FC2ブログ

JAZZ、FUSION系を中心に手持ちCD・DVDのレビューを書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAY ME A LITTLE MUSIC / 佐山雅弘

DSC_01489.png


この作品を知ったのがドラムマガジン№14('86春号、青山純さんが表紙)の記事。
まだドラマガが季刊だった頃で、エレクトリックバンドの1stも一緒に紹介されている。
ドラム界が新時代に突入した時期でしょうか。




当時大学1年生でしたが、このアルバムとキースの「スタンダーズvol.1」をずっと聴いていた記憶がある。
以来30年以上聴き続けているわけで、愛聴盤の域を超えてしまっています。
まず各楽器の音が良い。音の分離がいいので、聴いていて頭がスッキリしてくる。
この時期のビクターJVCは素晴らしい!

もちろん曲もいいですが、一番好きなのが「05. QUARTER COOKER」
途中高速にリズムチェンジする箇所がありますが、そこでのロートタムによるキッカケ、
「トゥルントゥ、トゥルントゥ、トゥルントゥ、トゥントゥン~」あそこが最高です♪

前回紹介した佐山さんの1stアルバム「SBATOTTO」に、この曲の基になったであろう曲があり、
「SIX O'CLOCK IN THE MORNING」という曲ですが、共通点があり、「QUARTER COOKER」と聴き比べてもらえればおもしろいかなと思います。
(CDでは発売されていませんが・・・)

最初に佐山さんのピアノトリオ(ドラムはポンタさん)のライブを見に行った時、マイルスの曲などと一緒に、このアルバム収録の「SISTER IN LAW」を大音量で聴いたときの感動は今でも覚えています。

どういうわけかこの作品も再発されておらず、高値でしか入手ができない模様。
金子晴美さんが書かれているライナーノーツも素晴らしいので、ぜひ聴いてほしい作品です。


佐山雅弘(p) 
村上”ポンタ”秀一(dr)
Gregg Lee (el.b) 
米木康志(b)(1,2,7)

01. I Hear A Rhapsody
02. Mind Talk
03. Love Goes Marching On
04. Sister In Law
05. Quarter Cooker
06. My Fault
07. Martha
08. Summer Afternoon
スポンサーサイト

SBATOTTO / 佐山雅弘

DSC_014457.png

1年半ぶりの更新。
佐山雅弘氏の1stリーダーアルバム(1984発売)
おそらく未CD化。

佐山さんの演奏は生で2度見たことがあります。PONTA BOXに名前が変わる前のピアノトリオで1回、
PONTA BOXの2ndが出た後頃の1回。
最初に聴いたのが「PLAY ME A LITTLE MUSIC」というアルバム。
一発で好きになり、30年以上たった今でも聴いている大好きな作品。

佐山さんの訃報に接し、ここ数日は佐山さんの参加したものをずっと聴いている。
アルバム標題曲の「SBATOTTO」、自分の知っている限りでは、
PRISMの「SURPRISE」や「PRISM JAM」、PONTABOXのライブビデオ「音絵巻」に
収録されている。ハードボイルドでくそカッコいい曲であります。

佐山さんはこういう激アグレッシブな曲を書かれる一方で、上記の「PLAY ME A LITTLE
MUSIC」に収録の「SUMMER AFTERNOON」の様な激甘な曲も書かれるのが、
大きな魅力でした。

素敵な音楽をありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

------------------------------------------------------------------

佐山雅弘(P)

斉藤誠(B) (A-1,2,4、B-1)
吉野弘志(B)(A-3, B-2)
ロミー木下(El-b)(B-3,4)

原田佳和(Ds)(A-1,2,、B-1)
小山彰太(Ds)(A-3、4 B-2)
古沢良治郎(Ds)(B-3,4)

山岸潤史(El-g)(B-4)

SIDE-A
A-1.Bird Like
A-2.There Will Never Be Another You
A-3. You Don't Know What Love Is
A-4. Giant Steps

SIDE-B
B-1. Sbatotto
B-2. Elegant Steps
B-3. Six O'clock In The Morning
B-4. Sleep Tight

