JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN

ホールズワースも亡くなってしまった・・・。
追悼の意味を込め、ALLAN HOLDSWORTH IN JAPANの中古レーザーディスクをDVD化。

DSC_0444.jpg


このレーザーが発売された当時、先輩にダビングしてもらい、キースのスタンダーズのライヴ(最初のやつ)と毎日交互に見てました。自分の持っているレーザーは定価9,800円の表示。ビデオテープも高い時代で12,000円を超えており、とても一般庶民が手を出せるものではありませんでした。当時はそういう価格設定でありました。

演奏は今見ても当時の衝撃が伝わってきます。
特にチャド・ワッカーマンのドラム。スタンドにガッチガチに固定されたスプラッシュ(ベル)。涼しい顔でとんでもないプレイを連発。
こういう種類のジャンルを聞いた事がなかったこともあり、驚きでした。

1984年5月14日のライヴなので、間もなく33年が経過。
全く色あせていない伝説のライヴです。

---------------------------------------------

ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN
1984年5月14日、東京郵便貯金ホールで収録

01.Tokyo Dream
02..Road games
03.White line
04.Panic station
05.Letters of marque
06.Devil take the hind most
07.Home
08.Material real
09.Metal fatique
10.Where is one
11.There thing you see
12.Was there (something)

Personnel
Allan Holdsworth/ guitar
Paul Williams / vocal
Chad Wackerman / drums
Jimmy Johnson / bass
スポンサーサイト

アナログ音源のデジタル化 その2

昨日に引き続き、レーザーディスクのDVD化。
レーザーディスクは普通にダビングが出来るようだ。
一部のビデオはちょっと、アレが必要でしたので・・・(以下自粛)

0505.jpg


DVD化の最中、映像を見るわけですが、「TORIBUTE TO JOHN COLTRANE」はやはりスゴかった。
1987年 LIVE UNDER THE SKY 10周年の特別プログラム。
ウエイン・ショーター、デイブ・リーブマンの2人が神がかっている。
ライブ・アンダーというある種のお祭りイベントでの演奏という雰囲気ではない。明らかに異質なテンション。
正式にDVDで商品化されているが、廃盤かも。

-------------------------------------
TRIBUTE TO JOHN COLTRANE
SELECT LIVE UNDER THE SKY '87
10th SPECIAL

1. Mr.P.C.
2. After The Rain / Naima
3. India / Impressions

Wayne Shorter (ss)
Dave Liebman (ss)
Richie Beirach (p)
Eddie Gomez (b)
Jack Dejohnette (ds)

アナログ音源のデジタル化

最近、家電量販店の店頭で、「ご家庭に眠っているVHS、8mm等のビデオテープのデジタル化をしませんか?」という広告看板をよく目にする。〝1本1,000円から受けたまわります”という法外な値段がついているが、需要があるらしい。

ビクターやソニーがビデオテープの生産を終了すると発表した。自分としてはビデオを再生する機器さえあれば良いのだが、家電量販店がこのような動きをしていることから、近々本当にビデオデッキの生産が完全終了するかもしれない。


そんな中、我が家のレーザーディスク・プレーヤー pioneer「DVL-919」の部品保管期限があと1年ということに気付く。

レーザーディスクプレーヤーをご愛用のお客様へ - pioneer

一度2008年に修理に出した時、電器屋の店員さんから「あと10年は大丈夫」と聞いていたが、あれから8年、その電器屋も今は無く、クリーニング屋に変わってしまった・・・。
ビデオデッキよりもレーザーディスクプレーヤーの方が先に終了する可能性が高いので、このGW期間中、こちらからDVD化することにした。すでにDVDで商品化されてる音源もあるが、今日はこの6枚を。

DSC_0504.jpg

ALIVE / Chick Corea Akoustic Band (LD)

“さよならレーザー・ディスク特集”の第3弾。
チック・コリア・アコースティック・バンドの1989年12月のライヴLD「ALIVE」。同名のCDが出ているが、その映像版。
グルーシン、ローゼン時代のGRP&パイオニアLDCの作品につき、例のごとく再発の可能性が限りなくゼロ。

メンバーは、
Chick Corea (Piano)
John Patitucci (Bass)
Dave Weckl (Drums)


この3人のピアノ・トリオ作品で、1991年ミュンヘン・ガスタイクのライヴDVDが発売されている。発売元がジェネオン(旧パイオニアLDC)。全く同じフォーマットで、音楽性もほぼ同一のガスタイクのライヴは出てるのに、こっちは一向に再発の気配なし。同じ会社なのにDVD化されないのは、やはりGRPがネックとなっているのかな?
ガスタイクの方はパティトゥッチの神がかり的なプレイが見れたりとかなり派手。それに比してこっちは若干地味な印象はあるが、オクラ入りさせとくのはあまりに勿体無い作品である。

このトリオといえば、やはり1stアルバムが印象に残っている。
特に1曲目の“Bessie's Blues”がカッコ良くて、こればっかり繰り返し聴いていた。3曲目、コール・ポーターの“So in Love”もいいなー。

