milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALIVE IN AMERICA / STEELY DAN

2006.08.26 (Sat)
1993年~1994年にかけて行われたワールドツアーの模様を収めたスティーリー・ダン唯一のオフィシャルライヴ盤。
「Babylon Sisters」から始まって「Aja」で終わってます。(涙モノの選曲)
数あるテイクを絞りに絞り込んでの11曲収録ということでしょうけど、クオリティの高さにしびれます。
まず音が良い。スタジオ録音と遜色が無い出来栄え。
93年と94年でギターとドラムが入れ替わっていますが、他は同じメンバー。
スティーリー・ダンはオリジナルアルバムの印象が強すぎるため、ライヴ盤は評価が今一つのものが多いんですが、コレはいい。(といってもオフィシャルはこれだけ、他はブートなんですけどね。。。)

この時のツアーの来日公演を見に行きました。(1994年4月24日 福岡市民会館)
当時広島に住んでいたんですが、会社の同僚と2人で新幹線で九州へ。初来日だし、もう絶対見れないだろうってことで。(結局、この後何度も来日したんですが。。。)
最初がいきなり「The Royal Scam」 → 「Bad Sneaker」 → 「Aja」のメドレーで、ちょっと驚いたのを憶えています。
ドナルド・フェイゲンの喉の調子が悪くて残念でしたが、生のピーター・アースキンが見れてかなり盛り上がってしまいました。

本作のメインは「Aja」のドラムソロ。
デニス・チェンバースが、オリジナル盤ガッドのソロのニュアンスを残しつつ、完璧なソロを組み上げています。オリジナル盤でのソロで、一部マニアックな論争を巻き起こした"アノ部分"も忠実に再現。アノ部分とは。。。(後述)

マイフェイバリットドラマー、ピーター・アースキンもいいですねー。11曲中3曲でプレイしてます。
「Green Earrings」のタイム感、「Third World Man」でのニュアンス、気持ち良すぎです。

ほとんど完璧な「ALIVE IN AMERICA」ですが唯一いただけない点がある。それが表ジャケット。
包帯ぐるぐる巻きのミイラが少女を抱きかかえていますが、趣味が悪すぎるー。なんじゃこれー。
(何か深い意味が隠されているんでしょうか?)
裏ジャケは最高なんですけどね。モニュメントバレーみたいな感じの場所での野外ライヴの写真。裏ジャケを見てアメリカを感じながら聴いてます。

--------------------------------------

○Musicians

「STEELY DAN」

Walter Becker (Guitar, Vocals)
Donald Fagen (Vocals, Fender Rhodes,Keytar,Melodica)


「Citizen Steely Dan Orchestra '94 (on track 1, 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11)」

Tom Barney (Bass Guitar)
Warren Bernhardt (Piano, Fender Rhodes)
Dennis Chambers (Drums)
Georg Wadenius (Guitar)
Bill Ware III (Vibes, Percussion)
Cornelius Bumpus (Tenor Sax)
Chris Potter (Tenor & Alto Sax)
Bob Sheppard (Tenor & Soprano Sax)
Diane Garisto(Background Vocals)
Catherine Russell (Background Vocals, Percussion, Whistle)
Brenda White-King (Background Vocals)


「The All New Steely Dan Orchestra '93 (on track 2, 6, 8)」

Tom Barney (Bass Guitar)
Warren Bernhardt (Piano, Fender Rhodes)
Peter Erskine (Drums)
Drew Zingg (Guitar)
Bill Ware III (Vibes, Percussion)
Cornelius Bumpus (Tenor Sax)
Chris Potter (Tenor & Alto Sax)
Bob Sheppard (Tenor & Soprano Sax)
Diane Garisto(Background Vocals)
Catherine Russell (Background Vocals, Percussion, Whistle)
Brenda White-King (Background Vocals)

