. Better Days
12. Keep The Fires Burning
13. Givin' It Up
14. Still A Friend Of Mine (Acapella)


「お気に入り度」 ★★★★★


# こんなカッコイイのは滅多にお目にかかれない。
# ドラムとベースだけで踊れます。


スポンサーサイト

Everyday Everynight / Flora Purim

桜もまだ咲いてないが、一足お先に夏気分!
フローラ・プリムは、チック・コリアのリターン・トゥ・フォーエヴァー「第1期」の大ヒット作“リターン・トゥ・フォーエヴァー”、“ライト・アズ・ア・フェザー”に参加したことで知られるブラジル生まれの女性ヴォーカリスト。本作はストリングス&ホーンアレンジにミシェル・コロンビエーを迎え、米ポップシーン進出を狙って1978年にLAで録音されたブラジリアン・コンテンポラリー・フュージョン・ヴォーカルアルバム。要するにごちゃまぜ系(笑)

参加ミュージシャンも超豪華!

Flora Purim(vo)
Michel Colombier(arr.elp)
Randy Brecker(tp)
David Sanborn(as)
Michael Brecker(ts)
Lee Ritenour(g)
Jay Graydon(g)
Herbie Hancock(p.elp)
George Duke(elp.vo)
David Foster(p.elp)
Jaco Pastorius(b.vo)
Harvey Mason(ds)
Airto Moreira(per)

ジョージ・デュークやジェイ・グレイドン&デヴィッド・フォスターの参加が目を引く。ブラジリアンなサウンドではなく、コンテンポラリーなAOR系を狙ってることが想像できる。リターン・トゥ・フォーエヴァーのフローラしか知らない人は、「一体どんなサウンドなんだろう?」と...(聴いてからのお楽しみ)

フローラ、アレンジャーのミシェル・コロンビエーの他に本作の主役がジャコ・パストリアス(4曲に参加)。かれこれ20年近く聴き続けてる本作ですが、きっかけもジャコからだった。特にオススメは「03.The Hope」。冒頭のフローラのヴォーカルとジャコのユニゾンプレイ。これ聴いたら震えます。ベースってこんなにもセクシーな楽器なのかと...

フローラ・プリムの歌は実に不思議な感覚がある。少女っぽい面があると思えば突然演歌系になったり、それでいて、バラードをしっとりと歌い上げてしまう。麻薬不法所持で御用になったりとダークな一面もあったりして、自由奔放な生き方が歌に出てると思います。

ブラジルありAOR風ありと、トータル的にはごちゃまぜ感のある本作ですが、ミシェル・コロンビエーのアレンジが1978年という時代を真空パック。思わず笑ってしまいそうになるクサいアレンジや、クワイエット・ストーム系の曲なのにドラムとかパーカッションがやたら音がデカいなど、全く洗練されてない音作り。本格派にはそっぽを向かれるかもしれないが、それが味。大好きです。
これを聴くと自分はどんな音楽が好きなのかよくわかる。ブラジルなのかAORなのか、それともクワイエット系なのか。結局、全部好きということに気づくわけですが...

-----------------------------

01. Everday, Everynight
ホーンアレンジが70年代ディスコ。男性コーラスがマントラ風。
テンポが変わりフローラ・プリムのエモーショナルなヴォーカルパートへ。
マイケル・ブレッカーの素晴らしいソロあり。

02. Samba Michel
高速のサンバチューン。ヴォーカルパートの速いパッセージはフローラ・プリムの独壇場。
勿論ブラジリアンパーカッションが主役だが、ジョージ・デュークやジェイ・グレイドンが参加しているため、どことなくAORの香りがする。L.Aサンバですか。

03. The Hope
本作のメインと位置づけてます。
フローラのヴォーカルと絡むジャコを聴いてみて。痺れるから絶対に。
この曲だけでも買う価値あり。
デヴィッド・フォスターがローズを弾いてます。

04. Five-four
5拍子のコンテンポラリーなブラジリアンナンバー。
フローラとご主人であるアイアート・モレイラのヴォーカル。
リトナーとジェイ・グレイドンのツインギター。

05. Walking Away
米のチャートを意識したスイートソウル系。フローラ・プリムがスイート系を歌う。
この違和感が味。
マイケルブレッカーのソロが素晴らしい。

06. I Just Don't Know
これまたロバータ・フラックを意識したようなクワイエット系が続く。
後半ジョージ・デュークがヴォーカルで絡んでくる。
基本的にフローラは黒くないので二人は馴染まない。クワイエット系の必須条件である霧がかった包み込むような感じは無い(笑)

