milkybar音盤絵巻

手持ちCD・DVDのレビューを徒然なるままに書き綴ります。JAZZ、FUSION系を中心に週1ペースで更新(目標)

Piano の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version)

2014.05.03 (Sat)
DSC_0035.jpg

松岡直也&WESINGの1980年発売の「SON」。オリジナルの音源に波や風の音・車や飛行機の音などSEを加え、ジャケットを永井博さんのデザインに変更、“Romantic Version”としてて1982年に発売されたもの。レコードのみでCDは出ていない。

このWISINGの波の音入りシリーズ、「SON」と「MAJORCA」をどちらもレンタル落ちのレコードを学生時代に購入、オリジナルのジャケ違いだとずっと思っていた。2002年頃、WISINGの諸作が再発され、購入したオリジナルの「MAJORCA」に波の音が入っていないことに初めて気付いたという・・・。

まあそれはそれとして、
松岡さんの作品で、多分一番回数聴いてるのがこの「SON(Romantic Version)」。(オリジナルVer.は未だに持ってないケド)
何が好きかというと、WISINGのギターが大村憲司さんから和田アキラさんに替わる時期で、二人の競演が聴きもの。アルバムに2人同時にクレジットされているのはこのアルバムだけではないかと。特に、A面1曲目「RAP OUT(Oye Baila Mi Son)」での二人のギター・ソロの掛け合いは激アツ。そして渡嘉敷さんのドラムがすごくいい音がしている。松岡さんのピアノ・ソロもいいし、この1曲だけでOK。
次の2曲目「ADRIA」のパイプオルガンも最高。(泣ける)

松岡さんは亡くなってしまったけど、これからもずっと聴き続けるでしょう。
ご冥福をお祈りします。


1. RAP OUT(Oye Baila Mi Son)
2. ADRIA
3. MISTICA LATINA
4. DESCARGA
5. NOCHE CORRIENDO
6. FISHERMAN’S BREAK
7. LET IT HAPPEN AGAIN


スポンサーサイト

PARADISE WINGS / 小曽根 真

2013.06.03 (Mon)
paradise_wings.jpg

「嫌な思い出」のある曲は誰にでもある。
私の場合、小曽根真「PARADISE WINGS」に収録されている「HOT CRUISING」がその曲。

20年ほど前、当時結成していたバンドで広島フラワーフェスティバル(広島市でGW中に開催されるイベント)の野外ステージに出場。その時に演奏したのが「HOT CRUISING」でした。
確かそのステージでは、各バンド1曲のみ演奏が許されており、そのステージ出場のために合宿まで行いました。
当日は、GW期間中ということもあってか、当時お付き合いしていた彼女とそのご両親、彼女の姉上様がステージを見に来てくれていました。いわゆる“晴れ舞台”というやつです。

「HOT CRUISING」は小曽根さんのハモンド・オルガンが特徴的なファンキーな曲で、カッコいいキメあり、ドラムソロもありのドラマーにとってはオイシイ曲でありました。彼女のご両親が見に来ているということで、若干の緊張感はありましたが、特に準備不足等もなく、リハも順調で、平常心でライヴに臨めたと思います。
そして、自分たちのバンドの演奏スタート!

最初のキメで、いきなりスティック落下。キメのドラム・フィルが無音に。バンドのメンバーが全員こっちを見ましたwww

その後の事はよく覚えていません。(あのブレイクの後、バンドが次の頭で入れたのが不思議です。)
後半のドラム・ソロも頭が真っ白なまま叩いていたと思います。
1曲だけのステージで、取り返しのつかないミスを犯してしまいました。

ライブ終了後、お父様に「たいしたことないな・・・」と言われたことを、今でも鮮明に覚えています。
以後、この曲は20年間封印されることとなりましたw
当時は、カセットテープでこの曲だけをバンドのメンバーから貰っていましたが、2000年頃、CDが再発された際も意図的にスルーしていました。
そしてこの度、リサイクルショップで中古CDを見つけ、何故か20年ぶりに封印を解きました。
「HOT CRUISING」カッコいいです!渡嘉敷さんのドラムもいいですが、芳野藤丸さんのギターのカッティングが超イケてます。