-------------------------------------------

1. Babylon Sisters(6:47)
オリジナルよりもやや遅いテンポでゆったりと。しかし心地よいグルーヴ感は損なわず。俺が叩いたら間違いなく止まってます(笑)
ヘッドホンで聴くとスネアのゴーストノート(シタタシタタ)が綺麗に聴こえますが、強力にグルーヴしてまっせ。

2. Green Earrings(5:20)
アースキン先生気持ちよすぎ。
特にギターソロ周辺のフィル、最高。
こういう軽めの曲はデニチェンよりもアースキンが合う。

3. Bodhisattva(5:47)
これはギターがメインの曲。ユニゾンセクションもありで、いいソロが聴けます。
TOTOの25周年記念DVD - Live in Amsterdam - でこの曲やってますが、いいですぞー。

4. Reelin' in the Years(6:24)
70年代のLIVE映像でしか見たことなかったこの曲。サックス、ギターともになかなかいいです。オリジナルを超えたとの評価も多いようです。

5. Josie(6:12)
これは完成度が尋常で無い。
デニチェンのタイコに乗っかって、バンドがタイトにまとまってます。ギターがメインの曲ですが、雰囲気たっぷりのいいソロが聴けます。
デニチェンのソロでは、ジョンスコバンド時代の得意フレーズが飛び出し、思わずニヤリゲッツです(笑)

6. Book of Lairs(4:19)
ウォルター・ベッカーの曲。
福岡の公演でもウォルターのコーナーがあって、あまりのおどろおどろしさに目がテンになりました。
この曲では、ソプラノサックスがおどろおどろしさを和らげてます。

7. Peg(4:19)
ジェイ・グレイドンのハワイアン風ソロを忠実に再現してます。もしアドリブで違うフレーズのソロ弾いたらボツにされると思ったんでしょうか(笑)
DVD -Aja- でPegのギターソロの没テイク聴いた時はショックでした。あのDVD見てからSTEELYDANに対する見方が変わった人も多いと思います。
見所の多いこのDVDですが、個人的にはゲーリー・カッツが無茶苦茶渋くて良かったですね。

8. Third World Man(6:38)
彼らの曲の中でBEST3に入る好きな曲です。-Gaucho- に収録されてます。ギターソロが泣いている。アースキン先生のタイコも泣いている。

9. Kid Charlemagne(5:16)
これはアースキン参加ver.を収録してほしかった。
デニチェンはこの曲にはタイトすぎる感じがして。。。

10. Sign in Stranger(6:34)
- The Royal Scam - に収録されてます。かなりマニアックな曲だと思いますが、このライヴ盤に取り上げてもらい感謝!

11. Aja(9:00)
そして最後に本作のベスト。イントロの大歓声を聴いてみてください。
メインのドラムソロですが、オリジナルのガッドのソロに敬意を表し、ほぼ同じニュアンスで叩いています。アノ部分までも。。。

アノ部分とは、オリジナル盤でウエイン・ショーターのソロが始まると同時にドラムも激しくなるんですが、フレーズの切れ目にカウベルを叩いてる部分があるんです。(4:57付近)
これがミスショットなのか?計算ずくのプレイなのか?で一部マニアの間で論争が起こりました(笑)
聴いてもらえばわかりますが、自分は未だにどっちかわかりません(汗)
自分はミスショット派だったんですが、今回のライヴでデニチェンが忠実にこの部分をリムショットしてます。
「やっぱり計算ずくだったんでしょうかねー。」当時ガッドはクスリでベロベロ、2テイクしか録ってないこともあり、ガッドの神がかり的なミスショットだと思ってたんですが。。。