07. In Brasil
3曲連続でソウル系バラード。
やはり各楽器のバランスがおかしい。ヴォーカルよりバックの音がデカイってありなのか?
それが味。

08. Las Olas
ご存知ジャコのオリジナル。本作で一番ジャズっぽい演奏。
フローラ、ハービー・ハンコック、ジャコ、アイアートの4人の演奏。
ハンコックが無限の広がりを見せる。

09. Blues Ballad
このバラードは素晴らしい。ジャコのプレイ、サンボーンのアルト、泣いている。
もっと聴きたいのに1分57秒で終わる。何故だ?

10. Overture
70年代という時代の空気を一番感じられる曲。
ミシェル・コロンビエーのオリジナルアルバムにも収録された当時の人気曲。

11. Why I'm Alone
最後はハスキーなフローラのヴォーカルとサンボーンの泣きのアルトが冴え渡るバラード。
ヘレン・メリルwithクリフォード・ブラウンのアルト版という趣。フローラの魅力が全開。


「お気に入り度」 ★★★★★


# 聴かなきゃ損!レベルの激賞盤。特にジャコ。
# トータル的には聴く人によって極端に評価が分かれそうですが。

Conscious Mind / 吉弘千鶴子

吉弘千鶴子は、JIMSAKUやOTTOTTRIO(野呂一生、安藤まさひろ、是方博邦)のサポート等で知られるピアノ/キーボーディスト。
古館と阿川泰子が司会の資生堂提供のトーク&音楽番組「おしゃれ30・30」(おしゃれカンケイ、おしゃれIZMの前身)にアレンジャー兼キーボーディストとして参加。現在の女性ピアニスト・ブームのはしりみたいな存在の人です。

しかしこの人はただの美人ピアニストではない。日本とニューオーリンズの両方を拠点として活動、ゴスペルのアルバムを発売するなど、筋金入りのブラック・ミュージック派。(OTTOTTRIOのライヴではヒラヒラの白いフリル付きスカートだったんですが。。。)

本作は1993年にジャズの名門レーベルのヴァーヴレコードから発売された彼女の1stリーダーアルバム。斉藤ノブ氏がプロデュースで、当時日本でも盛り上がっていた“アシッド・ジャズ”テイストの作品でロンドン録音。インコグニートのメンバーや、スペシャルゲストとしてロニー・ジョーダンも参加してます。
発売後10年以上経った現在においても、海外では未だラジオでオンエアーされ続け、クラブ系DJの必須アイテムとなっているとのこと。自分もUKソウルにハマッていた時期があり、この作品とインコグニートの「Trives,Vibes and Scrives」はよく聴いてました。続編が出るとの噂から発売を待ちわびて早や13年...
Grover Washington Jr.でお馴染みの「Winelight」やハンコックの「Tell Me A Bed Time Story」、デオダートの「Skyscrapers」が硬質かつクールに蘇ってます。自分の持ってるのはUS盤ですが、ジャケットもサウンドも日本人の作品だとは到底思えないであろう作品。クールな都会派の方は是非!

Chizuko Yoshihiro (Piano,Rhodes)
Ronny Jordan (Guitar)
Steve Williamson(Tenor Saxophone)
Max Beesley(Vibraphone)
Randy Hope Taylor(Bass)
Andy Gangadeen(Drums)
Thomas Dyani Akuru(Percussion)

ほか

--------------------------------

1. Conscious Mind (Chizuko Yoshihiro)
クールな打ち込み系のサウンドの上で奏でられるピアノのテーマが何ともすっきり。
Richard MazdaのRAP。

2. Central Junction (Chizuko Yoshihiro)
インコグニートのリズム隊が作り出す極上のビートは必聴。ブラスセクションに絡むローズピアノがこれまた格別。
最初に聴いた時はインコグニートのブルーイのオリジナル曲だと思った。カッコよすぎる。