心理学的には、嫌な思い出(特に曲)は忘れる事は出来ないそうです。
ただ、嫌な思い出を、後に良い思い出に書き換える事が出来るようですね。
どうすれば「HOT CRUISING」を良い思い出に書き換えることができるでしょうか。
もう1回、バンドで演りたいなー。

01. Brilliant Days
02. Spring Journey
03. Brazillian Cafe
04. Paradise Wings
05. Quiet Moon ( Dedicated To Antonio Carlos Jobim )
06. Mr. R. T.
07. Hot Cruising
08. Gentle Dream
09. When I Fall In Love
10. Last Summer


小曽根真 (p,elp,key,syn,org)
芳野藤丸 (g)
渡辺直樹 (b)
渡嘉敷祐一 (ds,per)
小川文明 (key)
安井源之新 (per)
道下和彦 (g)

The Symphony Sessions / David Foster

2012.08.05 (Sun)
symphony_sessions.jpg

7月に転勤がありまして、1ヵ月が経過。なんとか落ち着いてきたので久しぶりの更新。
前任地も含めて4年目の単身赴任生活に突入。会社生活24年で7回目の転勤、引っ越しも慣れてきた感があります。(あまり物を増やさないのがポイント。未開封のダンボール箱をそのまま持って移動することになります。)

新天地での仕事と連日の猛暑で、疲れがたまっていたところで、久しぶりに聴いた「The Symphony Sessions / David Foster」。これがすこぶる良かった。
デヴィッド・フォスターがオーケストラをバックにピアノを弾いているアルバム(タイトルどおり)
88年カルガリー冬季オリンピックのテーマ曲「WINTER GAMES」収録の、どちらかと言えば秋冬系の作品。

2曲目「THE BALLET」~3曲目「TIME PASSING」のあたりが良かった。心身ともに癒されました。
お疲れの方にオススメです。

1. Piano Concerto In G
2. The Ballet
3. Time Passing
4. Conscience
5. Firedance
6. Winter GAmes
7. Water Fountain ( Love Theme From 'Secret Of My Success' )
8. Just Out Of Reach
9. Morning To Morning
10. We Were So Close

RAILROAD / JEAN,PIERRE FOUQUEY

2011.08.05 (Fri)
JeanPierreFouquey.jpg

フランスのピアニスト、ジャン・ピエール・フーケの「レイルロード」が紙ジャケで復刻されていたので購入。
ピーター・アースキンとマーク・ジョンソンが参加しているということで、最初のCD化の時に一度買ったものの、いつの間にか行方不明に。一時入手困難となっていたこともあり、復刻はとてもラッキーでした。
ピーター・アースキンのピアノ・トリオ物を集めていた時期で、ウォーレン・バーンハート「トリオ83」なんかと一緒によく聴いていました。

ピアノ・ソロの曲とトリオの演奏が交互に収録されていますが、やはりトリオ物がいい。
ピアノ・ソロの曲は正直、パッとしない。ジョージ・ウィンストンをリズミックにした感じというか・・・
それがトリオになると曲の表情が全く変わってくる。曲想がガラッと変わって、ピアノが別人のような演奏。
その対比が逆におもしろい。いわゆる4ビートの曲は少なく、アコースティックなピアノ・トリオの作品でありながら、ジャズっぽくはないかも。

シンプルで美しいメロディが散りばめられた作品で、帯にも“全ての美メロ好きに贈る感動的な名作”とあります。
いかにもフランス人らしいアルバムで、このくそ暑い時期に聴くのはぴったりかもしれません。
今も、ガンガンにエアコンで冷やした部屋で、キンキンに冷えた琉球ハイボールを飲みながら書いてます。
あー涼しい!


JEAN PIERRE FOUQUEY (PIANO)
MARC JOHNSON (ACOUSTIC BASS)
PETER ERSKINE (DRUMS)


01.Cruise
02.L'Etoile Du Nord
03.L' Oiseau Bleu
04.Red Line
05.Chorale
06.On The Right Track
07.Time Zone
08.Mobile
09.Steel And Steam

Michel Colombier / Michel Colombier

2011.07.17 (Sun)
michel_colombier.jpeg

ミシェル・コロンビエの1979年のアルバム「ミシェル・コロンビエ」がデジタル・リマスターで再発されたのでHMVで購入。
自分の持っているカセットテープでは、タイトルが「スーパー・フュージョン」となっているので、当時邦題がそうなっていたのではないかと。スーパー・フュージョン・・・カッコいいです!