そして、大歓声でENDINGです。
Ajaを最後に持ってきたことで、このライヴ盤は完璧です。



「お気に入り度」 ★★★★★


○文句無しの必聴盤です。
○手数を抑えたデニチェンはカッコイイ。

スポンサーサイト

FRIENDS / CHICK COREA

2006.08.19 (Sat)
ドラムをやってると何回も壁にぶち当たります。その一つがサンバキック。ドン スドド スドド スドド っていうバスドラムのフレーズなんですが、これをマスターするまでに結構時間がかかります。
ペダルの上で足を滑らせてドドッと踏むスライド奏法、ひざが上昇する際に足首を使ってショット、ひざから踏みこんでショット、この組み合わせにより連続打ちをするダウンアップ奏法があります。ひざの上下が1回の間に2回音を出すわけです。サンバキックは自分でコントロール出来るまでに相当の時間を費やす初心者最大の壁であります。(太ももがひきつります)

今日紹介するのは、CHICKCOREAの「FRIENDS」です。STEVEGADDの高速サンバキックが聴けます。とにかくGADDのタイコがキレまくってることで有名なこの作品、GADDの最高傑作。


Chick Corea(Fender Rhodes Piano, Steinway Acoustic Grand Piano)
Joe Farrell(Reeds And Flute)
Steve Gadd(Percussion)
Eddie Gomez(Acoustic Bass)

「1978年1月録音」


チックコリアの作品中一番の人気盤。題名のとおりフレンドリーでリラックスした雰囲気がその人気の所以でしょう。前回レビューした「THREE QUARTETS」の3年前の作品。サックスがジョー・ファレルで他のメンバーは「THREE QUARTETS」と同じです。ジョー・ファレルの参加がリラックスの素なんですが、残念ながら1986年に他界。もうこのメンバーでの演奏は聴けません。3年後の「THREE QUARTETS」に繋がる愛らしさと激しさが共存した名盤です。

------------------------

1. The One Step(6:06)
爽やか~♪
チックのRhodesが気持ちいい~♪

2. Waltse For Dave(7:37)
デイヴ・ブルーベックに捧げられたワルツの曲。
ジョー・ファレルのフルートが良い。
ゴメスのベースソロもいいですぞー

3. Children's Song No.5(1:15)
ピアノ、フルート、ベースのトリオでの小品。
次の「samba song」への序章か。嵐の前の静けさです。

4. Samba Song(10:10)
高速サンバキック炸裂です。後半、CHICKのモントゥーノにあわせて怒涛のドラムソロがあります。GADDのピリピリした気迫が漲った本作のベスト。いやースゴイわ。ベロベロのバリバリです。
(クスリの影響という話もありますが。。。)

5. Friends(9:20)
「Samba Song」の後にこのリラックス。ジョー・ファレルのフルートが心地良すぎです。
ミディアムテンポのサンバ。

6. Sicily(6:19)
マイナー調で早いテンポのサンバ。
ドラムマガジンにこの曲のドラム譜が載った回数は数知れず。GADDが確立したルーディメントドラムの基本型がここにあります。16分音符の裏に全て入るハイハットを聴いてみてください。ウチウチウチウチ鳴ってる部分です(笑)。後半のカウベルを絡めたドラムもカッコイイですなー

7. Children's Song No.15(1:12)
一転怪しい雰囲気に。
何でこの盤に入ってるのか不明。
雰囲気の異なる曲が混在しているので、トータルアルバムというより愛すべき小品集という感じになってるのがこの「FRIENDS」の特徴でしょうか。

8. Cappucino(8:42)
「THREE QUARTETS」を彷彿とさせる4ビートの激しい曲。CHICKとGADDの激しい応酬に注目!!
1:00すぎから始まるドラムソロ、滅茶苦茶かっこ良い。GADDには失礼ですが、カリウタっぽいフレーズのソロですね(笑)
サックスソロの部分ではまさに「THREE QUARTETS」、ENDINGもカッコイイんですよ。本作の裏ベスト。

「お気に入り度」 ★★★★★

○国内盤ジャケットはカエルの鳥獣戯画ver.、輸入盤はスマーフ君人形ver.です。当初スマーフ君を無断使用しており原作者からクレーム→発売停止という事件があったため、2種類のジャケットが生まれました。