3. Winelight(William Eaton)
~Dedicated To Grover Washington Jr.
ワインライトです。オリジナルと比べてかなり硬質に仕上がっている。
フルートソロが“アシッドジャズ”の香り。
このベースラインの気持ち良さは永遠。

4. Moonlight Serenade (Glenn Miller)
グレンミラーのスタンダードをクラブ系にアレンジ。
Max Beesleyのビブラフォンソロ、吉弘のピアノソロとも攻撃的で、オリジナルの持つムード音楽的部分を極限までそぎ落としてる感じ。

5. Replicant (Chizuko Yoshihiro)
ベースとドラムが打ち込み。
ロニー・ジョーダンのクールなプレイが光る。
Colin Steeleのミュートトランペット、Richard MazdaのRAP。都会派です。

6. The Things We've Waited For... (Chizuko Yoshihiro)
思い描いていた夢がいつか叶う...という意味の曲で、女性コーラスの入る優しい雰囲気のナンバー。
ここまで硬質かつクール路線だったので、とても清涼感を感じる。お気に入り曲。

7. Skyscrapers (Eumir Deodato)
フュージョン路線の色濃いアレンジ。彼女がフュージョンプレイヤーであることを証明してくれる。
ハモンドソロが懐かしい響き。ホーンセクションも鳴ってます。

8. Tell Me A Bed Time Story (Herbie Hancock)
ハービー・ハンコックの名曲をクールなUKソウルアレンジで。
ロニー・ジョーダンのアコースティックギターソロが爽やか。
名演!

9. Sweet Joker (Chizuko Yoshihiro)
最後はコテコテのファンキーチューン。「おしゃれ30・30」で見てた彼女のイメージとは全く違う“黒い”演奏。
クラブでのライヴ演奏っぽい仕上がり。


「お気に入り度」 ★★★★★


# プロデューサーが斉藤ノブ氏なのがミソであり、よくわからない部分でもある。 
# 続編が翌年に録音されたとの噂だったが、出てるのか不明。




(番外編)
OTTOTTRIOでのライヴ映像!でショルダーキーボードを弾く吉弘さんが見れます。
こんなレア映像が残っていたとは...You Tube恐るべし。
特に「GUITAR CUBIC」はスゴイ!

OTTOTTRIO with CASIOPEA & T-SQUARE/ VENUS

Live! Rhythm Designer~Shuichi“PONTA”Murakami Solo Performance 2006~ (DVD)

2006年8月30日、青山円形劇場で行われた村上“ポンタ”秀一のソロ・ライヴの模様を収めた映像作品。
ステージ上に4台のドラムセットを配し、曲によって叩き分けていく。右耳のイヤー・モニターでクリックだけ聴きながら、プログラミング+生ドラムで、アルバム「Rhythm Designer」を完全再現。

ドラマガの記事やDVD最後のインタービューにもあるように、ポンタさん自身が“本気で自画自賛”するぐらいの自信作。カメラが16台!各曲に合わせた映像面での演出も素晴らしいし、音もいい。いろいろな角度からポンタさんの美しく柔らかい動き、繊細なタッチが見れる。

ビート感のない内省的な曲が多く、少々難解かもしれないが、ポンタさんの頭の中ではこういう音が鳴ってるのか。。。と
曲も持つイメージや色を最優先にしたプレイ。手数も少なめ、クールでオトナ向けの作品だと思う。

第二部では雰囲気を一変。ゲストのヴォーカリストTina、南佳孝を迎えてドラムとヴォーカルのデュオ。特にTinaとの「Caravan」は必見。ライナーにあるように、この作品はポンタの代表作となること必至!見る人によって感じ方がそれぞれ違うハズ。いろいろなイメージが湧いて来る作品だと思います。

Performed by Shuichi “PONTA”Murakami
Special Guest : Yoshitaka Minami(vocal & Guitar),Tina(vocal)