DSC_01468.png


ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN

ホールズワースも亡くなってしまった・・・。
追悼の意味を込め、ALLAN HOLDSWORTH IN JAPANの中古レーザーディスクをDVD化。

DSC_0444.jpg


このレーザーが発売された当時、先輩にダビングしてもらい、キースのスタンダーズのライヴ(最初のやつ)と毎日交互に見てました。自分の持っているレーザーは定価9,800円の表示。ビデオテープも高い時代で12,000円を超えており、とても一般庶民が手を出せるものではありませんでした。当時はそういう価格設定でありました。

演奏は今見ても当時の衝撃が伝わってきます。
特にチャド・ワッカーマンのドラム。スタンドにガッチガチに固定されたスプラッシュ(ベル)。涼しい顔でとんでもないプレイを連発。
こういう種類のジャンルを聞いた事がなかったこともあり、驚きでした。

1984年5月14日のライヴなので、間もなく33年が経過。
全く色あせていない伝説のライヴです。

---------------------------------------------

ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN
1984年5月14日、東京郵便貯金ホールで収録

01.Tokyo Dream
02..Road games
03.White line
04.Panic station
05.Letters of marque
06.Devil take the hind most
07.Home
08.Material real
09.Metal fatique
10.Where is one
11.There thing you see
12.Was there (something)

Personnel
Allan Holdsworth/ guitar
Paul Williams / vocal
Chad Wackerman / drums
Jimmy Johnson / bass

アナログ音源のデジタル化 その4

カセットテープのデジタル化を試みました。
サンワサプライの「CASETTE MP3 CONVERTER」を使用。

TDKのカセットテープAD46にエア・チェックしていた「角松敏生のMY SELECTION ~STEVE GADD 特集」から作業開始。
THE GADD GANGの新譜として「HEAR & NOW」の紹介がされていたので、1988年頃の番組と思われる。

他に、
バーバラ・ストライザンド「NEVER GIVE UP」
カーリー・サイモン「BACK DOWN TO EARTH」
ボブ・ジェームス「WE ARE ALL ALONE」
スタッフ「FOOTS」
など、STEVE GADDの参加した曲が紹介されていた。

特に問題なくデジタル化出来たが、デジタル化する前に、一度別のカセットデッキで巻き戻し、早送りしてテープの再生を滑らかにしておいた方が良さそう。ただ、この機種はノーマルテープにしか対応していないのが残念。ハイポジ対応の機種があればそちらを購入するべきだったか・・・。


CASETTE MP3 CONVERTER

 

アナログ音源のデジタル化 その3

ビデオデッキが消滅する前に、早めにダビングを済ませておかねばということで、ドラム教則ビデオをDVD化。
DVDラベルのセンスは別として、おおむねスムースに作業終了。とりあえず一安心。
レーザーディスクに比べてビデオは少し厄介でした。ひと手間余計にかかります・・・


DSC_0333.jpg


今日見た中では、OMAR HAKIM「EXPRESS YOURSELF」が強力。
20年以上前に友人からダビングしてもらったビデオテープでしたが、何とか持ちこたえてくれていました。
続編のビデオ「LET IT FLOW」とのカップリングDVDが発売されているようですが、素晴らしい内容です。
見ているだけで気持ちいい!

  • PLAY ME A LITTLE MUSIC / 佐山雅弘 (11/24)
  • SBATOTTO / 佐山雅弘 (11/18)
  • ALLAN HOLDSWORTH IN JAPAN (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 その4 (07/23)
  • アナログ音源のデジタル化 その3 (05/11)
  • アナログ音源のデジタル化 その2 (05/05)
  • アナログ音源のデジタル化 (05/04)
  • 廉価盤1,000円CD (12/29)
  • SON / 松岡直也&WESING (Romantic Version) (05/03)
  • 結晶~SOUL LIBERATION / ORIGINAL LOVE (04/14)
  • プロフィール

    milkybar

    Author:milkybar

    最近の記事+コメント

    amazon

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。