THREE QUARTETS / CHICK COREA

2006.08.15 (Tue)
ほんとに素晴らしい作品というのは聴き終わった後、ぐったり疲れてしまうことがあります。通して聴いた後、あまりに集中していたため、もう1度最初から聴き直す気がおきないというか。。。

CHICK COREAの「THREE QUARTETS」です。
誰もいない部屋で大音量、もしくはヘッドホンで聴きます。何かの作業中にBGMとして小さい音で流すような作品ではありません。「カルテット№1」「カルテット№2」「カルテット№3」という3つの曲で構成されており、シリアスかつハード、メンバー全員の神がかり的な演奏が聴ける名盤中の名盤です。

○Musicians
Chick Corea - piano
Eddie Gomez - bass
Steve Gadd - drums
Michael Brecker - saxophone

(1981年1月、2月録音)


本作が録音された1981年頃は、FUSION系のMUSICIAN達がアコースティック・ジャズに積極的に取り組んでいた時期でした。STEPSの成功が代表的で、CHICK以外はSTEPS結成時のメンバーです。

作品全体を覆うシリアスなムード、ブレッカーやガッドの神がかったプレイ。裏ジャケの録音風景の写真を見てください。薄暗いスタジオ内のドラムセットに座り、いつものように猫背のガッドが何やら遠くを見ながらプレイする様子が写っています。そこにひとすじの光が。。。まさに神降臨の瞬間(笑)


曲良し演奏良しで全てが完璧なTHREE QUARTETSですが、CD化された際に当時お蔵入りになっていた未発表音源が4曲追加収録されました。

これが全くいただけない代物でして。。。
明らかに色の違う演奏で、作品トータルのムードが壊れてしまうから自分は聴いてません。この追加収録は評価の分かれるところだと思います。



最近、CHICK60歳の節目にNEWYORKのBLUENOTEで行われたLIVEが「RENDEZVOUS IN NEWYORK」としてDVD化されています。これに「THREE QUARTETS BAND」として本作と同メンバー、同曲の演奏が見れます。
当初は9枚組DVD-BOXで\30,000(税抜)!!ということで当然購入をためらっていましたが、「THREE QUARTETS BAND」が分売されました。GOOD JOB!!!
即購入して見た感想としては、さすがにオリジナル時の神がかった迫力は無いものの、結構いいです。ブレッカーはやはり少し元気が無いように感じますが、GADDの落ち着いたいいプレイが見れます。


----------------------------------


1. QUARTET №1 ・・・・・ (10:11)
2. QUARTET №3 ・・・・・ (9:37)
3. QUARTET №2
・PART 1 (dedicated to duke ellington) ・・・・・ (7:07)
・PART 2 (dedicated to john coltrane) ・・・・・ (11:51)


------(以下追加収録)------

4. FOLK SONG ・・・・・ (5:51)
5. HAIRY CANARY ・・・・・ (3:43)
6. SLIPPERY WHEN WET ・・・・・ (6:02)
7. CONFIRMATION ・・・・・ (6:18)


「お気に入り度」 ★★★★★

○ベースソロのバックでのGADD入魂のブラシワークが必聴。
○マイケルブレッカーのワンホーンアルバムでは頂点に君臨する作品と言われています。



Till We Have Faces / Gary Thomas

2006.08.13 (Sun)
邦題「ゲイリー・トーマス・プレイズ・スタンダーズ」
実家の押入れを整理してたら古いjazzLife(1992年10月号)が出て来ました。表紙がゲイリー・トーマスとパット・メセニー。
巻頭の特集記事で本作のレコーディング時の模様が紹介されていました。懐かしさも手伝って今回はこのCDを紹介します。

ゲイリー・トーマスは1961年6月10日メリーランド州ボルティモア生まれ。86年末からマイルス・デイビスのグループに87年3月まで在籍。その後ジャック・デジョネットの「スペシャル・エディション」に参加。M-BASE派とかブルックリン派とかいう括りで論じられることもあります。ジャズライフ誌上では、ラズウェル細木のマンガで肉体派サックス奏者として有名でした(笑)