Sound Produced & Arranged by Shuichi “PONTA”Murakami & Go “Fisher”Sato

-----------------------------------

01. Rhythm Designer Overture
02. Gotta Be Mine! 1976@NYC

「ここは俺の場所だ!1976@NYC」

まず衣装に目がテン。Yohji Yamamotoのトラプリントのシャツ!
ライヴのイメージとかなり違う強烈なプリントだけど、やはり上品さが漂うシャツです。
ただ、Yohji Yamamotoは金髪には合わないと思うんだけど(笑)
1曲目は、70年代クロスオーヴァー風味漂うクラブ系サウンド。


03. I Can Live For This - The Invitation From Miles
「マイルスからの招待状 ~ その一言で一生やっていける」

下山ペイントのドラムセットに移動。
これはマイルスっぽくない。ビル・エヴァンスに近いイメージ。


04. Not Wanna Go But Return
「アフリカに行きたいんじゃない、いつかまた帰りたいんだ」

ポンタボックスの2nd「desert in the dessert」の香り。
水の流れるような音が聞こえる。


05. Buzz Me In Four Counts
「4つ数えるうちに電話くれ!」

モノクロの映像が入る。打ち込みメインで手数が少なめ。


06. Like A Flying Whales
「まるでクジラが空を飛んでいるようなフィルイン」

これも不思議系。
ドラムがフリーっぽくなるところはコルトレーン。
その他はサッチモ?


07. The King Of The Matter
これはマイルス。それっぽいイメージ映像あり。
ベースラインがジャン・ピエール風。


08. Cry For His Shoulders
「アイツの背中で泣けてきた」

ゆったりとした暖かいビート。
根底に流れるのは矢沢永吉の“東京ナイト”か?


09. Andy Sez "May I Draw You?"
「“君を描かせてくれないか?”とアンディ・ウォーホルは言った」

漂うようなバラード。
曲中にYMOのようなテクノサウンドが入るのが印象的。


10. Believe In Your Instinct
「人生、右向け左。流されたら終わりだ」

ポンタボックス風のジャズバラード


11. Obscure Enforcement
「見えない何か(力)に動かされて」

本作の中で一番難解な曲。
オブジェや陶器の映像が写しだされるアブソルートな作品。
ポンタさんの幅広い音楽性が垣間見れます。


12. The Broken Strat - A Memory Of Kenji
「壊れたストラトキャスター ~ 大村憲司の想い出」

このギターソロは大村憲司さんのサンプリングなんだろうか?
それっぽいんだけど違うような気もするし。。。


13. Never Trust A Cheap Crap
「服、楽器、レコード・・・好きな物に金を惜しむヤツを俺は信用しない」

女子十二楽坊?
アコーディオンの音のサンプリングなので、コバさんかな。
かなり好きな曲で耳に残ります。


14. The Rhythm Of Tiger And Dragon
アジアンテイストがたっぷりのノブケイン風。


15. Rush(Kick The Butt Out!)
「まず、蹴りを入れろ!」

アフロ・キューバンと16ビートが混合してる複雑なビート。
以前、タモリの笑っていいとも!にポンタが出演した時、ドラムセットにまず蹴りを入れてたのを思い出す。
ドラムに蹴りを入れて「どうもすいません」とドラムに言わせてました。


16. Don't Think,Sing!
一部の最後は跳ねた感じのシャッフル。


17. Caravan
クリックから解き放たれた第二部。
これはスゴイです。Tinaは歌がうまい。それにしてもドラムだけで歌わせてしまうポンタ。
全国の高校生ブラスバンド部パーカッション担当者必見(笑)


18. スローなブギにしてくれ(I Want You)
南佳孝さんとのDuo。


19. (Get Your Kicks On)Route 66
Tina & 南佳孝 & Ponta


20. Please God,Let Me Play Again
「神様、もう少しだけ叩かせて」

このラストの曲が一番好き。
この雰囲気と凄みが。


Bonus Feature : Interview With Ponta
Yohji Yamamotoのシャツがとても似合ってます。カッコいいですわ。


「お気に入り度」 ★★★★★


# これはCD版も買うことになりそうだ。
# 最前列で寝てるヤツ、そうとう気持ちよかったんでしょう。

  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。