ライナーを見ると、フランス盤でした。ミシェル・コロンビエがフランス生まれなので納得です。
ちょっと意外だったのが、リマスターを葛巻善郎さんという日本人がされていること。タワレコの企画でフュージョン系のコンピ盤などをリマスターされている方のようです。このアルバムも入手困難だったので、今後もこういう企画が増えていくことを願っています。

改めて聴いてみて、ジャコパスの存在感の大きさを感じさせる作品です。
ジャコがソロをとっている「Dreamland」「Spring」などがいいですねー
ハービー・ハンコック、ラリー・カールトン、リー・リトナー、マイケル・ブレッカーなどオールスター・キャストが参加しており、まさに“スーパー・フュージョン”と言える作品です。ドラマーもピーター・アースキン、スティーヴ・ガッドと文句なしです。

ミシェル・コロンビエが多くの曲を提供しているフローラ・プリムの名盤「エヴリディ・エヴリナイト」も久しぶりに聴いてみました。これもまた夏に聴くと最高なアルバムですが、「OVERTURE」というミシェル・コロンビエの曲が両方のアルバムに入っています。ミシェル・コロンビエの方はラリー・カールトンのソロをフィーチャーしつつ、ロック風で壮大な感じの仕上がり。フローラの方はライト・テイストのブラジリアン・ポップです。
この曲、どこか他でも聴いたことあるけどなぁ・・・と思っていろいろ探してみたら、PRISMの「COMMYUNITY ILLUSION」でした。印象的なテーマがほぼ同じです。偶然の産物かもしれませんが、チトまずい様な気がしてしまうほど極似してます(笑)


01.SUNDAY
Mini Moog Solo: Herbie Hancock
Acoustic Piano, Fender Rhodes: Michel Colombier
Guitar: Lee Ritenour
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Peter Erskine
Synthesizer Programmed by Michael Boddicker, Played by Michel Colombier

02.TAKE ME DOWN
Guitar Solo: Lee Ritenour
Mini Moog Solo: Herbie Hancock
Sax Solo: Michael Brecker
Acoustic Piano, Fender Rhodes: Michel Colombier
Bass: Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

03.DREAMLAND
Bass Solo: Jaco Pastorius
Guitar Solo: Larry Carlton
Synthesizer Solo: Michael Boddicker
Fender Rhodes, Acoustic Piano: Michel Colombier
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

04.QUEENS ROAD

Acoustic Piano, Clavinet, Fender Rhodes: Michel Colombier
Synthesizer Programmed by Michael Boddicker, Played by Michel Colombier
Guitar: Lee Ritenour
Bass: Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

05.OVERTURE
Guitar Solo: Larry Carlton
Acoustic Piano, Synthesizer, Fender Rhodes: Michel Colombier
Bass: Jaco Pastorius
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

06.BIRD SONG
Tenor Sax Solo: Michael Brecker
Fender Rhodes: Michel Colombier
Spanish Guitar: Larry Carlton
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Steve Gadd

07.LAYAS
Guitar Solo: Larry Carlton
Sax Solo: Michael Brecker
Fender Rhodes: Herbie Hancock & Michel Colombier
Bass: Jaco Pastorius
Percussion: Airto Moreira
Drums: Steve Gadd

08.DO IT
Clavinets: Michel Colombier & Herbie Hancock
Synthesizer: Michel Colombier
Guitars: Larry Carlton & Ray Parker, Jr
Bass: Jaco Pastorius & Jerry Knight
Drums: Peter Erskine

09.SPRING
Guitar Solo: Larry Carlton
Bass Solo: Jaco Pastorius
Fender Rhodes, Acoustic Piano, Clavinet, ARP Odyssey: Michel Colombier

10.THE DANCING BULL
Lyricon Solo: Tom Scott
Fender Rhodes, ARP Odyssey: Michel Colombier
Clavinet: Herbie Hancock
Guitars: Larry Carlton & Ray Parker, Jr
Bass: Jaco Pastorius
Drums: Steve Gadd

11.AUTUMN LAND
Acoustic Piano Solo: Michel Colombier

.
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。