本作は彼が取り組んだスタンダード集の2枚目。
個人的趣味としてですが、ジャズ史に残る名盤だと思います。


パット・メセニーの参加(全8曲中、7曲)がやはり大きいんですが、女性ドラマーTerri Lyne Carringtonのタイコが驚異的。1曲目「Angel Eyes」でのイントロから約2分間、ゲイリー・トーマスとテリ・リンのDuo部分で仰天ドラムをカマされます。Weather Reportのライヴ盤「8:30」での ウェイン・ショーターとピーター・アースキンのDuoを彷彿とさせるほどです。

実のところ、裏で弾いてるメセニーのフレーズが気になって、ゲイリー・トーマスがあまり目立ってない印象があります。彼の吹くテーマは妙に機械的で、余計にメセニーやテリ・リンが目立ってます。
本作ではほぼ主役のメセニー、「angel eyes」「lament」のソロが良くて、特に「you don't know what love is」のギターシンセのソロは超強力です。しかし、patweekでの採点は「★★★☆」

文句無しの「★★★★★」だと思ってました(汗)
メセニーについて自分はまだまだ不勉強ということで反省・・・。


Gary Thomas(ts,ss,fl), Pat Metheny(G), Tim Murphy(P), Anthony Cox(B), Ed Howard(B), Terri Lyne Carrington(Ds), Steve Moss(Per)
1992年5月8日~14日録音


余談になりますが、本作は80年代~90年代録音の名盤にスポットを当てたシリーズ“JAZZ THE BEST NEW STANDARD 50”に選ばれています。ここで紹介されてる作品、かなりいい線いってると思いますがどうでしょう?
著名な評論家の先生方が選んだ盤をつかまえて「いい線いってる」ってのも失礼な話ですが(笑)
ただ、スリー・カルテッツ +4 [チック・コリア]のレヴューはいただけません。明らかに違う盤の紹介が載ってます。(2005年6月以降、約1年以上放置されてるー)
ある意味現在のジャズ界を象徴しているような気がします。
頼むから気付いてくれ > ユニバーサル&スイングジャーナル


-------------------------------------

1. Angel Eyes
2. The Best Thing For You
3. Lush Life
4. Bye Bye Baby
5. Lament
6. Peace
7. It's You Or No One
8. You Don't Know What Love Is


「お気に入り度」 文句無しの★★★★★


○ラズウェル細木のジャズマンガ「ときめきJAZZタイム」必見です!
○唯一のジャズマンガです。2002年にコンプリート版が再発されました。




THE MINT SESSION / CASIOPEA with TETSUO SAKURAI,AKIRA JIMBO (DVD)

2006.08.06 (Sun)
8/1以降、いまだにプチカシオペアショックが続いてます。

今日は彼らの映像作品中、唯一笑える作品にして最高傑作でもある「THE MINT SESSION」を紹介します。
何が最高かというと、トーク部分の充実度。約90分の本編のうち、座談会が約半分を占めるというある意味とてもマニアックなものです。
櫻井哲夫、神保彰がホストを勤めるCSの番組「MINT CLUB」にカシオペアがゲスト出演した際の映像をDVD化したもので、野呂、向谷、鳴瀬のカシオペアの現メンバーに、サポートの神保、ホストの櫻井が演奏に参加。その5人に司会者が加わり座談会を展開してます。

演奏 → 座談会 → 演奏 → 座談会と順番に構成されており、結果DVDの約半分がトークコーナーになってます。
スタジオの中でYAMAHAのドラムケースをちゃぶ台代わりにして、LP、CDを手に取りつつ6人でカシオペアの過去・現在を語ってます。カシオペア創生期から、神保氏加入の秘話、海外レコーディングの裏話等、非常に内容が濃く、カシオペアの個性である野呂一生の曲作りに触れる部分が特にいいですね。