(左:ガスタイクのライヴDVD、右:アコースティックバンドの1st)
ガスタイクのライヴDVD&アコバンの1st

そしてこのレーザーディスク。
当時(1990年頃)はエレクトリック・バンドも平行して活動を行っていた時期で、“Inside Out”のレーザーもほぼ同時に出てたような気がする。レーザー・ディスク業界も輝かしき頃で発売ラッシュだった。当然のごとく“Inside Out”のレーザーも購入したが、これが個人的に全く意味不明な作品で、以後エレクトリック・バンドをほとんど聴かなくなった。そんなワケでアコースティック・バンドのほうに興味が移り、よけいにこっちの方ばかり聴いておりました。

3人が黒いステージ衣装で統一、プロモーション用に撮られたような雰囲気のライヴ。91年のガスタイクのライヴやWOWWOWで放送されていたカリウタが参加したブルーノート東京での超絶ライヴに比べて地味ではあるけれども、当時のアコースティック・バンドの雰囲気が出ているのでとても気に入っている。
おそらく日本でしか発売されておらず未DVD化。ソースがレーザーディスクのためか、上げる人もいないのでYou-Tubeでも見れない。プレーヤーを買うべし。

去年9月頃、プレーヤーのトレイが前に出なくなって持ち込んだ家電修理屋の店員曰く、
「レーザーディスクプレーヤーは、あと10年くらいは修理OK!」
との事だった。
パイオニアの発表前の話ではあるけれども、構造がシンプルなのか部品のストックが膨大なのか、まだまだレーザーは大丈夫そうです(笑)

---------------------------------

Chapter/Track
01. On Green Dolphin Street
02. Sophisticated Lady
03. U.M.M.G
04. Humpty Dumpty
05. 'Round Midnight
06. Hackensack
07. Morning Sprite

1989年12月16日 ロサンゼルス、サンセット・ゴワー・スタジオにて収録

ALIVE

Manhattan Express / Mike Mainieri (LD)

前回に引き続き、“さよならレーザー・ディスク特集”の第2弾。
Mike Mainieri Quintetが1981年12月にSeventh Avenue Southで行ったライヴ映像作品「Manhattan Express」。
1982年発売のレーザー・ディスクで、A面2曲、B面2曲の計4曲収録。イメージ・ビデオのようなジャケットだが、中身はバリバリのライヴ映像。

メンバーは、
Mike Mainieri (Vibraphone)
Warren Bernhardt (Piano,Synthesizer)
Bob Mintzer (Tenor Saxophone,Bass Clarinet)
Eddie Gomez (Bass)
Omar Hakim (Drums)

以前紹介した96年発売のCD、 「Live at Seventh Avenue South / Mike Mainieri Quintet」の映像版。CDとは各曲の長さが違うので別の日の収録か。
初期のレーザー・ディスクということで画面のノイズはあるものの、演奏の方は圧倒的。特に注目はウェザー・リポート加入前のオマー・ハキム(当時22歳)。若さがほとばしっている。

この時期のマイニエリはセヴンス・アヴェニュー・サウスを拠点にアコースティックなものと、エレクトリック・サウンドのバンドを平行して行っていた。

・81年2月 エレクトリックな指向のソロ・アルバム「Wanderlust」録音
・81年9月 ステップス名義のアコースティックなライヴ盤「Paradox」収録
・81年12月 本作品

特にマーカス・ミラーを擁したエレクトリックなグループは大注目。「Wanderlust」のカッコよさは一連のマイニエリ作品の中では群を抜いているし、マイケル・ブレッカーとマーカス・ミラーが参加しているモントルーのライヴがYouTubeでも見れる。ドラムがリッキー・ロウソン(涙モノ)

YouTube - Mike Mainieri Band Flying Colours


で、このManhattan Express(Mike Mainieri Quintet)は、サウンド的に「Wanderlust」と六本木ピット・インでの伝説のライヴ「Smokin' in The Pit」との中間どころと言えるだろう。ベースがエディ・ゴメスということもあり、「Wanderlust」の曲をアコースティック風に演奏した感じか。

Smokin'~収録の“Tee Bag”でのガッドとオマーの聴き比べやウォーレン・バーンハートの激しいピアノプレイなど見どころが多い。“Flying Colours”のオマーとバーンハートはとにかくスゴイ。必見!
もちろん未DVD化、この映像はYouTubeとかには上がっていないようなのでLDを買うしかなさそうです(笑)

-----------------------------

Side1.
chapter1. Tee Bag
chapter2. Flying Colours

Side2.
chapter3. Crossed Wires
chapter4. Bamboo

収録:1981年12月21日、ニューヨーク“セヴンス・アヴェニュー・サウス”

ManhattanExpress.jpg

  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • first / 夜総会BAND (03/23)
  • ブラームス 間奏曲集他 /グレン・グールド (03/04)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar
    GOGOランプを愛しています!

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。