トークの合間に演奏もしっかりやってはいますが(笑)、やはり野呂、向谷、櫻井、神保4人による「HALLE」は涙モノです。
かなりマニアックな作品ですが、カシオペアの全てがわかるかもしれません。
演奏を飛ばして座談会部分だけを見たりしてます。おもしろいので絶対にオススメです。1997年8月収録の作品。


------------------------------------------

1. FIGHT MAN
2. SUPER SONIC MOVEMENT
3. BLOOMING
4. JUICY JAM
5. TRANCE EVOLUTION
6. HALLE
7. GOLDEN WAVES


○CASIOPEA
ISSEI NORO (Guitars)
MINORU MUKAIYA (Keyboards)
YOSHIHIRO NARUSE(Bass)


TETSUO SAKURAI(Bass)
AKIRA JIMBO(Drums)


「お気に入り度」 ★★★★★


○THUNDERLIVEのオリジナルジャケットが見れます。
○もう見れないのかカシオペアの生LIVE。。。

4 X 4(FOUR BY FOUR) / CASIOPEA

2006.08.05 (Sat)
今週は日本FUSION界に衝撃が走りました。CASIOPEAの活動休止宣言です。


「CASIOPEA からの大事なお知らせ」


何度もこの記事を読み返しましたが、かなり重い表現が使われており、実質の解散宣言だと感じました。
ただ思うに、会社声明ではなく、野呂一生のコメントとして発表してほしかった。
CASIOPEAは野呂一生のバンドです。野呂が止めるって言ったから活動停止なんでしょうが、何で会社名で発表するのかがよくわからない。
デビューから27年、何で今休止なのか野呂のコメントが聞きたいですね。

CASIOPEAは勿論追っかけました。
CASIOPEAのコピーバンド「百太郎」ってのに入れてもらい、ひたすら神保コピーの日々です。
(つのだじろう原作のアニメ「うしろの百太郎」から取ったバンド名)
音もオカルトっぽかったですが(笑)

当時の練習の模様を録音したテープがあって、聞いてみたら「The Continental Way」とか「Freesia」をやってたので、CASIOPEAのアルバムとしては「DOWN UP BEAT」~「HALLE」の頃です。
演奏は悲惨なものですが、青春の1ページということで。。。



今日紹介する1枚は何にするかかなり悩んだ結果、「4 X 4(FOUR BY FOUR)」にしました。
やはり一番多く聴いたと思います。
CASIOPEAの4人とリー・リトナー・グループ4人でのセッション。リトナー・グループ来日の際に録音されたもので、1日限り、たった9時間しか録音時間がなかったとライナーにあります。
それがこの素晴らしさ。
1982年5月「MINT JAMS」発売、その後がコレ(1982年12月)ですからスゴイ密度の濃い時期です。リアルタイムで聴いてるわけではないですが、間違いなくCASIOPEAの黄金時代の演奏でしょう。


しかし、何でいまさら活動休止なんでしょうか?
野呂一生のコメントを待ちたいところです。


----------------------------------------


1. MID-MANHATTAN (Jimbo Akira)
2. PAVANE (Maurice Ravel)
3. TRANSATLANTIC (Lee Ritenour)
4. GALACTIC FUNK (Issei Noro)
5. KAUAI (Lee Ritenour)
6. CHANDELIER (Issei Noro)


○CASIOPEA
ISSEI NORO(GUITARS)
MINORU MUKAIYA(KEYBOARDS)
TETSUO SAKURAI(BASS)
AKIRA JIMBO(DRUMS)


○GUEST MUSICIANS
LEE RITENOUR(GUITARS)
DON GRUSIN(KEYBOARDS)
NATHAN EAST(BASS)
HARVEY MASON(DRUMS)


「お気に入り度」 ★★★★★


○ RITENOURのギターの音色を聴いてみて
○「CHANDELIER」が良すぎ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。